2008.08 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2008.10

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―――こんなはずじゃなかったのに……。
読後ボー然としていた私の頭の中に真っ先に浮かんだのはそんな言葉でした。

『 刺青の男 - シセイノオトコ -  阿仁谷ユイジ (茜新社・エッジコミックス/2008.09)
 己で刻んだ印を背負い、愛を求め続ける男たちの物語。
 刺青を持つ三人の男たち(牡丹の潟木、ラナンキュラスの武藤、狂い鮫の埜上)。
 それらに絡む謎の男、久保田。社会の裏側を生きる男たちに救いはあるか…?

『僕のカタギ君』――ゲイナイトで再会した幼馴染みの潟木(チンピラ)と久保田(ペテン師)。半同棲中のラブラブバカップルにも悩みがあり……
『ラナンキュラスの犬』――先代の遺言を守り、頑なに“坊”を組の中で守ろうとする暴力団幹部の武藤。そんな武藤に焦れ、閉鎖された世界から抜け出したい“坊”は彼に選択を迫る……
『狂い鮫とシンデレラ』――金しか信じず凶暴さを隠そうともしない埜上は上納を取り立てに行った店で「生意気な目つき」の“オンナ”に出会う……(* 暴力表現がキツめなので苦手な方はご注意ください)
『みんなの唄』(描き下ろし)――ようやく再々会を果たした潟木と久保田、小さなアパートで新生活を始めた“坊”と武藤、愛し合うカップルのその後と“夢”は……
<以上の“刺青シリーズ”と『はるのこい』、『ゆめのあんない』の“生霊シリーズ”*を収録>

『僕のカタギ君』を雑誌掲載時に読んで、面白さと“久保田くん萌え”で阿仁谷作品をチェックするように。
まだ生硬な単行本一冊目はともかく二冊目の『ミスターコンビニエンス』も面白く読んだのですが、やはり“久保田くん”の魅力は特別!で、待ちに待ったシリーズの単行本発刊でした。
早速ガツガツ読んだ私が冒頭の如く呟くことになったのは描き下ろしの『みんなの唄』に張り倒されたからです。これは単純に“久保田くん萌え”するだけのお話じゃなかったのだ!!

刺青を持つ男たちはいずれも裏社会の人間です。漠とした不安を抱えながらも突っ張って生きている、そうした生き方をせざるをえなかったりせずにはいられなかったりする“真っ当”や“普通”とは縁遠い男たち。そんな彼らに直接・間接的に係わっていくことになるのが、久保田みつる――私が深く愛する久保田くんです。
彼は可愛らしい容姿でビッチな好き者然として登場しますが、実は相当したたかで強固な意志を持つ人間であることが一作目から描かれています。飄々としていて自堕落なようで、おそろしく前向き。自分がした事、これからする事についても逃げ出しません。
そういったことを感じ取ったからこそ彼に萌えたと思うのですがやっぱり私は甘ちゃん(恥)なんですね、彼の本当の覚悟が分かっていなかった。作中で暗示される未来がキチンと読み込めてなかったとも言えます。
描き下ろしの四作目はまとめとしてその後の彼らが描かれ、ここで私は久保田くんがどこまで覚悟を決めていたのか思い知ることになりました。
いやあ、彼は私が当初思っていた以上に本当の意味で好い男でした!!
「 君たちを傷つけたツケは僕にも必ず回ってくる 」「 …償いながら生きようね / 一日でも一秒でも長く / 一緒に 」と語る、自らの言葉の重さを誰よりも自覚し引き受けている弱さを知った上での強さ。もう本当にメロメロ(死語/汗)です。
作者もかなり思い入れが深いようで、「生まれ変わったら久保田になりたい(重症)」と仰っているくらいです。ホントに重症だ☆

ダラダラと久保田くんについて語ってきましたが、作品自体についてもちょっと……。
スポンサーサイト
BL関連話  2008.09.17

それは8月も終わりの頃のこと。
“サービスという名の商法”に踊らされている管理人は8月下旬から9月にかけての全サ応募をまとめて処理しておりました。
郵便局で振込みor小為替の購入をし封筒と応募用紙に必要事項を記入してそれらを送付するというアレ、ですね。重いヤマイに罹っている人なら一度は経験されているのではないでしょうか。
応募用紙に記入といってもアンケートと違い必要事項に大差は無くレイアウトが微妙に違うくらい。
< 住所 ・ 氏名 ・ 電話番号 >
要はこの三つを書く作業を繰り返すだけ!簡単カンタン♪と鼻歌まじりで書いていたら……ん、んっ?
<年齢>ーーーっっ!?

年齢って応募に必要な情報なの!?
マーケティングとして対象者の層を知りたいというなら逆にこれだけじゃ役に立たないんじゃないの?
サンプリングするなら購入歴や年数といった履歴も必要なんじゃ……すみません!ムズカシイ事分かんないのに見栄を張ってしまいました(汗)。
正直に言いましょう。 単純に、“自分の年齢を発表する”ことが恥ずかしいんです(涙)。30代前半までなら多分平気だと思うのですが。
おそらく実際に応募用紙を見るのは編集者じゃなくてバイトくん(バイト嬢かもしれんが)でしょう。
全くこの世界を知らない人間に
「ええっ!こんなオバサン(年齢の人間)がこういうもの(BL)を読んでんのー!?キモ! しかも嬉しげに金と手間暇かけて応募してくんのかー!?信じらんねえ!!」
なぁんて思われるのがイヤ!!
妄想し過ぎ?自意識過剰? “発表”たって全世界に向かって叫ぶわけじゃなし、顔も知らない普段の生活とは関わりの無い人間にどう思われようと構わないじゃない……と、そこまで達観できてないのです、ワタシはーー!!(泣)

ジタバタした私はBLつながりのお友達に聞いてみました。
すると……
「基本的に年齢欄は空白です」 (これが優勢)
…… そ、そうなのか(呆然)。 更なる剛の者は
「基本的に年齢は詐称です」 ……!!!!
………………
「そのまま書きます」
と仰る方は 1名 ……。

結局私も“年齢欄は空白”で出しちゃったけど、後から(これでいいのかなあ)と考え出した。
出版社側も購買層(読者)が“ある程度年齢が高い”ことは購買力から分かっているだろうけど、実際の年齢構成をキチンと把握しているのかは上記の事例から鑑みるに極めてアヤシイ。
それとも空欄の多さから推し量っているのか?うーん…
それならそれで購買力だけを当てにするのではなく、作品内容や質に反映して欲しいのです。
年長さんが
「ああ、BL作品を読んでいて良かったー!ついにここまで深い作品がーー!!!」
と随喜の涙を流すような超A級作品。それは夢まぼろしなのでしょうか……(注:若い方向けなら内容の浅いものでいいと言っているわけではありません)。
トンチキ・キワモノ作品も楽しむ私ですが、時には思わず唸るようなBL作品も読みたいのです。
作家さんが頑張ってらっしゃるのは分かりますが、やはり編集側が意識してサポートしないとレベルは上がらないと思う。
高品質の作品は古書店への流出も少ない(皆さん手放さないでしょう?)ので、ひいては出版業界の為にもなるんじゃないのかしら?要は、長い目で見ればその方が“儲かる”んじゃないの?ということです。身も蓋もない言い方ですが……。

おーーい、BL系の出版社さーーーん!編集さーーん!
一度真剣に読者(層)の年齢(分布)を調べてみてくださーーい!!
そして是非とも今後の作品出版に活かして欲しいのです。よろしくご検討ください。
そして、その時には年長さんもお若い方も年齢は正直に記入しましょう(笑)。
もちろん普段はお好きにどうぞ。




木原音瀬氏推薦 !!
 シンプルなストーリーの中に、恋愛の切なさがギュギュッと詰まってます。
 大人のお嬢さん方に、じっくり読んでもらいたい話です。
          ~~ ヨネダコウ 『どうしても触れたくない』 帯コピーより~~

この帯コピーにコノハラスキーが脊髄反射的購入をすることは明々白々!
作家買い・イラ買いならぬ帯買いです。作風に合った大物の推薦は幸せなマリアージュの一つといえるでしょう、作者・出版社・読者もニッコリ♪ですもん。
ただし本作はニコニコ楽しめるお話ではなく、かーなぁーりイタ切ない内容でした。読む人を選ぶ作品かも。そういう覚悟が必要(?)な点でも木原さんの起用というのはグッジョブ!?(笑)

さて、あちこちのブログ様での評判も上々のようなので今さらアレコレ書くのも気が引けるのですが。
我的に気になったのか気に入ったのか、微妙なところが攻の外川の29歳にあるまじきオヤジ臭さ!
といっても全てがオヤジなわけじゃないのがまたビミョーなんです。
ルックス――これは29歳でいいでしょう、納得です。
体力――これもOK。徹夜で酒が呑めるのはやっぱり若いうちだよ、それでも仕事が出来るのも(笑)。
行動――ううーん……、恋愛においては青臭い部分は残っている? でも“仕事の展望”(アノ決断のこと)がキチンとあるのはBLメンズとしてはなかなか珍しいよね、「仕事しろよ!」って男が多いもの。しかしこれもリアルな29歳なら特別な人というわけではない。
嗜好&喋り――これだっ!! 何しろ呑んだくれて風呂にも入らず出社してきたり、禁煙フロアもお構い無しのヘビースモーカーだったりとリアル社会では近寄りたくないような臭いヤツ(イヤーン)。
言うこともいちいちオヤジ臭が漂う。おまけに1回寝ちゃったら(ただスリープしたわけじゃありませんよ、もちろん)何かというとえろネタやシモネタでツッ込むようになるし(これは好みの問題か)。

弁護するなら、いい意味でもオヤジ的なところがあることかな?
普段はヘラヘラとしつつも率直な物言いをするが、ひとに対してさりげなく気遣うことも出来る。
シンドイ過去を乗り越えてきたせいか達観している部分があり、懐が深そうである。
また、仕事が立て込んでいる時でもペースは変わらなそうな余裕を感じる。
上司・同僚なら優良物件間違いなし!(若くして課長職についていることからもそれは窺える)
ちなみに、受の嶋くんのモノローグから推測するにえろでもいい仕事をしているらしい。この辺りはまさに素敵オヤジ要素ですな(笑)。

これらに加えて、嶋くんが過去の痛手から臆病になっているという理想的なツンデレ(私的好物のホクロ美人!)なので余計に外川氏のオヤジ臭さが引き立っている(?)のだと思う。思うのだが、しかし……やっぱり29歳がこんなにオヤジでいいのか!?(笑)
今でこそ「29歳なんて青二才もいいとこ!」(ほほほ…)となってしまったが、十代の頃は29歳なんて“とてつもなくオヤジ”に見えたのに!その頃なら何の違和感も無かったはず。
こんなことに引っ掛かるのは自分こそがオヤジ年齢だからなのか?とも思う。
ビミョーなのは外川氏ではなく自分なのか?と考えついたらこの記事のオチも“ビミョー”なのだった……(くすん)。

<この作品については他所様の素敵記事をご参考になさってください。役立たずで申し訳ない!>

                                                 ……私は好きです


日常雑記  2008.09.03

…とは、もちろん私のことです。
ちょっと“休憩”と思ったら、アッという間に日々は過ぎ……(滝汗)。
何をしていたかというと「甲子園」と「オリンピック」の“スポーツ観戦二本立て”!!
こう書くと、腐女子ならばマンウォッチングとかマンウォッチングとかマンウォッチングとかカップル鑑定とかマンウォッチングに励んでいた、と考えるのが常道でありましょうが、あにはからんや!真っ当にスポーツ観戦をしていたのでした。
自分のカラダがアタマ以上にお馬鹿さんでイメージ通りに動いてくれない(涙)せいか純粋にアスリートに対して「すげーー!!」という気持ちがあるのと、まんがや小説、映画などとは違う面白さを感じてスポーツ観戦は割りと好きなのです。
ただ今回は観過ぎました。
お付き合いで見始めたらどこに行ってもスポーツチャンネル状態……。
開き直って自分の好きな競技にチャンネルを合わさせ、熱狂とお祈りのチャンポン曼荼羅の日々を過ごしましたが、力が入り過ぎて本当に疲れました。終了してこんなにもホッとしたオリンピックは未だかつて無かったと断言できます。

一応BLも細々と読んでおりましたが圧倒的に小説よりまんがが多かった!
こういう時に短時間でサクッと読めるまんがは本当に有り難い存在です。
積読山脈も8月は購入物件が少なかったこともあって大きくならなかったのは幸いでした。
後は、し残した“夏の宿題”を片付けねば!(Gっちゃまん…)
そういえば子供の頃、一度だけ夏の課題を夏休みが終わってからやり始めたことがあったっけ。
我ながら大胆だったが、流石に無理だなーと、さっさと諦めて後半未記入のワークブックを提出しました。いや、それとも写させてもらったのか?(よく覚えていない…)
大人になって同じ事を繰り返している自分は本当にダメ人間だと思います。せめて白紙提出とならないように頑張る所存でございます。

更新が無かったにもかかわらず立ち寄ってくださった方々には「ごめんなさい」と「ありがとう」を申し上げたいです。またノロノロやっていきまーす!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。