2007.06 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2007.08

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サルベージした本の多くは、小口どころか紙自体がうっすら黄ばんでいます。それでも愛しい……。今回は巨匠・竹宮先生の三冊を掘り出しました。「今日ハ長イママデス」

『遥かなり夢のかなた』 竹宮恵子/小学館・小学館文庫(1982.8)
 収録作:遥かなり夢のかなた (1975.4)/集まる日, (1976.12)/オルフェの遺言 (1978.5)
     /夢みるマーズポート (1977.3)/決闘2108年 (1980.8)
     /西暦2763年の童話 (1978.5)/ジルベスターの星から (1975.2)
     /真夏の夜の夢 (1975.4)/夜は沈黙のとき (1978.5)
SF短編集。オルフェ・シリーズ(「遥かなり~」「集まる~」「オルフェ」)がまとめて読めるからと購入。
『マーズポート』は後に『私を月まで連れてって!』として連載される作品のもとになるお話。この時すでにニナとダンのキャラは完成しているといっていい。
『ジルベスター』は大好きな作品で朝日ソノラマの単行本も持っていたハズ……(涙)。
「――少年とも少女ともつかぬ 一人の子ども 動くとあたりがまっ白に輝く――」
「――たとえジルがなんであろうと…今はもうわたしのあこがれの化身なのだ!!――」
13歳で出会ったテレパシー映像のジルに導かれ目標を見つけ、ガキ大将から一転すさまじい努力で天才とまで謳われるようになったアロウのお話。アロウと一緒にジルの話に耳を傾け、宇宙や青紫色(ラベンダー)の空を持つ遠い星に憧れた子供の頃、大切な思い出の作品です。

『姫くずし』 竹宮恵子/小学館・小学館文庫(1982.10)
 収録作:姫くずし (1975.7)/新橋の五分間 (1979.6)/ごめんね今夜は (1981.2)
     /会話 (1976.7)/スター! (1974.7)/暖炉 (1971.12)/ほほえむ少年 (1972.7)
     /夏への扉 (1975.9)/落葉の記 (1974.8)/ミスターの小鳥 (1975.12)
『behind』 竹宮惠子/白泉社・花とゆめコミックス(1987.4)
 収録作:ウィーク・ポイント (1985.8・9)/behind (1986.8・9)/Set Me Free (1987.2・3)

文庫の『姫くずし』は姫くんシリーズ(「姫くずし」「新橋の五分間」「ごめんね今夜は」)がまとめて読めるので購入したような……?すみません、この辺りの記憶はどこかにお出掛けしたまま帰って来てくれません(涙)。そのうえ2冊目にあたる(だよね?)『通りすがりに殺したい』も見つかりません!(泣)
このシリーズはBLじゃないんだけど、リアルタイムに読んで(♂)のキャラクターに魅了された人は結構いると思う。ちなみに『姫くずし』の初出は「ビッグコミックオリジナル増刊」。男性読者の感想も知りたいけど、編集者がどういう依頼の仕方をしたのかも知りたい!だって同一キャラの二作目『新橋の五分間』は「JUNE」掲載ですよー、振り幅大き過ぎでしょう?(笑)
もちろん、腐女子が一番喜ぶ(?)のは『新橋~』でしょうけど、他の作品もちゃんと“くすぐり”が入れてあるところが流石です!
それから避けて通れないのが『落葉の記』です。
これは『風と木の詩』の「――習作、というよりは予告編――(文庫あとがきより)」として描かれたそうで初出が単行本(『空がすき!』1巻)という変り種。あとがきの中で連載執筆中(当時)の『風木』の『――エッセンスがこめられてしまったような気がして読み返す――」と仰っている。それは長期連載の途中で「――最初の理想が霧散――」しないようにする為だそうで、長期連載の間おのれのテンション・品質を落とすまい!という先生の決意が伺えて大変感慨深い。


 ◆ 100冊まで残り 73冊

スポンサーサイト
「わーい、神楽坂はん子さんの記事だー!」
いつものお散歩コースで立て続けに好き作家の記事が読めて嬉しい。おまけにそちらの管理人さんは思考をきちんと文章に置き換えることが出来る方たち(satoさんとゆきのこさんのお二人のことデス)なので、こちらの脳みそまで整理してもらったようにすっきり!(そりゃ、思いも掛けない名前の登場にはドッキリ!いえ、有り難いんですがね)神楽坂さんはもっと読まれていい作家だと思うのでいつか記事にしてみたいと思っていたのだが、もういいや、ってくらい(笑)。
余計なひと言を加えるなら、彼女の作品の面白さはオトナでないと判りづらいんじゃないかな。
それは、描かれる男たちの大人っぷりと子供っぽさとか、ちゃんと仕事してたりメシ食ったりと生きて生活している感じがするところとか。言ってみればニュアンスの問題なんだけど、こういうところが描けているか描けていないかでキャラや物語の厚みが違ってくるんだと思う。薄っぺらいより厚みのある方が面白いのは当然だよね。
時には徹底した夢物語・ハーレクインの世界もいいけれど、私なんかはそれだけじゃ物足らない時もあるわけです。もっと言えば、実感の無い世界のえろよりも日常に潜むえろを見せられた時の方が萌える!ってことかもしれない。
もう一つの魅力「諧謔味」についてはまた今度。(余談ですが、春のJ庭で最後の等々力さん同人誌を手に入れたのは私です。売り子の方に「もうこの見本誌しかないんですけどいいですか?」と聞かれ「いいです!」と即答して入手しました。危なかったー)
で、『灼熱アバンチュール』にどう繋がるかと言うと―――

脳みそを整理してもらったおかげで、ただ「面白い、面白い」と繰り返すだけだった紹介記事(7/20付)に付け加えるべき点を発見したからだ。それは大人、つまり10年後の視点です。
私の文章では高校最後の「あの夏」を強調しすぎていて、コドモの話のように思われた方もいらっしゃるかもしれない。このお話はあくまでも10年後に再会した(つまり大人になった)二人のお話なのです。(以下ネタバレ気味)
『マルチェロ物語(ストーリア)』 樹なつみ/白泉社・花とゆめコミックス(1982.4~85.9)
“全8巻”のうち、これまた“1~5巻”までしか出て来ない(涙)。しかもこれの前に記事にした『エリア88』と一緒の袋に入ってました。全然ジャンルが違うじゃん!!袋に詰めたのは絶対に私じゃありません!(笑)

【こんなお話】
イタリア系移民の孤児マルチェロはデザイナーのデモルネに見出され、少年の身ながら世間公認の「女装のファッション・モデル」として活躍中。ひょんなことから知り合った年齢の近いデザイナー・イアンと友達になり、更に活躍の場を広げていく。が、成長期の身体は女装モデルの限界を迎えていた――

一作目は読み切りの形で描かれ、81年の「ララ」4月号に掲載。こちらの評判が良かったのか、作者がキャラに愛着が湧いたのか(或いは…)同年9月読み切り、更に11月~1月短期連載…と、ぽつぽつと作品が描かれていき、83年5月から本格的に連載となる。
……といったことはどうでもよくって(笑)、腐女子的にはやはり主人公を見出し、何かと助けの手を差し伸べる(マルチェロ呼ぶところの)「デモルネのおっさん」に注目でしょう。
彼は世間的にはともかく、周囲には全く隠していないゲイです。マルチェロのことは真剣に愛しちゃってるのですが晩生でストレートな彼には全く相手にしてもらえません。しかしめげない(笑)。時には激しく嫉妬する時もあるのですが大体は広い心でマルチェロのことを見守っています。ファッション界の帝王と呼ばれる喰えないオヤジながら“いい人”に甘んじている、とも言えます。
ところでリアルタイムに読んでいた時は気にもしなかったのですが「おっさん、おっさん」とマルチェロから連呼されるデモルネの年齢は37歳(うっ!)。この時、マルチェロ15歳、イアン19歳。自分がその頃、28歳くらいの男の人を「おじさん」と思ったことを考えたら仕方ない(汗)のかもしれないけど、「ファッション界の帝王」って呼称からもっと上の年齢をイメージしちゃってました。
(以下ネタバレあり)
BL関連話  2007.07.23

トシを重ねるとちょっとやそっとの事では驚かなくなるそうです。本当でしょうか?
また高齢者の方に「何を見てもどこかで見たような気がして感動が無くなる」と言われたこともあります。どちらもなんだか寂しく感じます。未だに一冊の本で一喜一憂できるのは幸せなことなのかもしれません。

……なぁんて、すかしている場合ではありません。某所でギョッとするような情報を目にしました。
紺野けい子さんの『愛の言霊』が実写化されるそうです。なんですってーーっ!?マジですか?
主演は大谷晋也:徳山秀典さん(『仮面ライダーカブト』)、立花都:齋藤ヤスカさん(『ボウケンジャー』)で、今秋公開予定だそうです。はあー……。
なんとなく悲観的?というのも今まで観た数少ない日本のゲイ役って俳優が照れて芝居をしているか、「これは演技なんですよ、僕はゲイじゃありません」と張り紙がしてあるみたいなのの、どちらか。誰がそんな掲示板みたいな芝居を観たいかーーーっ!!
こうなると初手からゲイ役があるものは敬遠するようになっちゃうのは当たり前ではないでしょうか。
先日のゲイ映画の出演者達のナチュラルな演技を観た後では余計に「やだなー」。
まあ、今回の映画は言ってみれば「変り種のアイドル映画」と考えた方がいいのでしょう。

映画祭という久々のイベントへの参加に興奮して、終了直後はちょっとした腑抜け状態でした。
特に『ボーイ・カルチャー』は私に色々な事を考えさせてくれました。取りとめ無いですが、この作品を含めたゲイ映画から感じたことを覚え書きとして記します。ただしあくまでも三作品を観ての私の所感なので、これを以ってゲイやゲイ映画について全てを分かったつもりは更々無いです。
(以下ネタバレを含んだ“メモ書き”です)
  1~2巻/幻冬舎バーズコミックスルチルコレクション(2005.08~06.02)

【あらすじ】
高校最後の夏休み、受験勉強に飽きていた陽は一人旅をする朔夜に出会う。二人は意気投合し、陽の家に滞在することに。しかし陽が無理矢理抱いた事により二人は決別してしまう。
10年後、偶然の再会に動揺する朔夜。陽のことをずっと恨んでいた筈なのに自分でも持て余すこの気持ちは何なのか。
微妙な距離のまま、2人の新しい関係が始まった――

何年経ってもあの夏の楽しかったひと時が忘れられない、ってことあるのでしょうか?
それが若過ぎて自分でもコントロール出来なかった恋の思い出なら尚のこと……、なんでしょうね。
いや、私にはそんな甘酸っぱい思い出は無いんですが、この作品を読むとその度に「あひー」とか「うほー」とか変な声を出して身悶えちゃう!のは何故なのか(笑)。
要は「恋のジリジリ感・モヤモヤ感、時にカァーッと来る感じや、きゅーんとする感じ」まで味わえちゃうんですよ。自分には無かった「あの夏」を追体験(きゃっ!)出来ちゃう。
そのうえすっごく面白い!!
でも単純にオススメ出来ないんです、一言(?)おことわりをいれとかないと。
それは、線が荒いこととか、キャラの見分けがつき難い箇所や状況が分かりづらいシーンがあったりすること、一部の場面の転換が唐突なところ、など等……え、クドイ?
ハッキリ言っちゃいましょう、「……ちょっと下手」なんです(ああ、言っちゃった)。
絵柄も「物凄く下手に見える絵」(ゴメンナサイ!)。正直このくらいの画力の人はざらにいるのだけど、最近の人は綺麗に整えるのが巧いので目立っちゃうのだと思います。
昨今のBLコミックには美麗な絵に酔う・萌える、といった面が強くなっている気がするので、そういう傾向が強いと自覚されている方はまず読めないでしょう。
多少BLのテンプレートから外れていても、なんだか分かんないところがあっても、とにかく面白いものが読みたい!という方にこそ強力オススメいたします!!

この作品ほど私にまんがの面白さとか巧さってなんだろう?と考えさせられたものは(BLコミックの中では)ありません。作者は既に一般商業誌で活躍されてらっしゃるにも関わらず、或る日突然天啓を受けた如く「初めての」「BL漫画」を出すあても無いのに描き出したそうで、
   「寝食忘れ3ヶ月描きまくった。
    こんな幸せ他にないと思った。」
と、1巻のあとがきで書いてらっしゃいます。その言葉に大いにうなずける“勢い”が作品にあるのです。キャラ達の「おれを外に出してくれ!」と訴えが余程強かったのでしょうね。
この感覚に近いものを遠い昔に読んだことがあります。そちらは小説、と媒体は違いますが「稚拙さよりも書き(描き)たいという情熱が勝った」作品、という共通項を感じます。
(以下はネタバレ気味のおしゃべりです)
♪ Take me out to Movie Festival ~ / ♪ Take me out to the crowd ~
日頃ヒッキーと化している私も遂に行って参りました!
<第16回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭> 2007.7.12~7.16
以前から行ってみたくてたまらなかったのですが、ヘテロが行っていいものか、行ってよくても雰囲気がどのようなものなのか想像がつかず、指を銜えていたのです。
そんなダメダメへたれな私にチロさんから「ご一緒しましょう」との嬉しいお誘いが!(感涙)
チロさんは私の電脳散歩コースの一つ「ミケランジェロの小部屋」の管理人さんで、毎回この映画祭にも参加されているうえ、映画の知識がハンパではないのです!今回は何も分からない初心者のためにプログラムの選択から前売りチケットの購入まですっかりお世話になってしまいました。もう頭が上がりません!ありがとう、チロさま

私が観たプログラムは下記の三作品(観た順番に記す)です。
① 『ハッテン☆サマー 』(原題『 A Four Letter Word 』 2007/USA)
――ニューヨークでのゲイライフを満喫するルークは、男を求めてハッテンに明け暮れる毎日。そんな彼がある日出会ったのは、イケメンセレブのスティーブ。でも、彼には秘密があるみたい…。果たして二人は、恋人同士になれるのか?ニューヨークのゲイの日常をリアルでコミカルに描いた、『ワイルド・サマー』の続編が早くも東京に上陸!(プログラムより抜粋)
② 『ボーイ・カルチャー 』(原題『 Boy Culture 』 2006/USA)
――イケメンのウリ専ボーイ、X(エックス)。16歳からこの仕事をしてきた彼にとって、愛やセックスは単に職業としての意味しか持ち得なかった。そんなXに、新たな顧客の老紳士が現れる。しかし彼は、ただXに心の内面を語らせるだけ。この老紳士との出会いが、Xの心境に少しずつ変化を与え始め…。孤独なXの心の旅を、静かなタッチで描いた秀作。(プログラムより抜粋)
③ 『お願い!チェリーボーイズ 』(原題『 Another Gay Movie 』 2006/USA)
――初体験に備えせっせと練習に励むアンディはピチピチのセブンティーン。そんな彼が高校の卒業式にゲイ友と「大学入学までに、必ず童貞を捨てよう!」、という固い約束を。目標に向かって彼らもアソコも大暴走!でも、なかなかうまくは行かず…。ゲイ版『アメリカン・パイ』とも言うべき、おばかでセクシーなドタバタコメディー日本初上陸。(プログラムより抜粋)

不安を抱きつつの参加でしたが、いや~、良かった、面白かったです!
以下はネタバレ気味の<ひと言感想>です(長~くなるのでたたみます)。
夏が来た!
といっても超暑がりの私にとっては地獄の季節の到来です、ううっ(涙&汗)。
「真夏のサルベージ」というお題をいただきまして(Hさん感謝!)の毎度お馴染の馬鹿馬鹿しいお喋りをひとつ。
尚、当地では蒸し暑い日が続いておりますが“真”夏にはまだ間があるということで“夏の”サルベージで参ります。宜しくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

『エリア88』新谷かおる/小学館・マンガくんコミックス*(1979.10~86.8)
 ( * 途中で少年ビッグコミックスに名称変更、初出の記述は無い)
サルベージで出てきたのは“全23巻”のうち“1~19巻”のみ、にガックリ(話のクライマックスになってきたところで/涙)

【こんなお話】
パイロット訓練を終え、後は帰国するばかりの風間真は親友だと思っていた神崎悟の姦計に嵌まり傭兵契約を結ばされてしまう。契約先は兄弟で国王の座を争う内戦中の中東の小国で、エリア88と呼ばれる最前線において戦闘機パイロットとして闘うことに。
真が修羅場をくぐり抜け生き残るのに必死でいた頃、一方の神崎は次第に野望を拡大させていき、やがてそれは世界規模での戦いの様相を呈していく――。

買ったことをキレイサッパリ忘れていて、発掘した時はびっくり。
戦闘シーンや基地内での生活、命をカネで換算し傭兵になる理由も様々な男たち。戦争なんて真っ平、軍隊なんて嫌いだと言いながら、フィクションの世界ではこういう“男騒ぎ”のするお話が大好物なのはなんでだろう?侵攻作戦だとか陰謀だとかのきな臭い話も!
ちなみに、メカフェチ(?)新谷先生の少年誌掲載の作品なので怪しげな拷問や雰囲気は一切ありません!(残念!!)しかし、二次創作になっていても良さそうなくらいオイシイ設定キャラが出てきます。
日常雑記  2007.07.06

こんにちは、『空耳の時間』です(不定期)。
本日はどこにでもいるような、或る○○な夫婦の会話です。

妻「防衛省の大臣、辞任しちゃったねー」
夫「うん、やめちゃったね。えっ?萌え省!?」
二人「……(爆笑)!!」
妻「何よ、それ。国家が萌えをどーすんのよ、管理でもするの?」 ― それはイヤだ
夫「ううん、違う。提供するの」 ― またまたアヤしいことを
妻「ええっ、国家が提供する萌え?どういうの?」
夫「えっとね、会社から帰って来たら、駅の改札で女の人が挨拶してくれるの『ご主人様、お帰りなさいませ。お疲れ様でございました』って」 ― キミにとって萌えとはメイド喫茶か?
妻「…………」
夫「それでね、朝は『行ってらっしゃいませ、ご主人様』って言うの」 ― バカ
妻「……その女の人は国家公務員なの?」
夫「そうそう、コッカコームイン!」 ― 意味わかってないだろ
妻「私は男の人がいいな」 ― あ、こいつもバカだ
夫「『行ってらっしゃいませ、奥様』?」
妻「ううん『お嬢様』でしょ、やっぱり!」 ― …………
夫「ああ『お嬢様』!」
妻「そうそう『お嬢様』!」
笑い転げるいいトシした二人…………紛う事無きバカですな。

  <……何処の誰とは聞かないでください……>

BL関連話  2007.07.05

『DEAD』シリーズから思いついて、刑務所ものBLコミック『アンダーグラウンドホテル』を前回紹介しました(7/3付記事)が、他にも「軍隊」とか「遭難」とか、否応なく(ほぼ)男だけになるオイシイ状況はある!にも関わらず何故かBLでは余り見掛けない気がします(男子校、寄宿舎といったお子様仕様は除く)。ちょっと作品を捜してみましょう(ごそごそ……)。

① 刑務所もの(主要な舞台が所内であること)
小説…『DEADLOCK』英田サキ、『箱の中』木原音瀬
コミック…『アンダーグラウンドホテル』定広美香
追加…『鬼流島カノン』*三岐ともき

② 軍隊もの(なるべく組織内で話が進むもの。含む傭兵)
小説…『2nd Sword』シリーズ*七地寧
コミック…『百日の薔薇』稲荷家房之介、『BLACK SUN』小笠原宇紀、『ファーストミッション』九州男児、『Missing road』*櫻井しゅしゅしゅ、『ハードライン』檀からん
追加…『オレたちに気をつけろ!』シリーズ*高崎ともや、『迷彩天国』*神崎貴至

③ 遭難もの(話の大半が遭難している状況であるもの)
小説…『Don't Worry Mama』木原音瀬
コミック…短編に多数有り(具体名を挙げられずスミマセン)
追加…『無人島ラヴァーズ』*桜井しゅしゅしゅ

 < * は管理人未読につき詳細不明>

えっ、いくら私がBL初級者といえこれしか思いつかないとは!?
少ないとは思っていたが本当にこれっきゃ無いの?(ご教示頂ければ有り難し)
しかしこのような特殊設定でも木原さん強し……(状況から見たら『WELL』も遭難ものといえるかもしれないし)。後は軍隊ものですよー、木原さーん!

『アンダーグラウンドホテル』定広美香/三和出版・SANWAコミックス(2003.6)
『アンダーグラウンドホテル~囚われの刻印~』定広美香/三和出版・SANWAコミックス(2004.7)
『アンダーグラウンドホテル~陽のあたる場所~』定広美香/三和出版・SANWAコミックス(2005.12)
 <全三巻。全てのタイトル表記の「ウ」に×が付いている。>

『DEADLOCK』シリーズ(英田サキ)の発売前、刑務所が舞台ということで男臭いハードな世界が描かれるのを期待する発言を幾つかお見掛けしました。そして、1巻の巻末で主要キャラが刑務所を出てしまい以降は舞台とならないのを惜しむ声も(作品の出来とは関係なく、です)。
そういった純粋に(?)刑務所内のハードBLが読みたい方向きの作品です。
とにかくえろシーンが多く(強○も含む)、調べてみたら1巻でほぼ39%がえろシーンでした(キスシーン及び単なる裸やシャワーシーンは除く。肌色率まではとてもじゃないが調べられず)。ちなみに2~3巻では話の展開により、えろシーンはぐっと減ります。
また暴力シーンも結構入ってますし、名も無い脇役はガンガンこの世から消されます。アメリカの刑務所ってそんなに物騒なんかい!というツッコミはもはや無力。乙女な方はご注意ください。

【あらすじ】
コロンビア大学に留学していた尾張潜(オワリ・セン)は第一級殺人罪を犯したとして禁固刑80年を言い渡される。女性教授との不倫が彼女の夫にばれ、暴力を振るわれたところを逆に銃殺してしまったためだ。
収容された刑務所(地下30mに造られた通称アンダーグラウンドホテル)は、看守の目がありながらも囚人間の“力”がものをいう世界だった。我が身を守るためにシャットコール(親分)と呼ばれるソード・フィッシュに近づくセン。一方ソードもセンの罪状を知り彼に関心を持つ。ノンケを自認するソードは同じくノンケのセンを自分専用の○にしたいというのだ。利害の一致により結ばれた二人だが、閉ざされた空間での生活を送るうち互いに“体だけ”の関係ではなくなっていく―――

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。