2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Favorites  2010.01.25

2009年に読んだBLコミックの中から、自分が好きだ!面白いと感じた作品、マイベストです(再読は含まず)。
小説編ではまさしく偏愛の3作品をベストに、作品の面白さを強く感じたものは作品賞としましたが、コミック編では渾然一体となり胸を張ってマイベストと言える内容となりました。
それだけに私の趣味に走った主観で選んでいることを申し添えておきます(BL作品で客観的評価が出来る人は何処に…)。


【2009年偏愛BLコミックベスト10】 (同率作品作者名五十音順)
 ① 『猿喰山疑獄事件』 遙々アルク …… 【グランプリ】 
 ② 『青い芝生と甘い水』 有間しのぶ
    『子連れオオカミ』 井上佐藤
    『千夜一夜 ― しとねのひめごと』 岡田屋鉄蔵
    『世界の中心で愛なんか叫べねーよ』 語シスコ
    『惑溺趣味』 、『坂の上の魔法使い』 明治カナ子
    『王子と小鳥』 、『丸角屋の花嫁』 山中ヒコ
 ⑧ 『僕を知るあなたの話』 鈴木ツタ
    『ドント・クライ・マイ・ベイビー』 西田東
    『愛くらいちゃんと』、『AMETORA -雨寅-』 依田沙江美

何だ、この飛び飛びの数字は?とお思いでしょう(わしだって思っとる!/涙)。
無理やり順番をつけることも出来るけど、かえって何かが違ってしまう気がしてこのような表記にいたしました。 苦肉の策と思し召しください(二作品を一括りにしていることも/汗)。

<各作品について一言>
スポンサーサイト
Favorites  2010.01.18

2009年は自分でも情け無いくらい読書量が落ちた一年でした。 恥ずかしくて概数も言えないくらいです。 なので、
(そんなに分母が小さいのに、ベスト10発表ておかしくないか? だけど好きだ好きだと言いながらBL作品について述べる機会が少ないのもどうなんだ。 おまけに他人さまの年間ベストを拝見するのは好きなくせに、自分はスルーってのもずるい気がする……うーん、うーん…)
と悩んだ結果、とにかく理屈抜きに好きだと思う【偏愛ベスト作品】については数を絞り、その他の面白かったものや気になったものについてはそれぞれ部門賞を設けることとしました(今までと何が違うのやんけ?という声はスルー)。 結果、物凄く長くなってしまいました、スミマセン(汗)。
何れにしろ主観的なチョイスですので、作品の完成度や「オススメ!」とは異なりますことをご理解くださいませ。
* 09年内に読了したものから選んでいます(再読本は含まず)。


       ~ 2009年偏愛BL小説セレクション ~

【2009年私的偏愛BL小説ベスト3】 ~とにかく好きなんだ~ (作者名五十音順)
  『最果ての空』 英田サキ
  『真音』1~2巻 谷崎泉
  『花の残像』/『花の慟哭』 夜光花
この三つはどれも、作品自体が好きであり愛しい。それは萌えとは少し違う気がする。

 『最果て~』 義兄こと篠塚で本が出ると聞いた時は狼狽した。 お恥ずかしい話だが「義兄は聖域なのにー!!手を付けないでぇー(泣)」と叫んだくらいだ。 それでも納まらず、どうしてもBLにするなら「義兄を幸せにしてー、不幸にしないでー(息が続く限りリピート)」と片隅で呟いたり(叫んだり)もした。 愚かであった。 読後、英田さんを作家としてもっと信用すべきだったと反省。 BLのお約束からは大きく外れるかもしれないが、長きに亘って真摯に登場人物と向き合っていればこその物語であった。 「贅沢なファンブック」という言葉を目にしたが至言であると思う。

 『真音』 完結編(3巻)がまだ出ていないが、この作品の持つ雰囲気が堪らなく好きなのだ。 『六本木夜間診療所』シリーズ(檜原まり子)同様、私はこういう“日当たりの悪そーなお話”が本当に好きなんだな。 ヤクザは出てくるけどノワールとかクライムとは違う、こういうBLがもっと読みたい。 凪良ゆうさんの作品に近いモノを感じるんだけど、凪良作品は もうちょっとモラル・良識が強いように思える。 無頼のエッセンスが足りないというか。 完結編が待ち遠しいけど、まだ終わって欲しくない(雑誌掲載は終了済)くらい好きな作品。

 「お花ちゃん残酷ものがたり」こと『花の~』全2冊は『凍る月』シリーズのスピンオフ。 ファンタジー設定なので読者を選ぶかもしれない。 私は本編以上にこちらに悶え&萌えた。 健気受というやつが私には胡散臭く感じられて好きではないのだが、本作の受たんはOK。 隔離されて育ったが無菌状態ではなかったことから考えれば、健気受というより天然受と呼んだ方がいいのかもしれない。 脇に配した人物を含めご馳走の1冊いや2冊であった。

Favorites  2009.01.09

2008年に読んだマイベスト、BLコミック編です(再読本は含まず)。
選定基準は小説に準じますがビジュアル要素が強い分、より好みがハッキリ出た気がします。
そして、小説編で悩んだのなんか悩んだうちに入らないっ、と思ったくらいこちらの方が悩みました。
尚、ランキングに2008年の新刊が並んだのは、たまたまです(選外となった作品の中には2008年以前の刊行本もあり、そちらのみ発刊年月を記載しています)。
ではご笑覧ください。

【2008年偏愛BLコミックベスト10】
 ① 『刺青の男』 阿仁谷ユイジ
 ② 『生まれ星 ~三村家の息子~ 3 』 明治カナ子
 ③ 『タンゴの男』 岡田屋鉄蔵
 ④ 『恋のまんなか』 松本ミーコハウス
 ⑤ 『悪魔とキスをする前に』 神楽坂はん子
 ⑥ 『遊覧船』 藤たまき
 ⑦ 『テッペンカケタカ』 石原理
 ⑧ 『B級グルメ倶楽部 3』 今市子
 ⑨ 『どうしても触れたくない』 ヨネダコウ
 ⑩ 『同級生』 中村明日美子 …… 【作品賞】
 <次点> 『愚か者は赤を嫌う』 えすとえむ
        『イロメ』 草間さかえ

リストから選外にするのに苦しみ次点を作るのに苦しみ順番をつけるのに苦しむ。 何か意味あんのか!?と逆ギレしそうに。 楽しい作業でもあるのですが……。
で、去年を振り返った時に①は決定だろ、というところまでは割り合いスムーズにいったのですが、その後がヒドかった。 結局、“見切り発車的にGO!”と しました(汗)。
なので、②から<次点>までの差はほとんど無い、数字は便宜上のものとお考えくださいませ。
以下、それぞれへのコメントです(こちらも長~~くなるので畳みます)。
Favorites  2009.01.07

2008年に読んだBL小説のマイベストです(再読本は含まず)。
選定基準は<私の血を滾らせて(or沸かせて)くれた~ほっこり、じんわりさせてくれた>こと、心に残った作品です。 すなわち、たいへん主観的・感覚的な基準ですので、作品の完成度や「オススメ!」とは異なりますことをご理解ください。
ランキングの体裁をとっておりますが、何だかグダグダな感じですね(笑)。 それとも何か共通項があるでしょうか? ではご笑覧ください。

【2008年偏愛BL小説ベスト10】  (2008年以前の発刊のみ年月記載)
 ① 『37℃』 杉原理生
 ② 『デコイ -囮鳥-』、『デコイ -迷鳥-』 英田サキ
 ③ 『交渉人は疑わない』 榎田尤利 …… 【作品賞】
 ④ 『赫蜥蜴の閨』 沙野風結子
 ⑤ 『月も星もない』(07/5)、『月よ笑ってくれ 月も星もない 2』 久我有加
 ⑥ 『薔薇色の人生』 木原音瀬
 ⑦ 『狼王 ~運命のつがい~』 剛しいら
 ⑧ 『明日も愛してる』 安芸まくら
 ⑨ 『美男の達人』 小林典雅
 ⑩ 『きみがいるなら世界の果てでも』 榎田尤利
 <次点> 『蛇恋の禊』 沙野風結子

①、②の順位は、かなり迷いました。 ③、④は割りとスンナリ。 ⑤~⑨、⑩と次点で、それぞれ悩んで順位をつけました。 なので、この範囲での入れ換えは有りだと思います。
以下、それぞれへのコメントです(長~~くなるので畳みます)。
Favorites  2008.01.08

本日は<コミック編>です。 で、ご覧になれば分かりますが、 すみません!逃げました!! 順位に延々と悩んでアップがこれ以上遅くなるよりは…という苦肉の策でございます(涙)。何卒ご容赦願います~。
<2007年刊行された作品より選出(既刊のものが無かったのはたまたまです)>

【2007年私的BLコミックベスト10】
 ① 『ビター×スイート』 遙々アルク …… 【切ない大賞】 
 ② 『出来の悪い子 ~三村家の息子~』 明治カナ子
 ③ 『羊たちの番人』 全2巻 石原理
 ④、⑤、⑥、⑦、⑧、⑨、⑩ は下記の作品です (著者名五十音順/作品発刊順)
   『僕のやさしいお兄さん』 1巻 今市子
   『肉食獣のテーブルマナー』、『夢見る星座』 草間さかえ
   『あかないとびら』 鈴木ツタ
   『前略』、『初恋の病』 トジツキハジメ
   『天使のうた』 1巻、『素晴らしい失恋』、『青春の病は』 西田東
   『その唇に夜の露』 深井結己
   『誰にも愛されない』、『ありえない二人』 山田ユギ
①は日頃からこのブログを覗いてくださる方には「やっぱりね(笑)」とご納得いただけるかと。“好き”で言うと②、③も肉薄しているのですが、やはり『cleaning』という最終兵器がモノをいいました。
②明治さん、もっとサクサク続きを描いてー!と血の叫び。 ③は続きが出た事に驚き、エンドに驚く。そういう終着点だったのかあ!BLとしては珍しい行動に爽やかさを感じた。えろもちゃんとあって満足。
④~⑩はその時々で順位が変わるのでこういう表記にしてしまいました。
(「どーこーがー、ベスト10!?」 ひーーっ、突っ込まないでよーう!/泣)
全体の傾向としては“仄暗い”感が<小説編>以上に顕著ですよね。更に、見る人が見れば、へんたいサンもしくは鬼畜寄りのキャラが登場する作品で半数を締めているのが丸わかりです。病は深い……。
それから深井作品に出会えたことも昨年の収穫のひとつ。是非読破したいです。

【特別賞】
  『天使のうた』 1巻、『素晴らしい失恋』、『青春の病は』 西田東
西田東せんせいの作品と“個人”に!この稀有な才能をよくぞBLコミックの分野に投じてくださいました。ひたすら感謝!! 年末に私を泣かせた『素晴らしい失恋』は非BL読みにも偏見なく読んで欲しいくらいです。あ、無理ですか、そうですか(ショボン)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。