2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヲタ話よもやま  2010.03.11

20XX年某月某日―――
うーん、よく寝たわ。 天気は快晴、いい気持ち!
あ、そういえばとうとう今日からあの条例が施行されるのね、うふふふ、気持ちも快晴ね。
これでようやくあの気持ち悪い話が発禁処分にされるんだもの、お祝いしたいくらいだわ。
だいたい、幼女を拉致して行き場所を無くし軟禁状態にした挙句、犯しちゃうなんて人のすることじゃないわ! それだけじゃ飽き足らず人妻だろうが何だろうがお構い無しに犯しまくる男のどこに愛があるっていうのよ! 絶対におかしい!! ケダモノ以下の所業じゃない! あんなシロモノが名作として認められてるなんて状況がおかしかったのよ、いい気味だわ。
あー、これで清々しくて爽やかな物語だけが世の中に残るようになるのね、サイコー!
きっと世の中はもっとずっと良くなるわ……。

20XX年から更にX0年後――― 某国、某大学内にて
「Oh!Mr.イシハーラ、貴方はGENJIストーリーを読まれてないの? 貴方のお国の代表的古典作品ではないですか! 外国の文学を研究するにしても自国の文化は大切ですよ、もっと広く様々な書物に触れるべきです」
「ですが先生、我が国の図書館にはこちらの千万分の一ほどの本も無いんですよ? 読むべき本は全て読んだはずですがそんな作品は知りません」
「何ですって! 日本人がGENJIストーリーを知らない!? そんな馬鹿な!!」



以上はもちろんフィクションです(それこそ出来の悪いシロモノですみません!)。
しかしフィクションとばかり笑っていられない事態への第一歩となりそうな条例が可決されそうな雲行きとなっており<政治の話はしない>と決めていた管理人の心を覆しました。

それは「東京都青少年健全育成条例」改正案です。

条例で規制の対象となっているのはマンガやアニメ、ゲームなどのキャラクターで、管理人の駄文のような“文学”は現時点では含まれておりません(管理人の駄文を文学と言っているわけではありません、為念)。
しかし「非実在青少年」という概念は、主観によっていくらでも恣意的な解釈が出来るものであり、施行された暁には如何なる運用がなされるのか分からない恐ろしさがあります。
私自身つい最近知り、条例独特の文章に頭が追いつかないので分かりやすく説明されているところを張っておきます(リンクさせていないものについてはご面倒お掛けしますがコピペでお願いします)。

概要については
・【重要】都条例「非実在青少年」の規制について(藤本由香里氏・評論家) http://twitpic.com/176xew
・東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト http://mitb.bufsiz.jp/

私たちに出来ることってあるの?
「非実在青少年」規制問題・対策まとめ (http://hijituzai.ehoh.net/)

子供を守ることは大事、でもそれはこういうやり方でいいの?
・声優・池澤奈々さんのブログ記事 http://halunahime.blog13.fc2.com/blog-entry-145.html

お友だちのブログでも
・日々是BL(あねこさん) 【緊急!】「東京都青少年健全育成条例について」
・30半ばにしてやおいにハマる(lucindaさん) 「どうなる、BL」
・グラスエイジ(ヒトコさん) 『非実在青少年』規制を考える-その- (3/19追記)
・水中雑草園(ゆちゅらぶ♪さん) 東京都青少年健全育成条例改正案のこと (3/19追記)

あねこさんも触れていますが「東京都の話だから自分は関係ないよ」と思われるのは拙速に過ぎます。
先ずは多くの方にこの問題を知っていただき考えてもらい、賛成・反対の意思はともかく行方を見守っていただきたいです。
これは私たちの趣味に関わることはもちろん、子供たちの未来や日本の文化にも大きく関わる問題であると思います。


【追記】
その後、ぽつぽつと報道も出始めましたが、児童ポ○ノのことかとミス・リーディングされかねないヘッドラインも見受けられます。
ネットでも各所で記事が挙がっており、特にこちらのサイトが様々な引用も含めてよくまとめてあると思います。 但し、色々詰め込み過ぎて、超々長~~~いので、<①お時間のある時に読まれる ②先ずは要領よく選択して読まれた後、残りを追ってゆく>ことをお薦めします。
「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?

また、バーバラ片桐先生が、都議会を傍聴されての報告記事をご自身のブログに上げられています。
東京都議会・総務委員会(3月18日)傍聴に行ってきたよー!

更にこの問題に特化したブログを開設なさったBL作家さんもいらっしゃいます。
LOVE&PEACE 東京都青少年健全育成条例に関する反対意見など

私の記事は状況が不明な時に危機感に駆られて書き上げたもので、杞憂に過ぎると一笑に付される内容かもしれません。 憲法で保障された<表現の自由>を脅かすような事態にはなりっこないと言われれば、そうかなあ…とも思ってしまいます。
しかし条例改正案を提出してきた方たちの問答を見聞きすると更なる不安が増すばかりです。
これは本当に青少年-子供たちのための条例改正案なのでしょうか?
「健全な青少年を育成するため」に“世の混沌とした部分全て”を無いものにする(隠す)、果たしてそれで児童並びに青少年が自分で考え、判断する力を育んでいけるものなのでしょうか
<表現の自由>の問題を含め、私たち大人はよくよく考え、慎重に判断しなければならないのではないかと思います。


スポンサーサイト
ヲタ話よもやま  2009.09.15

「これは最早 マンガではない」
「マンガを越えたマンガ」
「ただのマンガと思うな」 ………エトセトラ、エトセトラ。

もう、こういう言説には いい加減うんざりです。
マンガはマンガ!ただのマンガなんだよ!
言ってる当事者は褒めてるつもりなのかもしれないけど、マンガというジャンルを貶めた言い方は結局その褒めているつもりの作品をも貶めることになると思う。
素晴らしい小説もあればくだらない小説もあるように、素晴らしいマンガもあればくだらないマンガもある。
でも、素晴らしいマンガも くだらないマンガも「マンガ」――全て“ただのマンガ”なのだ。
感動した、感銘を受けた作品が、ただのマンガであって何がいけない? 何がイヤなのだろう?
ただの、でも、素晴らしいマンガ作品だった、それでいいじゃないか。
プロだったらマンガ読みも納得できるフレーズを書いてください。

今まで散々言われてきたのに、未だにこうした表現がなされるのは、やはり厳然としたヒエラルキーが存在するってことなんでしょうね。
金儲けのタネになる時だけ持ち上げんなー!とマンガ読みは思うのでした。


ヲタ話よもやま  2009.07.23

友人のブログでアニメーターの「かなだよしのり」氏の死去を知る(本来は漢字表記)。
享年57。早過ぎる。

アニメに興味の無い方にどうしたら解ってもらえるだろう?
キャラ萌えでもストーリーでも演出でもないアニメーションの本道、動きそのものと絵の見せ方で革新的な表現を生み出した彼の凄さを。初めて目にした時の衝撃を。
彼の仕事はそれまで動きそのものに余り興味を持たなかったアニメファンにも強くアピールし、業界においても沢山のフォロワーを生み出すこととなった。
これは現在の日本アニメの隆盛の一助となったといっても過言ではないと思う。
「生涯一(いち)アニメーター」と仰っていた方の人生としては余りにも短かったことが、ただただ悲しく残念である。
合掌。


ヲタ話よもやま  2009.06.30

どーしよーかなー…と考えながら つい 買っちゃったよ 『M-にんぐ・つー』。
COPPERS小冊子 ← もちろんお目当てはコレだっ。
   「特別付録」(右側・緑の小冊子)です。
   パッと見は同人誌のようでしょ?
   これが付いて420円。
   一般誌とはパイの大きさが違うとはいえ羨ましくなるお値段。
   「だから “つい”購入しちゃった」というのは自制の効かないダメ人間
   の言い訳ですね……(汗)。

それにしても私は、「特別」とか「限定」とかの単語に弱い! 弱過ぎる! 赤子の手をひねるよりも簡単、チョロ過ぎだ。「特典」とかも ちょっとヤバイし、「小冊子」は もはや“悪魔の呪文”にしか思えない……!
でもノっちゃうんだよなー。
そうして手に入れた限定版や特別付録が“その対価に見合ったものか?”というと 結構 ビミョーな時もある(汗)のだが、大ヒットもあったりするので転がされ続けている訳だ。
ちなみに、今回の「特別付録」は“合格”でした(えらそーに)。

もう一冊、“つい”フラフラと買ってしまったのが 『メロディ 8月号』。
こちらは「特別読み切り」のせいです。 ハハハ、もう笑うしかない。
TVアニメ化を記念した「その後の『花咲ける青少年』」(樹なつみ)、正味24ページのために600円!(TVアニメは未見) 作者の仰るとおりの“顔見世興行”、華やかでありました。
他には、『大奥』(よしながふみ)や『秘密』(清水玲子)が面白かったから、まあ、いいや。
目的があって購入したとはいえ、せっかく買った本がスカだと悲しいもんね。
……って、考えてみたら、今月は もう一冊 「小冊子」絡みで買ってるではないか。
他に購入動機はないんかーい!と叫ぶのも むなしい。
全国の“ペーパー&小冊子ダンサーズ”の皆さんは私が何を買ったか、もうお分かりですね。
そう、「特製書き下ろし小冊子」の応募のために『Chara 8月号』を購入いたしました。
そして購入後、何とか元を取ろうと足掻いたことも ご報告します。
だって連載作品ばかりで読めるトコ少な過ぎっ! 去年も同じことをした気がするのですが、この連載作品主体の雑誌を買わせる手法は何とかならないものでしょうか?
<読みきり>の1本も載せるという“サービス精神”か、せめて<イチオシ新連載作品を ぶつけて来る>くらいの“攻めの姿勢”があってもいいんじゃない? この月だけ売り上げが増えても、それは本当の意味での販売促進に繋がらないと思うのですが。
単行本派の私が言うことじゃないかもしれないけど、どうせ買うのなら次号も買いたくなるような雑誌であって欲しい、ってこと。 要は「いい買い物した!」って思わせて欲しいのです。 それが商売というものではないかと思うし、本当の“特別”になるんじゃないでしょうか。


ヲタ話よもやま  2008.07.26

ハスイさん@+synapse∞type-bee+のお宅で見つけて面白そうと思いつつ<LGFF>の記事を先にまとめるまでは、と我慢していたんです……が、我慢出来ませんでした!(逃避行動だわ…)

 【 ブログ通信簿
   tushinbo080726

なんだろ、この全く面白味のないコメントは…!? ここまで面白くないってのも別の意味で凄いかも(笑)。
唯一のツッコミどころは「ブログ性別 : 男性」でしょうか。
自分の文章が男っぽいとか(もちろん女っぽいとも)考えたことはなかったので、ちょっと新鮮。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。