2009.02 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2009.04

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『麗人Bravo!09春号』を飢えた狼のようにガツガツと読んだ。
元々は『子連れオオカミ』の続編『オオカミの血族』の更なる続きが読みたかったので購入したのだが、私にとってはとても満足のいく一冊であった。
お目当ての作品の作家・井上佐藤さんの他に国枝彩香さん、深井結己さん、明治カナ子さん、山田ユギさん、そして吉池マスコさんの作品が読めて幸せ~♪

以下、未読の方にはナンノコッチャなプチ感想を述べると―――

・ 井上佐藤 『オオカミの血族 最後の楽園』
ああぁーーん、物足りない!いや食い足りないと言うべきか。もっともっとミッチリねっちりタップリこの“一族”の話が読みたいのよ!! 親世代の話で一冊、次世代の話で一冊くらいのボリュームで描いて欲しいくらいです。子供を交えての騒動などネタはいくらでもあると思うんだけどなあ。ああモッタイナイ。
( ↑ これは好きな作品ゆえの我儘、尽きせぬ欲望の垂れ流しです。スミマセン)

・ 国枝彩香 『春に孵る』
少女も登場させての「凶々しい話」(作者後記より)。私の地雷ネタも出てくるのだが、不思議と拒絶反応は出なかった。『耳たぶの理由』が物足りなかったドロドロスキーだからなのか?短編だからか?

・ 深井結己 『ぎこちないけど愛だろう』
『そろそろ気づけよ』(麗人3月号掲載)の続きだった! 前作が受視点で、何となく両思い?を示唆するエンディングだったのに対し、攻視点で二人がしっかり結び付くまでを描いている。(実は恋愛には)真面目な二人に幸いあれ! “従弟のミネでスピンオフ作品”に1000点(←古っ)。

・ 明治カナ子 『地獄行きバス』
おどろおどろしいタイトルで出口なし!なのかと思ったら、意外や じんわりと読ませるお話だった。
攻は受に「インテリアや洋服みたいに/俺にもっと執着してよ」と言う。攻は受を真っ直ぐに愛し、彼の人となりをよく分かっているが、こういうものにこだわることが彼の表現方法なのだということは理解できない。物に頓着しない攻(たぶん)にとってはただの執着や見栄にしか思えないのかもしれない(もちろんソレもあるが)。受は大事なインテリアを「(攻が)好きそう」ということで決めて、揺るがない…ほどに愛しているというのにねえ。まあ、それが伝わらなきゃ何にもならないか……。今回の騒動で、受も自覚出来たので、今後はもうちょっとうまくやっていけることでしょう。

・ 山田ユギ 『ひとりよりさみしい』
ユギ・ファンにはすっかりお馴染み(?)裕くん中2の初恋を描く――もちろん相手は慎ちゃん。
苦い。始めから二人の関係は哀しみが道連れだったのだ。二人のその後は推して知るべし、だ。
お話とは別に驚いたのが、これが15ページで描かれたものだということ。話の展開・内容の密度が高い、濃いのだ。やっぱり上手いなあ!明治さんのタイトル絵抜き・33ページも過不足なく描かれていて上手いと思ったがこちらは驚異の詰め込み方だ。これを読んでしまうとゆきのこさん「(井上佐藤は)もう少しうまくなる余地がある」という言に、“まだ伸びしろがある”という以上の意味を感じてしまう(勝手にごめんね、ゆっきー)。もっとも、BLコミックでもこのクラスの作家は数人しかいないのだが。

・ 吉池マスコ 『花びらのゆくえ』
我的プチ・サプライズだったのは吉池さんの作品も前号の続きであったこと。
その前号掲載の『花とおじさん』で吉池作品の面白さに目覚めたので、おじさんと拓くんのカップルにまた出会えたことはちょっと感慨めいたものがあった。
スポンサーサイト
BL関連話  2009.03.23

お祭り(春のJ庭)で はしゃぎ過ぎたのか、ダルいなあ…なんて言っていたら風邪を引いてしまいました。
アッと言う間に悪化の一途をたどり丸々一週間、寝たきりで上げ膳据え膳(*)でござった。面目ない。
この間、「風邪は寝て直せ」との医師の指示でひたすら眠ろうとしたのですが、何せ咳がひどくて寝られんわい! しかし流石に読書も出来ない。
病床にあっても出来ることと言えば、かつて読んだ作品を頭の中で未練たらしく反芻するばかり、モグモグ……(どーでもいいことだが私のBL脳には反芻動物の胃のように第一から第四まであるのだろうか?確か第一の胃は発酵の場所…)。ああ、とうとう熱が出てきた。「喉元過ぎればケロリンパ♪」と忘れてしまうけど、発熱すると大人であってもツライなあ。微熱なら微熱でダルくて堪らず何もかもがうっとうしいし、熱が高くなったら高くなったで とにかく苦しい、節々が痛い……。うーん、うーん
そういやBLでは“お約束”のように<発熱した受の姿に欲情した攻が襲う→すると受も弱っているはずなのに応えちゃう>っていうシーンが出てくるけど、アレってやっぱり嘘だよなあ。
少なくとも私は、こんな時に相手の“下半身事情”なんかを優先されたくはない……!!
これが夫婦だったら間違いなく離婚(要因の一つ。決定事項ではなくとも)、とまでいかなくとも心の奥底での“引っ掛かり”となると思う。ヘテロの夫婦じゃなくても同じことじゃない?
でもBL作品でそんな場面に出会ったからといって「有り得ない!から、許さない!!」とは目くじらを立てないんだよなあ。「そんなに愛されているのね、ステキ!」とも思わないけど。
「こんな時までサカるか!馬鹿だなコイツ(笑)」っていうのが一番近い気がする。
憧れとしてのドリームではなくて、話を面白くするための虚構もドリームだと言うのなら、まさしくこれはBLならではのドリームなんだろう。ウム

―――なァーんてことばっか考えてるから、なかなか快くならないんだよ! もっと建設的なことや心身が活性化されるような健康的なことを考えてみ!
…と、お説教するような方はおそらく拙宅には来られないだろう。自分が人として何か間違っちゃってる気がしないでもないけど。木黒にこ平ハ倒レテモ妄想スルコトヲ止メラレマセンデシタ。
さて、そんなこんなで十日もお篭もり状態だったため売り切れやしないかとヤキモキしていたのが『麗人Bravo! 09春号』や木原さんの『COLD』シリーズ。
特に『COLD』シリーズは小冊子も絡んでいるので半ば諦めていたのだが。我が悪運恐るべし!
『COLD』シリーズは後ほどじっくりと、『麗人Bravo!』は早速ガツガツと読むつもりです。
溜まってる家事は後だ後!! 先ずは禁断症状を抑えなくては!(良い子の皆は真似しないでネ)


(*)上げ膳の内容は専らオットが店舗で購入してくる弁当です。こんな時、ルコちゃん家の東海林や如月先生んトコロの佐々木くん並み、とまで言わなくともその百分の一くらい料理が出来る男であったら…! オットの初等教育を間違えたと深く反省するのはこんな時……。


日曜の昼下がり ~都内・某飲食店~

ウエイター①「お待たせいたしました……(ギョッ!?)」 ホモ!!




 (サッと片付けられる冊子)


ウ① (い、今の何だったんだ?確か“ホモ”って見えたけど……)

ウ①「なあなあ、あの奥の▲番ブースのお客って予約だよな?何の集まり?」
ウ②「確か個人名の予約だよ。仲良しの奥さまグループとか趣味のサークルじゃねえの」
ウ①「若いコもいたんだけど」
ウ②「誰かの娘じゃね? ま、ちょっとバラけた感じのグループだよな」
ウ①「だろっ!それに卓の上にさあ…」
ウ②「あ、オーダー!」(客席へ)

女の声「……すまた…」
ウ① (ええっ!?今なんてった?)
戻ってきたウエイター②を捉まえ、
ウ①「今!今の聞いた!?」
ウ②「え、何を?」
ウ①「だから!す!…す、す…、すま……
ウ②「え、すあま? すあまってあのピンクの甘いやつ?」
ウ①「いや、すあまじゃなくて! す!す…す…、すま……
ウ②「お前なんなの、さっきから。具合悪ぃならマネージャーに言って帰してもらえよ」
ウ①「そうじゃないんだよーーっ!!」
ウ②「じゃあ何!?」
ウ①「だから! す!」
ウ②「す?」
ウ①「す…す…。 うわーん!やっぱり言えない!!」

客①「ねえねえ、さっきのウエイター、動揺してんじゃない?」
客②「えーっ、聞こえちゃったかなあ?」
客③「それにコピ本見られちゃったかも」
客①「あ、それはマズイわ」
客④「いいって、いいって!何事も社会勉強よ」


―――春のJ.GARDEN26開催当日、心配された雨はとうとう降らなかった! ヨカッタ
国際展示場が晴海にあった頃に仕事で行ったきりで、ビッグサイトとなってからは未知の場所ゆえ不安ばかりが膨らんで仕方がありませんでしたが杞憂に終わりました。
行ってみたら、一会場なのでグループが分かれて並ばずにすむし、とにかく広いので待機列は屋内に収まるし開場してからも息苦しいような混み方はしないし…結果オーライ?
それと天井が高く四方を見渡せるせいか混雑箇所への対応もいつもより素早かったような気がしました。いつものスタッフ以上に人手も多かったのかな?
いいことずくめのようだけど、お開きのあとがヤッパリ「ちょっとね…」というところか。
当日、新橋付近において冒頭のような光景があったとかなかったとか……。
日常雑記  2009.03.06

思いも掛けぬ事態に遭遇した時、周囲のヒートアップに乗り遅れた人間は意外と冷静になってしまうものだ…ということを体験しました。
具体的に言うと救急要請の為に生まれて初めて119番通報しました。先月のことです。
到着したプロフェッショナルたちの緊張感溢れるやり取りときびきびした救助作業に、(これで顔が好みだったら間違いなく惚れてまうやろー!)と思ったことは家人にはナイショです。
以後、リアルでの生活がちょっとバタバタしたため、すっかりブログはご無沙汰状態になってしまいました。その間もご訪問くださった皆さまにただただ感謝!ありがとうございます。そしてすみませんでした。
もちろん不届き者の私が終始しおらしくしていたわけではなく、<リアルでの憂さは“趣味”で晴らす!>とばかりに“お買い物”や“お喋り(*)”に精を出しておりました(姿の見えないことにご心配してくださった方には申し訳なし)。“読書”はやはり、サクッと読めるまんがばかりになってしまいましたが。
ただ今は状態が落ち着いてきましたのでまたボチボチいきたいと考えております。
もちろん、(開催目前となった)春のJ庭には参りますよ!

ところで初のビッグサイト行きに不安を覚えてカタログ購入だけでは安心できず、J庭公式サイトや会場のHPなども閲覧していたら駅からの誘導経路がカタログと違っていることに気付きました。いやーん
経路が違っているのは一部なのですが、同日に別の大きなイベントもあるというし迷い込んじゃう人間もいるに違いない(自分のことか?)。
いやイベントの参加者層が全然違うからそんなこと無い?
これだけベクトルが違うと一般社会なら一部の武闘派同士が乱闘を起こしそうなものだけど、オタク同士では無いか(笑)。少なくとも腐の同士・BL読みは、リアルでそんな生産性のない行動をしそうにないですもんね(作品のためなら戦う?)。
知らない場所は不安ですが、会場の広さを利用した新しい試みもあるようなのでとっても楽しみ!
むしろ当日のお天気が一番の不安要素かも(せっかくの“獲物”が濡れちゃったら大変!!)。
なんにせよ、参加者が楽しく充実したお買い物―“ハンティング”が出来ますように。願いはそれに尽きます。会場でご一緒になる皆さん、お互い良いお買い物をいたしましょう!
(参加出来ない方にははしゃいでいるさまが目障りかと思います。ごめんなさい。どうかご容赦ください)

BL方面については、ただ今「プチ“吉池マスコ”祭り中♪~」でございます。
主役カプたちもいいのですが、おいらのハートは“ゴツイお姉さんたち”にキュンキュンしちゃうのです。可愛ーいぃー!けなげー!アーンド、切ない~~!!(涙)
え、誰ですか?自己投影してるんだろう、と仰るのは!? ジロリ
外見に共通項を見出すのは無理もないですが(泣)、私にはあんな繊細さ、けなげさはありません!えっへん ついでに言っちゃうとあんな力強さもありません!これは残念(え?)。


[追記]
(*) lucindaさんのブログで、“お喋り”の一部が記事になっています。
   あんな蛇行しまくったお喋りが(たとえ一部とはいえ)ちゃんとまとめられている!凄い!!
   私は全然気付きませんでしたが、レコーダーでも仕込んでいたのでしょうか?マジックだわ……


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。