2008.02 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2008.04

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう、801の神さま
本当に出ましたね、依田さんの『愛の深さは膝くらい』。早速ガツガツ読みました!
雑誌は読んでいないので単行本が初読みです。これまた依田さんらしい、じっくり読まないと色々なものを見落としちゃうようなお話。しかも進行(二人の仲)が超スロー!ううう、この続きが読みたいよう(泣)。
同時発売の『嵐のあと』(日高ショーコ)もジラジラとさせられる“ゆっくり大人ラブ”で良かったです。
『美しいこと』(木原音瀬)の面倒ごとを全て取っ払って進行を百倍早くした感じ(当社比)。しかも無駄な怒りに血圧を高くする心配もありません。時間を掛けて楽しむなら(苦しむなら)あっち、忙しい時にちょっと一服するならこっち、でしょうか。
尚、硝子さん(@これもまた愛しき日々S)のご指摘は自身眼鏡ユーザーでメガネスキーである私も見逃しておりました。そういえばデザインが違っていたような気がする…というわけで確認。
おお、確かに4本識別できます。硝子さん凄い!榊の内面についての考察も興味深いです。
では、私もひとつ(なに対抗してんだか…)。榊の時計は1本じゃないよ!このオシャレさんめー(笑)。

さて、今月は本当に出るの?と何度も花音のHPにいっているうちにようやく気付いたのが「花音DX(デラックス)」なる書籍取り扱いになるコミック誌。いわゆるアンソロか?日高ショーコさんの表紙が気になって拡大して見てやろうとクリックしてびっくり!!
<デラックスコミカライズ第二弾![スタンレーホークの事件簿][漫画]本仁 戻+[原作]山藍紫姫子>
なんですと!?そんな贅沢な企画が実現するんですか?こ、これは読みたい! 更に、
<[ツーペアシリーズ][漫画]遠上nero+[原作]須和雪里>
ほえ?「つーぺあしりーず」とな?…って……!? 思わず前月の花音DX(01号)もクリック♪
<あの話題作遂に漫画化★ツーペアシリーズ[激闘横恋慕] (漫画)遠上nero+(原作)須和雪里>
えええぇーーーっっ!!? 他の掲載作も<[ひとでなしシリーズ・社長と愉快な仲間達]高橋ゆう/[ぶらり離島逮捕の旅]中村明日美子/[乙女リーマン荘物語]夏水りつ>とある。
分かった、分かりました。買いましょう、買えばいいんでしょう。もちろん02号も買いますよ、スタンレー・ホークだけじゃなく<[巻頭&特集:禁断のドラマチックラブ]SHOOWA>ってのも気になりますからね。

……ってことで、こちらの二冊もお買い上げしてきました。
えっ、感想? そうですね、読みたかったものが読めて良かった、ってとこでしょうか(えへへ…)。
『激闘横恋慕』については、原作を読んでいる身には絵柄も合ってて読みやすいんだけど、あのトンデモナイ爆走っぷりが初読みの人にはどれだけ伝わっているかなぁ…と不安。
というのもこれは元々シリーズの三作目で、主人公・牧田章一が抱きたい!と思い詰める相手の青池亮がどんな人物かよく分かっていないと面白味が半減するのです。
例えていうなら性格は違うけど、ルコちゃんの東海林(『きみがいなけりゃ息もできない』)とか、『透過性恋愛装置』の牧田さんとか、『ロマンスの黙秘権』の深見とか、『あふれそうなプール』の木津とかを抱きたいっていう“一般人”を想像してみてください。……無謀でしょう?(笑) しかし、彼は諦めずモノスゴイ勢いでしつこくアタック!そのテンヤワンヤ(古っ)を描いたお話なのです。今後どう描かれるのか、楽しみ。
ただし、「話題作」という冠には正直なところ戸惑うばかりです。
スポンサーサイト
BL関連話  2008.03.24

「本当に、本当ですか?」
こんな懐疑的なつぶやきを洩らしているのは私だけじゃないよね?
もう何度も同じことをボヤいてしまうのはそれだけ待ちに待った挙句、フラレてきた過去があるから!

 3/29 発売予定 依田沙江美 『愛の深さは膝くらい』 (芳文社)
 4/26 発売予定 依田沙江美 『よるべなき男』 1巻 (新書館)


各社の新刊発売予定リストをチェックしながら、手帳に書き写しながら、他所さま(ブログ)の購入予定リストを拝見しながら、いったい何度つぶやいたのか最早わかんない~。
そしてこれに続くのが
昇と勇気はどこに行っちゃったの?」
そう、この二人が登場する『真夜中を駆けぬける』 3巻の発売を待って待って待って待って待っているのも、私ひとりではないはずだ!!
J庭のサロンでも、サッパリ理由が分からないよねー、どんな事情があるんだろうねー、と噂になったこの本もいつかは発売される日が来るのでしょうか。雑誌掲載時にちょっとだけ読んで、ビミョーな話かも、とは感じたが、それでもやっぱり好きなカップル(CP)の話で好きな作家さんの作品なのでずうーーーっと待っているのです。とにかく出版してくれーーっ!と声を大にして訴えたい……。

さて、出版遅延(だと思いたい/涙)の問題とは別に、この作品には何とも言えない複雑な気持ちになる思い出もあります。 それが我が家の「夫バレ事件」。
(私の失くしたい記憶の記録なので以下は折り畳ませてくださいませ/泣き笑い&汗)

「歴史もの」(まんが)というと、私の世代ならやはり真っ先に挙げられるのは『ベルサイユのばら』だろうか。少し上の世代だと水野英子さんの作品だろうし、下の世代だと同じ池田理代子作品でも『オルフェウスの窓』辺りか。和ものなら木原敏江さんのお名前も出てくるだろう。
また、BL要素が濃い作品となれば神坂智子さんの『T・E・ロレンス』や、加藤知子さんの『天上の愛 地上の恋』も挙げられる。
が、最近はこの方面の作品にご無沙汰状態だったのだ、『日独』を読むまでは!(笑)
で、そのJ庭での収穫・堀江蟹子 『日独』を読んで、すぐに連想した作品がある。
それが、安彦良和 『虹色のトロツキー』(全8巻)。ただし、こちらは シリアスなのだが。

―――話は昭和十三年の満州、建国大学に辻関東軍参謀が一人の学生を伴って訪れたところから始まる。その学生・ウンボルトは日蒙二世で、父母は子供の頃に何者かに殺されたという過去を持つ。父・深見圭介はかつて陸軍で将来を嘱望された士官だったが除隊して満州鉄道入りをした経歴があり、除隊後も“何らかの活動”を行っていたらしい……。若きウンボルトは激動の時代の中で、父の死の謎、蒙古人(モンゴル民族)の行く末に悩み翻弄される。ようやく蒙古人だけの部隊「興安軍」の将校となるも戦局は次第に悪化していき、彼らも追い詰められていく―――

元々、戦前の満州の概略が知りたかったのだが、どこから手を付けたらいいのか分からず、悲劇ばっかり強調される本や無邪気に「五族協和」を賛美する本に当たってもイヤだし……。と模様眺めしていたら、深夜の某TV番組で取り上げられているのを見、まんがだったら入門編として楽かなー、という脳タリンな動機で読み始めたもの。
ところがどっこい、キツネタヌキのテンコ盛り集団が策謀に次ぐ策謀で、“全然ラクじゃない”うえ、若くて腰も定まっていない主人公はあっちこっちで翻弄されて憔悴し、戦闘シーンが増えていき……。動機が動機だけに、あっという間に“物語”としてまんがを読むのではなく、跋扈するキツネ男・狸オヤジたち確信犯の面々に眼が向く事となったのだった。
そう、この作品で何よりも面白かったのは登場する実在の人物の描写。 やった事の是非はともかく、このオヤジたちが誰も彼も個性がくっきりしていて、読めば読むほど知的好奇心を刺激するタマばかりなのだ! 石原・甘粕などの有名どころはもちろん、冒頭から登場しラスト近くまで大活躍(?)する鬼辻こと辻参謀や、“人道主義者”安江大佐、蒙古人にして興安軍指令のウルジン少将などなど。
これら知る人ぞ知る人物や建国大学の存在を知ったのは大きな収穫だった。もっとも安直な私はこれで充分“満腹”してしまい、その後の大陸史探訪は延期となっているのだが……(滝汗)。

著者の安彦さんはガンダムマニア・アニヲタだったら知らぬ者はいない「ファースト」のキャラデザイン兼作画監督ですが、今やすっかり「まんが家」さんですね。
卓越した絵の上手さで描かれるアクションや戦場はかなり迫力があります。
ただ、最初からまんが畑を歩いてきた作家とは若干“表現の仕方”(或いはまんがの文法)が違うように思います。うまく説明できなくて申し訳ないのですが、初読みの方は少々違和感を感じるかもしれません(初期作ほどではないにしろ)。
それから、初期の『シアトル喧嘩エレジー』(おそらく個人としての処女作・小説)から扱われていたモチーフ「無垢な(或いは理想を掲げた)若者が、周囲の大人たち(政治)によってボロボロにされていく」が、この作品でも見受けられるのが興味深いです。私が読んだ幾つかの安彦作品に扱いの軽重はあれど必ずといっていいほど出てくるモチーフなので、これは作者にとってよほど根深いものなのだろうなと想像されます。シリアスとコメディの違い以外で『日独』と大きく異なる点はここですね。歴史ものを描くうえで作者の視点が現在にあり、批評精神を持って描いている、という点では一緒だと思います(堀江さんの全ての作品がそう、というわけではないみたい)。

華麗なキャラも出てこなければ、萌えもなく、ややこしく、事実の真偽について不明の部分もある近現代史であり、イデオロギー云々という問題も抱えるテーマであり…、と小難しい要素がヤマほどある作品なので、誰にでも「読んで♪」とは言えません。
フィクションであることを理解したうえで、達者な筆で描かれる当時の風物、難しい政治状況、何より濃くて強い個性のオヤジたちの化かし合い(泥仕合?)を読みたい方にオススメします。
さあ、猛者はいないか!?


はしゃぎにはしゃいだイベントも終了して2~3日はちょっと気が抜けた状態でした。サッと切り替えて日常に戻れる皆さんは凄いです。まあ、私の場合はお楽しみをここに集中させ過ぎてるとも言えるのですが……(滝汗)。
さて、ハンティングと称するJ庭でのお買い物で、“絶対に購入したい№1”だったのが「えすとえむと岡田屋鉄蔵」さんの『Vamos!』(*)。
「ラテンが好き過ぎて何だかおかしな事になってしまった本」(ご本人たちの弁)は期待を裏切らない美味しい出来で、うっとり。おっかしーなー、マッチョはもちろん濃過ぎる男も苦手のはずだったのに~。何だかドンドン耐性が付いてきているのが自分でも怖い……。
言い訳させてもらうと、単なるマッチョえろ話に終わってない“部分”があって、そこに引っ掛かるのかと。
同時入手したえすとさん単独の『カルメン』も素敵でした。つくづく私好みの作家さんなのだと思います。
(*)優先順位が高かったのは通販で入手できるのか不明だったからなのだが、この度、岡田屋さんのサイトにて通販の取り扱いを開始されたそうです。価格もイベント販売と同じ¥600なので、くれぐれもオクなどでの高額取引に惑わされないように!との作家さんからの愛のお言葉が泣けました。
中身は、行きつけのバルでリンクさせた2サイドの話で、えすとさんサイドは『Tiempos extra』(『愚か者は赤を嫌う』に収録)の続編、岡田屋さんサイドは新しいシリーズのようです(スキンヘッドのドラグクィーンで昼間はオネエ全開の敏腕弁護士というティファニーが最高!)。
えすとえむさんと岡田屋鉄蔵『タンゴの男』(メロメロ掲載)にピピッときたら是非!(岡田屋さんのサイトは「岡田屋鉄蔵」で検索なさってください)

カタログの紹介記事で興味を持ち、恐る恐る購入して大当たりだったのが「えげつないやん家」(堀江蟹子)さんの『日独』。小説やゲームといった元ネタの無い歴史ものというジャンルの同人誌は初読みです。記事ではP18となっていますが、実質の作品ページ数は“10”!(これに前・後記と中表紙・中裏が付く)
でも、面白いのよー!!読み返しては「ひっひっひ、ひゃっひゃっひゃっ!」と不気味な笑い声を上げているので、さすがに“我関せず”でいた相棒も、そんなに薄い本の何が面白いのか?と気になっているようです。ヤバいシーンは一切無いので読んでも構わないのですが、歴史オンチで細かい書き込みが苦手な彼の笑いのツボに嵌まるかどうかは保証できないよ、と言っておこうっと。
具体的な内容についてはアラスカさんの記事をご覧ください(ヲイ!それでいいのか!?)。
ついでに、“そっくり同じ行為(「ついで」も含めた速攻通販)”をした事も告白します。何だか電波なストーカーみたいですね。キモくてごめんなさい(涙)。

それから、とうとう完結した宮本佳野さんの『ハイドラ』シリーズに小驚愕。
最終巻の11は100ページ超(50P程は既出の作品だが)の厚さに加えて、榎田尤利、英田サキ、愁堂れな、遠野春日各氏のお祝いコメント付きという豪華さ。しかもエダさんはSS(オリジナルのモノローグ)、英田さんはイラスト(だよね?)も寄せているという大盤振る舞い。豪気やのう!
オマケはともかく。何と言っても完結してくれたおかげで、念願の「ハイドラ→ルールズ一気読み」がようやく出来るのが、とにかく嬉しいです(ハイドラはルールズのキャラの一人・平良の学生時代編です)。

コミックは上記以外、イシノアヤ、京山あつき、トジツキハジメ、明治カナ子さんを入手。
小説では、いおかいつき、うえだ真由、榎田尤利(合同誌)、かわい有美子、剛しいら、木原音瀬、秀香穂里、神香うららさんといったところを入手いたしました。
他にも気になるサークルさんはあったのですが、時間的・体力的にこの辺で手を打っとかないと後が恐ろしいことになりそうなので諦めました。
ほぼ半年に一回とはいえ、こんなハイテンションな行動がいつまで続けられるのでしょうか?
今後の自分にちょっぴり不安を感じつつ残りの同人誌をちびちびと読む私なのでした……。

ごきげんよう、みなさま。つつがなくお過ごしでらっしゃいますか。
わたくし昨日は都内某所へハンティング(*1)に参りましたので本日はゆっくりと過ごさせていただいてます(*2)
ハンティングは今回も本当にエキサイティングでございました(*3)
もっと獲物を!という欲望もございましたが、余りにも物欲に奔った姿ははしたないと考え抑制いたしました。わたくしもそれくらいは大人になったということでしょうか(*4)

さて、サロンでお茶をいただきながら歓談するというのはマダムの嗜み、というより日常ですわね。
昨日もハンティングの終了後にはホテルの一室を借り切ってのサロン開催となりました(*5)。こちらで成果発表と獲物の分配を行い(*6)、併せて多岐に亘るテーマについて活発な意見交換をしたのでございます。
参加された皆さまそれぞれが大変に造詣の深い方たちなので拝聴したお話はどれも素晴らしく、含蓄に富み示唆の多いものでした(*7)。わたくしなど感嘆するばかりです。
ランチはこの一室でいただきました。
近くのデリでお好みのものを買い求め(*8)、お飲み物と一緒(*9)に歓談しながらのお食事は本当に楽しゅうございました。デザートは持ち寄りで、図らずも和洋二種(*10)という贅沢さ。これもマダムならではの心配りと申せましょう。
惜しむらくは参加を予定されていた方のうちお二方が、拠所ない事情で急遽不参加となられた事です。共にハンティングすることはもちろん、お会いしてお話をすることを楽しみにしていただけに残念でなりません。また、ご自身も楽しみにされていたハンティングを諦めねばならない心情はお察しするに余りありますし、事情の内容を伺うに心配で堪りませんでした。
そんな時でも心優しいマダムたちはお二方の分までも、とハンティングに励まれ成果をあげられたこと(*11)は、同好の士ならではの篤き友情譚として永く語り継がれることでしょう。
アクシデントも幾つかございましたが、皆さまハンターとしての技量、緊急事態に臨んでの対応能力を更に向上させたハンティングとなりました。お疲れ様でした。

最後に、ご同行くださった皆さまはもちろん、狩場を共にしたお名前も知らぬ方々および狩場を提供してくださったスタッフの皆さん、そしてそして何よりも獲物を生み出してくださった作家さん・サークルさんに感謝と、今後のご多幸・ご活躍をお祈り申し上げます。ありがとうございました。


BL関連話  2008.03.06

相談者 「もしもし、あの、“おとな電話相談室”ってこちらでよろしいのかしら?」
はい、こちらで間違いないですよー。 今日はどんなご相談ですか?
相 「ええと、実はですね私、結構いい年になっておりますの」
はいはい、大人ですからね、皆さん、そう仰います。 大丈夫ですよ、どんなお話でも伺います。
相 「それでですね、今度の日曜日に大事な集まりっていうか、集会っていうかがありまして、これに行くのに家人になんて言おうか悩んでるんです」
率直に仰ったらいいんじゃないですか? それとも隠さなきゃならないような集まりなんですか? つまり、家庭争議が起きるような、とか、法に触れるような、とかの?
相 「いえ、違います!でもバレたらやっぱり何か言われそうで……。そういう点では家庭争議系?」
すみませんが、ズバリ、何の集まりか仰っていただかないとこちらとしてもお答えのしようがないんですよ。 単なる集会じゃないんですね?同窓会とかの。
相 「ええ、そうですよね、すみません。 イベントなんです、つまり、趣味の……」
ああ、趣味なら結構じゃないですか、何で仰らな…っ ! ………言い難い趣味なんですね?女性としては恥ずかしい?
相 「え?ええまあ、そうとも言えるかしら」
見せ合ったりとかもするんですか?
相 「うーん、そういうこともあるかしら。 交換したりとか」
えっ、交換?交歓!? それは……やっぱり家庭争議になるんじゃないでしょうか? はっ!まさか、金銭のやり取りはされてないでしょうね!?
相 「? してますよ、当然でしょ。 その為に行くんですから」
それは明らかな犯罪行為ですよ、奥さん!行くのはお止めになった方がいい。止めなさい!
相 「むっ、何でアナタにそんなことを言われなきゃならないのかしら? そんなこと言ったらオタクは皆さん犯罪者じゃなくて? それともコミケは良くてJ庭はダメだと仰るのかしら?イベント差別だわ! それもこれも腐女子、腐女子って、メディアが面白半分に取り上げるから変態みたいに思われて、こんな苦労しなきゃならないんじゃないっ!! もーお、イヤッッ!!! 回答は結構です、BL読むからって馬鹿にしないで!誰に迷惑掛けてるわけじゃないんだから!! 失礼」
 ガチャン
……え? 腐女子? イベント? いったい何のこと?(ボーゼン)


或る方よりご質問をいただきました。
「J庭当日は朝早くに家を出るわけですが、家人にはいったい何と言って出掛けるのですか?」
ずばり!“BL読みのお祭り(J庭のこと)に、お友だちと参加する”ため、と言って出掛けます。
我が家では、相棒(夫のこと)に、しっかりバレているのです(ちょっとした事がきっかけで)。
ただし、帰宅すると“薄くて高価い本”がビミョーに増えていることは秘密です。



はい、こちら“おとな電話相談室”です。 どんなご相談ですか?
相談者 「実は家内、妻のことなんですが、ここ1~2年いや3年くらいになるかな?半年に1回の割合で同窓会だといって上京するんですよ」
まあ、たまたまじゃないですか? 小・中・高・大学と行ってればそういうこともあるでしょう。
相 「妻は地元の女子校出身です、エスカレーター式のっ。 聞いてください!彼女は入社した時から評判の美人で、今どき珍しい楚々とした雰囲気が気に入って猛アタックを掛けて結婚したんです。 結婚して何年経っても当時と変わらない奥ゆかしいまんまなんです! そんな彼女が、 いったい前泊までして何をやってるのか、怖くて聞けないっ!!」
…………イベントじゃないでしょうか?


BL関連話  2008.03.03

私は声フェチである。
のっけからフェチの話かよー(うんざり)、という方には申し訳ない。言葉には罪がないものの、やはりHな響きを伴うのは否めないから、えろ方面の話ですかと勘違いされるのも無理はない。が、私の場合は単純に声そのものに興味があると言ったらいいのか。

目覚めたのは子供の頃、TVで観ていた洋画の吹き替えである。
当時、好きな“顔”だった女優のCゃんでぃす・ばーげんを観たくて、内容も知らずに出演作『そるじゃー・ぶるー』を観たときのこと(映画自体はネイティブアメリカン虐殺がカギとなるシリアスもの)。
この時、好きな女優顔よりも気になったのがもう一人のメイン・Mいける・よーくの吹き替えの声だった。
美声であるのはもちろんだが、声自体に温かみがあり、役柄の若さ青さ弱さを表現しながらも根本的な人間の善良さを感じさせて私の心を完全に捉えてしまったのだ。この声は一体だれ?
これが後に『big草原のlittleな家』のパパ(の声)役で人気を得たSHIBATA彦さん(の声)との出会いで、私は声そのものが持つ魅力に目覚めてしまった。
といっても子供のことなので、何が出来るわけではない。ただTVで放送される洋画を観て声を聞き、好きなタイプの声にうっとりするくらい。可愛いモンでしょ?
不思議なことにアニメでは声にうっとり、とはならなかった。うっとりする前に画面に見入ってたから当たり前、といえば当たり前だし、そもそもアニメのヒーロー役の声でMyタイプには出会わなかった気がする。子供の頃から、もっと大人の声が好きだったのか。

やがて中学に入り洋楽を聴くようになると、今度は好きな歌声に出会う。
それがこれまた運命のいたずらか、JUNE黎明期のディーヴァ的(笑)存在、Dびっど・ぼういの声だった。何しろ当時はMTVなんてありませんからね、ラジオが出会いの場になるのです。だから最初は彼の容貌について全く知らなかった(ロックに目覚めさせてくれたQぃーんも、容姿を知らなかった)。純粋に曲と声に魅了されました。ちなみに、彼に声が似ているもののお下品さ(?)が魅力なのが、えすとえむさんが至近距離で拝めたという(『エイジ・コールド・ブルー』あとがきより) I ぎー・ぽっぷだと思うのだけど。違う?
どうも、歌声となると喋り声と好き傾向が違うようで、すこーしハスキーな声が好きみたいです。

ことほど左様に「声」に魅了されてきた私。ここまで記事を読まれた方は、さぞや私がたっくさんのBLCDを所蔵してるとお考えになるでしょう。 違います。 持ってません、1枚も!!
理由は簡単。声そのものに萌え萌えになっちゃうので、そのうえ更に、その好きな声でえろいセリフなんか言われた日には人格崩壊を起こしてしまうことは必定!だからです。
どう考えたって、その後日常生活になんか戻っていけませんよ? そうなったら人生そのものが破滅に向かっちゃうじゃないですか! え、大袈裟過ぎる?とんでもない! 自分が如何にだらしのない人間か、ようーーっく分かっているつもりです。 わしゃ、まだまだBLやらナニやら楽しみたいんじゃっ!(自分で言って悲しくなってきた)
そんな私に試練です。今月25日のBL関連の発売予定に『透過性恋愛装置』の名前が!
もちろん小説の続編でもコミック化でもありません。ドラマCDなのです。
ここまでなら何とかやり過ごせる!でも昨今のドラマCDはオリジナルブックレットと称して書き下ろし作品が付いている。もちろん同作も例外ではない。…………ヒュルリラ~

えええぇーーーっ!!私にどうしろって言うんですか? 「買えって言ってます」
聞きもしないものを、それも決して安くないものを買えって言うんですか? 「だから買えって」
ホンのちょっと北嶋や牧田のイチャラブを読みたいが為に!? 「そうよ、買って♪」
ひどいよ、あんまりだー!(号泣) 「何も泣くことないじゃん」
しかも、意志の弱さと卑しさに自信のある私は、“買ってしまったら聞いてしまいそう”な予感がする!
ゾゾーーーッ
私まだ、人生捨てたくありません。本当にどうしたらいいのでしょう。
お星さま、教えて!私の明日はどっちなのーーっ?(悲鳴)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。