2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訃報というものはどんな人のものであれ切ない気持ちになる。
それが人となりを知る人、或いは業績を知る人となれば尚のことだと思う。
最近では“春日部の幼稚園児しんちゃん”という秀抜なキャラを生み出した方の突然の報に驚かされた。
雑誌派にしては珍しく、数冊の単行本を所持しているオットも「ショックだ」と呟いていた。

さて、大人向けの雑誌で連載していたこの作品が子供たちにも大受けして全国区になったのはTVアニメの功績といって差し支えないだろう。
更に翌年からは劇場版(映画)も製作されるようになった(年に一作)。
この映画が実はクセモノ。

私がまだ会社勤めをしていた頃、ストレスに満ちた仕事に嫌気が差した同僚が叫んだ。
「笑える映画が観たい! 馬鹿馬鹿しければ馬鹿馬鹿しいほど いい!」
それに賛同したもう一人とチョイスしたのが “しんちゃん”映画だったのだが、聞いて驚いた。
二人ともかなーり年上のオタ臭ふんぷんたる私と仲良くしてくれる気のいい後輩だが、妙齢の女性(二十代前半)で“銀座OL”という括りに負けない容姿・ファッションなんですよ?
そんなお嬢さんたちが、元気なお子たちと少々げんなりしながら引率している保護者に混じって観るの?しんちゃんを? 本当~?
「いいんですよ、くだらないくらい馬鹿馬鹿しい面白さのものが観たいんですから」
へえー、TVでちょいと摘まみ食いならともかく、劇場まで行くかね。 まあ、憂さ晴らしならそれもアリか。
ところが後日。
「しんちゃん面白かったですよ! いや、ま、基本は馬鹿馬鹿しくて笑っちゃうんだけど、それだけじゃないって言うか。 ギャグとか本当くだらないんですけど(笑)」
「いやあ、目論み通りくだらなさにゲラゲラ笑ってたんですけどね、侮れない。 うん、侮れませんよー」
そして彼女たちは翌年から新作が公開されると観に行くようになった……。
私も誘われましたが観に行かなかったのは世のお母さんたち同様、しんちゃんに困惑しているところがあったからです。
お母さんは、まだいいですよ、幼いお子さんでしょ? 憎たらしいクチを利いても可愛い我が子じゃないですか。 しかし中年のオヤジが しんちゃんごっこする妻の心境たるや……! くぅっ…(涙目)
「そんなに怒るなよ、くろニコォー。 化粧にヒビが入るぞう」
「くろニコの尻はデカイ尻~♪ あ、ふりふり~」
ファイヤー!! (あ、言っときますが さすがに“ぞうさん”は やりませんでした。 半端モノめ)

それから幾年月。
或る日、どうした気まぐれか、オットがTV放送される “しんちゃん映画”を観たいと言い出しました。 これもお付き合いと一緒に観始めたのですが、これが面白かった!
冒頭に或るものがドーンと映り、これに「エッ!?」と思わされて引き込まれてしまったのです。
それが、現在公開されている映画『BALLAD』の原作となった『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』…ではなく、その前年の作品『嵐を呼ぶ モーレツ!大人帝国の逆襲』でした。
ハッキリ言いましょう。
その後、数本観ましたが、大人が観て面白いのは『戦国大合戦』ではなく、『大人帝国の逆襲』です!
『戦国大合戦』は悲恋の部分と史実に基づいた“カッコ悪い戦闘”が子供向けとしては画期的ですが、アニメにしなくても良かったのでは?というのが私たちの所感です。
実写でもいいような話をわざわざアニメに、“しんちゃん”にする必要があったのかと思ってしまうのです。
その点、『大人帝国の逆襲』はアニメでなくてはならないのであり“しんちゃん”である必要がありました
アニメでなくてはならない、とは何もマニア向け・一部の数寄者相手の表現を駆使しているということではありません。 子供も楽しめ、一緒に観る非オタの大人も楽しめます。 いえ、むしろ大人の方が より楽しめるかも。
そして、かつて同僚たちが言っていた「侮れない」部分が一番発揮されている作品だと思います。
また、“しんちゃん”ですからミヤザキハヤオ的な世界とは大きな隔たりがあります。
先ずは騙されたと思ってビデオ・DVDを借りて観て欲しい(カットされてちゃ駄目)。
普段はアニメなんて観ないという方こそ観て欲しい。 いえ、観るべし!
人の子で、尚且つ人の子の親である方も、観るべし!観るべし!
そして、大阪万博やその時代が薄っすらとでも記憶にある方は絶対に
観るべし!観るべし!観るべし!
小さなお子さんと或る年代の大人向けに作られた奇跡のような一本です(ホメ過ぎたか~)。


原作者はどんな気持ちでこの作品を観たのでしょうか。 合掌


スポンサーサイト
「尻一つで十三万石だとぉっ!!」

拙宅への訪問者さんで このセリフに反応しない方がいらっしゃるとしたら、それはきっと間違って訪れた方です。お望みの場所でなくてごめんなさい。どうかご遠慮なくお好きなところへ どうぞ。
「!!!」のアナタ。そう、この“尻”とはアナタが考える通りの意味での“シリ”です。ようこそ。
そして このセリフは或る新刊の帯に堂々と印刷されていました、但し裏表紙側ですが。
その新刊とはコレ  週刊誌に掲載されていたバリバリの劇画作品です。
柳生非情剣SAMON (BUNCH COMICS)






商品詳細を見る
帯のコピーとして、思い切った“煽り”のセリフを取り上げたはいいが表側には出来なかったのですね。心中お察し申し上げます。

えー、繰り返しますが<劇画>です! そのコンセプトも、想定される読者も、大多数のBL読みとは全く重ならないでしょうし、下手するとヒットするのは「尻一つ」というインパクトの強いセリフだけ!なんてこともありそう。 でもでも、極々一部のホンのわずかな方には面白がってもらえる…かも…しれません……。

<内容紹介>
これについては申し訳ありませんが、密林くんの“商品の説明”または出版社の書籍詳細をご覧ください。
付け加えるなら、主要人物二人の関係について作中ではハッキリ「衆道」とし、「男が男を愛すること」であると言い切っています。

さて、記事の冒頭から“煽り”ばかりを取り上げましたが、私自身が新刊チェックの段階でこの作品を気に留めたのは やはり「衆道」が気になったからです(「尻一つ」は知りませんでした。ホントよ!)。
現在の劇画では どのように描かれるのかどこまで描かれるのか、に興味があったのです。もちろん原作があるのでそちらとの兼ね合いもあるでしょうが(原作小説は未読)。
読後、この点については、“「衆道」言明が限界だったのかな”と思いました。
肝心の二人には濡れ場はおろか、接吻もありません。かろうじて絡んでいない同衾シーンがあるくらいで、なんと唯一の“シーン”は 男女ものなのです!
ですから、「くれぐれもBL的な興味では読まないように」と申し上げておきます。
(あ、皆さんからのツッコミが…… 「そんなものに意味あんのかっ!」「話の土台はどこ…!?」「何を今更。劇画読者向けにはトーゼンよ」 うう、ワシだって残念無念なんじゃっ!/泣)

しかし思わぬ収穫もありました。
本作を読んで私には、ここで描かれている衆道がとても“やおい的な関係”に見えてしまったのです! えっ、衆道ってこういうものだったっけ? いや そもそも“やおい”がよく分かっていない? まあ、それはともかく。
彼らは主従関係にありながら、剣を通して始まった心の交流においては対等なのです。
肉体関係があることも暗示されるのですが、それよりも同志的な精神愛の側面が強く表されているように感じました。それはS門の「(物理的な距離が)離れたからといって私の気持ちが変わることはない」というセリフによく表れていると思います。
これは期せずして、JUNE・やおいへの劇画的手法からのアプローチとなっている!?
たぶん作者側にはそんな意識は欠片も無かったでしょう。むしろメインの男性読者に抵抗無く読んでもらうための手段だったのだと理解できるのですが、ちょっと懐かしいテイストを感じてしまいました(ラストの寂寥感に結構ジーン…)。
BLから入った人なら どう感じるのかな? 或いは、JUNE時代には違和感を感じBLになって良かった、という人は? 少々興味のあるところです。

ところであらすじでも内容紹介でもメインはカップルの二人のようですが、読んでみるとそれ以外の要素も強いんです。元々原作はYギュウ一族を書いたものなので当然といえば当然ですが、有名なYギュウ・ジュウベエは最後まで登場しますし、何と言ってもパパ・ムネノリが強烈です!(例のセリフも彼)
究極の“踏み台オヤジ”、いえ“踏んだり蹴ったりオヤジ”ムネノリくんの大芝居にも注目です。



身辺のぐだぐだ事情が続き、小説の読書量は超低空飛行をたどっております。
あ、もちろんBL小説です。非BL小説なんてすっかりご無沙汰だよう。
その憂さを晴らすようにコミックばかりを読んでます。だって一冊の読書時間が全然違うもん!私は中断するのが嫌いなんです。←ウソつけ。鳥頭で忘れちゃうんだろう!
非BLのまんがも読んでますが、ハガレンなどを読んでいても相変わらず二次妄想が起きません。他に言い換える言葉が見つからないだけで、やっぱり自分は腐女子とは言い難いんじゃなかろうか。うーむ
では最近読んで印象に残った本を幾つか。

『STAY』シリーズ以降、面白さが復活した(と思う)西炯子さんの 『娚の一生 (おとこのいっしょう) ①』。
(「娚」なんて字があるのか?と思ったら密林くんに表記があったのでコピペしました。漢字検索でも出てくるのですが、“読み”は空欄。はて?)
タイトルの文字に、もしかしてBL寄り?との考えが頭を過ぎったことは否定しません(汗)。でも違いました。三十路半ば過ぎの女と五十過ぎの男との もしかしたら恋愛となるかもしれない、というお話。オビの「無自覚的カレセン・ラブロマン!?」の“カレセン”とは“枯れ専”のことなのか。
主人公・つぐみが“出来る人間なのだが何となく捉えにくい淡々としたタイプ”であるのに加えて、お相手(?)の海江田もその上を行く飄々とした喰えないオヤジで、なかなか“The恋愛”にはならないのです。1巻は関係が とーっても ゆーっくり近付いていき、あわや!?というところで終わるのだった。むむっ
繰り返しになりますが、海江田がねー、BLだったら「喰えないオヤジ(ややシルバー寄り)好き」にとっては物凄いご馳走になるところなんだけどねー。BLじゃないんだよねー。容姿はともかく、O野田@相棒っぽいと言ったらいいか。なのでBL一筋の方にはオススメしません(笑)。
リアルなんだけど地上から数cm浮いているような雰囲気の少女まんが(一応)なので、読む人を選ぶタイプの作品かもしれません(インディーズ映画みたい)。でも非BL作品においては生々しい恋愛ものが苦手な私には面白く読めました。今後の展開が気になる。

つい涙してしまったのが、秋元康の小説『象の背中』中のキャラを使ってのスピンオフで、ストーリーは作者のオリジナルだという 『象の背中 ~秘密~』(御徒町鳩)。
余命一年を宣告された主人公が人生、特に恋人との想い出を振り返ってノートに綴っていく――そんな お涙頂戴のストーリーなんていつもだったら絶対に手を出さないのですが、なぜ読む気になったかと言うと作者が “御徒町鳩 (おかちまち はと)=松本ミーコハウスさん”だから!
御徒町鳩がミーコさんの非BL作品用名義と教わってから、いつか読もうと思っていたのです。
御徒町鳩名義で3月に出た『みどりのまきば ①』も、『いまどきのこども』を時代を変えてミーコさんテイストにした感じで面白かったのでこちらにも手を出した次第です。
涙したと言いましたが、号泣してスッキリしてお終い!とは ならない。何だかいつまでも彼らの想いが身の内を浸しているような感じです。主人公のエリートらしい抑制された語り口が、後を引く要因なんじゃないかしら。
それからヒロインが「ちょっとヒッピーなタフ☆ガール」(作者談)で、主人公とは鮮やかな対比となるのも宜しい。彼女がとても魅力的なので、主人公が取る行動についても頷けました。
ついBLの話になっちゃうけど、これがBL作品だったら脱水症状を起こす読者が続出すると思う。ハッピーエンドに慣れきっているからねえ。
ハンサムガールが登場する話が好きな人にはオススメです。

『青い芝生と甘い水』を読んで、やっぱりコッチも読んどこうと思ったのが有間しのぶさんの『モンキー・パトロール』(彼女の非BLにおける代表作、ですよね?)。
強烈な個性の持ち主、ヤイチ、すず、香ちゃんとそのお友だちが繰り広げる日常と恋の話。
かーなーりお下劣な下ネタもありますが、独身女性の心理を捉えたセリフや恋に踊らされる人間の有り様が描かれていて、なるほど面白い。主要な三人の中に友人知人や自分の断片を見つけるのも興味深い。
私の場合はすず!えっ、あんなフェロモ~ン!?と私を知っている人も知らない人もギョッとなるだろうけど、その点は全然合っていません!!(断言) 掃除嫌いで基本的に何もしたくない人間というところがクリソツなんです。 ハッ!それじゃ単なる人間失格…、ぅおおお(号泣)
そしてヤイチ。いえあのワタクシ下ネタは口にしませんことよ? でもおねえちゃん達を見る視線がどうやらオヤジくさい、らしいんです(無自覚)。
ええーっ、違うよ!オヤジには下心があるじゃん!私には無いよ!純粋に目の保養だよ?と抵抗したのですが、「目の保養」と言った時点でアウトらしい。ワンコやニャンコ、Babyを見て「可愛い!」って言うのと どこが違うんだろう、ブツブツ……。ごめんなさい、横道にそれました。
そうそう、『灼熱アバンチュール』の朔夜もチラリと出てきます(兄の玄夜が主要キャラの一人なのだ)。『灼熱』との時間軸はどうなっているのか?など『灼熱』ファンには別の楽しみ方もあり。
にしても、早よ 3巻 出してぇーな!(結局はそこか)



前回記事に挙げた『別冊コーラス』についてご質問を受けました。
「ぶっちゃけ どーなのよ?」 うん、ごもっとも。

そちらでも断っていますが < あくまでも女性誌の増刊号、BLじゃありません >。
これについて、少し補足します。
先ず、BLコミックの絶対条件は「男性同士の恋愛物語であること(えろ含む)」です(もちろん何事にも例外はある)。当然、読者は熱烈な恋愛物語を望み、えろも期待します。
これに対し『コーラス』はあくまでも“一般向け女性誌”(この言葉に違和感があるものの他に適当な語が見つからず。ご不快になられた方がいらしたらすみません)。最近の「腐女子ブーム」(イヤな言葉だ)を当て込んで、“登場人物が男ばっかり”で「熱い友情」や「恋愛」をテーマにしたものがウケるらしい、といった発想で製作されていても軸足は女性性にあるのです。女性が危機感(或いは嫌悪感)を感じないように慎重に<男子まみれ>すなわち “登場人物を男ばっかり” にして話を進めても、やはりBLとは何かが決定的に違うと感じました。
それが何なのか考えてみたのですが私の鳥頭ではこれ!という決定打が見つかりません。
敢えて言えば欲望の存在が希薄に感じる、ということでしょうか。えろが無いせいだ、と言ってしまえば身も蓋も無いですが、女性誌において男性が(女性を差し置いて)男性に対して肉欲を伴った恋情を露わにすることはやはり抵抗があるのではないか、と推測します。

この『別冊コーラスSpring』については前回の紹介記事で終わらせるつもりでしたが、考え直しました。
雑誌(別冊・増刊)の性格上、実験的な意味合いを含んでいるせいか作品にバラつきがあるので雑誌を総論で語るのは無理がある、また私自身も記録しておかないと“また忘れる”(汗)と考え、掲載作品の内容と一言メモを残すこととします。
尚、備忘録ゆえネタバレも含まれるので以下に折りたたみます。

生きてます。
日常生活の合い間にだってBLは読みたい、というより読まないとやってられない!けど、小説はなかなか読めずコミックばかりを読んでいる今日この頃。
本日もコンビニでこんな雑誌を見つけてしまいました。
  『別冊コーラスSpring』
画像が小さくて見づらいですが表紙をご覧ください。
コンビニで見つけた時、この雑誌は一番下の平台に誌名が通路側になるよう置かれていました。
つまりお客からは逆さまに見えるわけで文字が読みづらい。にも係わらずワタクシにはハッキリ読めたのでございます、「女人禁制」の四文字が!
えっ?えっ?ええぇーーーーっっ!?
びっくりして思わず手にとったワタクシの気持ち、お分かりいただけますでしょうか?
コピーも ~1冊男子まみれ!~ (なんじゃそりゃ)とあるし、更には表紙のイラスト、これは一体なんですか!? 手前に着替え中の短髪男子、奥には余裕あり気に微笑む男子、アヤシ過ぎる……!
単なるハッタリかもしれない、トラップかもしれないと思いつつ好奇心には勝てませんでした。早速購入し家で読んでみたら…… (公式サイト下方の 「くわしい内容」 をクリックして一言説明をお読みください)。

最近はよしながふみさんの『きのう何食べた?』や黒娜さかきさんの『青春♂ソバット』など、青年誌(いわゆる一般向け)でもBL風味が楽しめる状況になっていたことは承知しています(しっかり購読しております)。それ以前に昔の白泉社系や近年の水城せとなさんの『窮鼠はチーズの夢を見る』などのように、少女誌・女性誌に“ストライク”作品が出現するのも既知のこと、楽しんで読んでおりました。
が、それらはあくまでも雑誌の中の一作品です。ところがこちらは増刊とはいえ雑誌のテーマそのものが「女人禁制」で匂いをぷんぷん放っているシロモノなんです。
やっぱり狙ってる?これは確信犯ですよね?
もちろん、こちらはあくまでも女性誌の増刊号、BLじゃありません。作品内容もおおかたは“なんとなく匂う(匂わせている)”友情ものです。しかし数本は、ちょっと“いじれば”つまり“えろ”や“萌え”を強化すれば、そのまんまBLに持っていける作品もありました(ちょこっと萌えちゃった話もありました/汗)。
ただし、BL読みの大多数の方にはぬる過ぎる(笑)内容なので、ニアとか微ふぉもがお好きな方や普通に一般向けまんがが楽しめる方でないと「金返せーーっ!!」となるかも。

それにしても、Cバルトだけでは飽き足らず、もう少し(?)上の年齢層にまで手を伸ばしてきたのかS英社!(笑)と勘繰りたくなるこの雑誌。
果たして出版社側の目論見は?はたまたその売れ行きは?購買層は?
ちょっと気になる作品もあったので、今後も何らかの展開があるのか無いのか、その動向をこっそりチェックしていきたいと思います(物好きな…)。


 【 追 記 】 覚え書き記事を追加しました。 内容をチェックしたい方は コチラ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。