2009.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2009.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2009.08.29

テンパり気味な<典雅祭り>月間も記事をUPしたことでようやく終了~。 ホッとしたざんす。
稚拙なバナーをお持ち帰りしてくださった皆さん、ありがとうございました。
ようやく密林くんでも画像が出るようになりましたので、今後もサイドに挙げておきたい方は是非、小椋ムクたんの素敵イラストによる表紙画像をご利用ください(拙作は遠慮なく下げてね)。

記事UP後、他所さまの感想が知りたくて、久々に電脳界を流離ってみました。
好評の声と共に認知度が格段に高まったようで本当に嬉しいです。 私たちのささやかな活動も少しはお役に立ったのかしら? 足を引っ張ったのでなければ良いのですが。

そのあと(典雅さんとは別件で)色々と思うところがあり、少々おネガになっていました。
一時BL断ちして、新鮮な気持ちで臨んだ方がいいのかも…などと考えていたのですが、今日届いた同人誌の「還暦の祝いに赤ふんプレイ」という設定に大コーフン!! ふんがー
……恥ずかしい。 本当に恥ずかしいです。 いったいお前は幾つになったんだ?と自分自身に問いたい。 もちろん幾つなら良しという問題ではありません(滝汗)。
しかし、おかげで持ち直しました! 全くもって現金なものです。 面目ない。
それにしても、昔は想像すらしなかったシルバーBL(もはや “B”L じゃないでしょ!というツッコミは措いといて)に赤ふんプレイが、同人誌とはいえ登場するようになるとは本当にBLの世界は深くて広いな!
単に、「設定のバリエーションが広がっている」だけではない、“何か”を感じます。
その“何か”については自分でもまだ漠然としていて掴みきれていませんが、「可能性はまだまだある」のかもしれないと、思い返した一日でした。

が!

そのまま何事もなければ良かったのですが、興奮しすぎたのか うっかりしてコーヒーをこぼしてしまい、未読の本 数冊が被害に。 きゃー
中でも楽しみにしていた『春の泥』(水原とほる)は「春の ぬかるみ」状態になっちゃったよー(泣)。
不幸中の幸いは、お借りしている本は別にしていたので無事だったことです。 よ、良かった~。
皆さんも飲み物には充分お気を付けください。

(*) 同人誌……紺野キタ 『日曜日に生まれた子供』(大洋図書)に収録された『先生のとなり』の番外続編同人誌『Worry About You』の、更に続編『Ashes to Ashes』のこと。

スポンサーサイト
こんにちはー!各地の無人島をご紹介・案内する「無人島バンザイ!」の時間です。
今日ご紹介する無人島は東京からトータル一時間ちょっとで行ける手頃な大自然、碧海島です。
この島の持ち主は、婚活のための自己啓発セミナーやフィットネスクラブなど様々な事業を手懸けている某有名企業のオーナーさんなんですよー。 オーナーさんは恋人と無人島ごっこがしたい!という一念でこの島を購入されたそうです。 お金持ちのやることはスケールが大きいですねー。 碧海島という名前も恋人のお名前だそうで、元は形から亀島という名称だったのを、オーナーさんが購入を契機に変えてしまったそうです。 ホントにもう金持ちのやることはゴーマンかましてますねー。
(…えっ、なに?今の最後のコメ拙い?カット?「…変えてしまったそうです」のあとからね?OK)
本当にスゴイですね!(←棒読み)
では現在、この島を管理し、様々な無人島滞在ツアーを企画・運営されている日野千央さんにご案内していただきましょう。 日野さんよろしくお願いします……。      <USO TV.の人気番組より抜粋>



小林典雅『嘘と誤解は恋のせい』
  やっぱもう無人島だな!無人島でしょう!?
  「何のこっちゃ!?」というアナタ、及び

  浜辺で「あははーうふふー捕まえてごらん」とか波打ち際でヌー
  ディストビーチ状態とか海の中で絡み合ったり、山の頂上から
  「君が好きだーすきだーすきだー」とか山びこ風に叫んでみたり、
  草むらや青空の下であれやこれやできる
 (太字:管理人)

  という“オトコの夢”を覗いてみたいアナタは今すぐ この本を読む
  べし!
  本作はそんな夢みる男女の願望を、コメディBLに仕立てたも
  のである(…ホンマかいな)。


    『嘘と誤解は恋のせい』  小林典雅 / ill.小椋ムク (白泉社・花丸文庫)

【あらすじ】
嵯峨結哉(サガ・ユイヤ)はマンションのお隣さんに片想いしている超内気な大学生。
或る日、それを見かねた中学・高校時代の先輩・六車騎一(ムグルマ・キイチ)がとんでもないアイデアを持ち掛けてきた。 偽のアンケートで近付くきっかけを作り、尚且つ親しくなるための手立てを回答内容から探ろうというのだ。 騙すことなど出来ないと抵抗する結哉だが誘惑には抗えず、お隣のサラリーマン・和久井仁(ワクイ・ジン)にアンケートの協力を願い出る。 しかしそのアンケートの質問は、訊くのも恥ずかしくなるようなものばかりだった……。       (「シャレード」07/5月号掲載作に加筆した表題作および、書き下ろしの『ラヴァーズ・ブートキャンプ』の二編収録)

小動物系と表現されるようなオドオドビクビクしている結哉から訊かれるトンデモ・アンケートの質問に、心中では様々なツッコミを入れながらも丁寧に答えていく和久井。
その誠実そうな受け答えに更に恋心を募らせる結哉。
トンデモ・アンケートを作成し、和久井の回答から彼の人となりや好みを独断で分析していくキイチ。
彼らの会話やアンケートの中に細かい仕掛け(ネタ)が満載のうえ、ちょっとした言い回しや単語の選択に作者のセンスが発揮されていて、声を上げて笑うこともしばしば。
更に書き下ろしでは、この二人の“隠れヘンな人”ぶりやバカップルぶりが露わに。 シャイで思い込みの激しい結哉の迷走や、好きだと自覚した途端、メロメロデレデレへと変貌著しい和久井の“地固め作戦”が暴走しててニマニマさせられました。
面白かったです! オススメ!!


……でも読者はワガママで贅沢なのだった。

8月は積読の解消に努めるはずが、楽な方へ楽な方へと這いずっていく惰弱な精神構造ゆえ近刊のコミックばかりを再読再々読しております。
その時々で何を読むかは少しずつ違いますが柱になっているのは下記の3冊。

 ① 『カンゴク69』 阿仁谷ユイジ (ジュネット)
 ② 『千夜一夜 ―しとねのひめごと』 岡田屋鉄蔵 (リブレ出版)
 ③ 『トラさんと狼さん』 春野アヒル (芳文社)

①、②はロマンスとエロが特濃で切なさも有りーの、と読み応えが有り過ぎる作品。
なので、胃弱の方は涼しくなってから読むか、“胃薬代わり”になる本を用意してから読みましょう。
濃厚民族のクセに、胃が弱い私の胃薬は③です。
この“胃薬”、条件は人によって違うと思いますが、私の場合は

・ ちょっとほのぼのしてる微笑ましい話。
・ 切なさは“ほんのり”くらいなら可。
・ 好きなタイプのキャラ設定であること。
・ しかし、頭の血管が切れるかと思うほど萌え過ぎては いけない。
・ プリティー成分も配合されていると尚良し。

要は、自分にとって口当たりが良くてダメージを受けない“ライトな作品”てことです。
マンガとして上手すぎないのも、この場合はいい(失礼!)。
どっかユルいところがあった方が寛げるという理屈ですね。

ところで今回、“胃薬”の条件となる要素について考えてみて、改めて気付いたことがあります。 それがもう、あきれちゃったというか、笑っちゃったというか。
どんだけ好きなんだ、俺サマ受と丁寧語攻!?
俺サマ受についてはオラオラ系がかっていてもいいし、バリエーションとして女王さま受もいい。 どちらにしても男前受に微妙にツンデレ成分が配されている感じがいいんだよなあ。
そういえば上記の②も大きく括ればこのタイプと言えるかもしれない。 ただ、より複雑な設定になっているんだけどね。

えーっと、せっかくだから作品についても もう一言。

① 収録作のうち、私のお気に入りは『ナイチンゲールは夜に啼く』。
主人公が“デリバリーのお仕事”をしているので、実に様々な設定で“いたして”いてエライことになっている。 えろの特盛りである。 それでいて『生霊シリーズ』(『刺青の男』収録)で見せたファンタジックな表現が、本作では心理描写において遺憾なく発揮されているのが素晴らしい。
表題作は しっかりリバカップルである。
② 筋肉も凄いがえろも凄い! しかも純愛という岡田屋さんにしか描けない繊細で骨太な作品。 作者の希望する10年後の話も是非読みたい。 更なるシルバー話も言わずもがな。 しかしこれ、「GOLD」とはいえ、よくマガビー系が載せたなあ。 絵柄で毛嫌いせずに是非読んでみて欲しい作品。
③ 私はケモミミにもシッポにも萌えはありません! ショタもロリも趣味じゃありません! でも!ちびトラの可愛らしさにはノックアウトさ!ふふっ(涙) 狼さんのツンデレっぷり、過保護っぷりも堪らない上に、スピンオフのワンコさんも正しくワンコ攻!な この一冊。 もってけ、ドロボー!(笑)


FESTIVAL  2009.08.20

            * この記事は8/20までTOPに来るよう日付操作しております * <7/21記>
待ちに待った小林典雅さんの新刊が、8月に出まーす!!

  白泉社・花丸文庫より 8月20日発売!!発売日はズレる可能性があります
     『嘘と誤解は恋のせい』 (イラスト : 小椋ムクさん)

シャレード Vol.80(07/5月号)に掲載された同タイトルの短編と書き下ろしが収録されるものと思われます(書き下ろしの内容や、改稿の有無についての詳細情報は不明)。

昨年『美男の達人』で、私を笑いのズンドコに突き落とした<花丸×典雅>の強力タッグが今年もキタ。
しかもイラストは小椋ムクたん ! こりゃ花丸文庫編集は、本気だっ!!
そうだぜ典雅さん、貴重な才能を飼い殺しにしているトコはさっさと見限って、思う存分書けるフィールドでオレを楽しませてくれっ。 オレはいつでもオッケイなんだぜ! ヘイ、カモーン!!
  (ゼイゼイ……バターン!!)

息が切れるくらい力が入ってますが、それくらい大好きで待ちきれないのです。
あとひと月を指折り数えて大人しく待つだけじゃ気が済まないのです。
そこで、「うっとーしいわ!」の罵倒覚悟でバナーを作ってしまいました(汗)。
「典雅さん大好き」という方はもちろん、「どんなもんだか読んでみよっかなー」という方も宜しかったらお持ち帰りいただき、新刊の宣伝・広報活動にお役立てください。
素人の哀しさで どれも出来が今三つ、イヤ五つか六つかな?(滝汗)というシロモノなので、かえって足を引っ張る懼れもありますが、少しでも耳目を引いて読者が増えることを願っております。


    既に発売が開始され、ネット書店でも画像がUPされていることから、
    バナーは削除いたしました。
    稚拙な作をお持ち帰りしてくださった方には感謝しております。
    ありがとうございました。
    今後は小椋ムクさん描く超キュートな表紙画像をご利用ください。 [9/1付記]



 【注】 持ち帰ったバナーは、当ブログとリンクさせないでください!
どうしてもリンクしたいがネット書店などのリンク先が見つからない場合は、出版社HPの書籍紹介ページをご利用になると宜しいかと存じます(当ブログサイドの縦長バナー参照のこと)。
尚、この活動は、作者さま・出版社共に無関係の勝手連が行なっていますことをご承知おきください。

    拙宅以外でも <小林典雅さん勝手に応援企画> は開催されていました。
   ◆ 四十路のBL読書日記 …… 「小林典雅さん単行本未収録作品」
   ◆ 30半ばににしてやおいにハマる
       …… 「【祝! 小林典雅新刊】典雅ファン★バーチャル座談会」<その1><その2>
     (バーチャル対談には私も参加して暑苦しく語ってます/汗)   [9/1付記]



  <下段は“お遊び企画”でーす! それを踏まえてご笑覧ください>
BL関連話  2009.08.12

  ぷっしゅ~~~っ
バナー作りを含めた「典雅さん企画」でフィーバー(死語…)し過ぎてオーバーヒート。 そのうえ暑い
これがグダグダせずにおらりょうか!?
……んっ? 暑くなくてもグダグダしてないかワタシ? ………(汗)

気分転換、と ばかりにお借りしたゲイコミック3冊を読んでみました。
もちろんBLコミックとは全くの別物と覚悟して理解して読んだつもりだったんですが、結果は……
ハ ・ イ ・ ボ ・ ク (敗北)。 無念!
作品が悪いわけじゃないんだよ!(多分) 読んだ時期が悪かったんだよ!(おそらく)

一冊の主人公がブサイクであることは分かっていたんですが、これが何というか“愛嬌のある顔”なんて生易しいものではなく、とことんブサイク(作中では「ブス」呼ばわり)。 突き抜けてます。 もはやオカルトに近い描写なんでっせ?(ウメズせんせー
もう一冊。 イケメンはイケメンで、美の基準が違うんだろーなー(遠い眼)って感じだし。
日頃、「甘々なのはどうも…」だの、「ブサイクなのも可愛い♪」だの言ってても しょせんは素人(?)、浄水じゃなきゃ飲めないわ、という甘ちゃんなんですね、何だかんだ言っても、やっぱり 乙女のドリームが欲しいのだと よく分かりました(笑っていただいて結構です/涙)。
それから、両作品ともキャラが心情を語っているのに、私にはどうしても即物的に感じられてしまうことが不思議でした。 何故なんだろう?
一つ思いついたのは、彼らがカテゴライズした相手(好みの外見)しか好きになれないせいなのかな?ってこと。 先ず外見ありき、が強い気がする。
「そんなの、リアル社会でもBL界でも同じでしょ?」
そうなんだけどさ、好みの外見についても大体こんな雰囲気、なんて曖昧なイメージじゃなくてもっと具体的にハッキリ指定されている感じなんだよね。 乙女的には、もう少し、こう……シュガーコーティング(笑)して欲しいじゃないですか。 それとも私が夢を見過ぎなんでしょうか。
エッセイコミックが収録されていた本の漫画は余り違和感を感じずに面白く読めたので、作者によるところもあるのだと思います。
折あらば再チャレンジだっ。

(以下は泣き言或いはグチです。面目ない)
お知らせ  2009.08.07

暑さ厳しき折、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
暑さに弱い管理人は身も心もダレきっていた本日(8/7)、或る方よりのご指摘で、拙宅プラグインパーツのメールフォームが機能していないことに気が付きました。
送信すると「メール送りました」とのメッセージは出るのですが、設定したアドレスに届かず行方不明となってしまうのです(本当に送ってるのか?)。
復旧について、自分では全く見通しが立てられないので、解決策としてレンタルフォームを利用・設置することと致しました(サイドバー下方)。しばらくはこれで様子を見ようと思います。
今後はそれで良いとして、問題は「一体いつから機能してなかったのか?」です。
おそらく昨年までは大丈夫だと思うのですが、確認のしようもありません。
もしも、メールフォームよりメッセージを送ったのに メールまたはブログ上のいずれにもレスポンスが無かったという方がいらっしゃいましたら、ご不快な思いをさせてしまったことを心よりお詫び申し上げます。すみませんでした。
また、『典雅さんお遊び企画』についても同様です。申し訳ありませんが、再度お送りいただけると大変有り難く嬉しいです。厚かましいお願いですが、宜しくお願い致します。

最近は他にも、拍手カウントがフリーズしたり、コメント通知が機能しなかったりと不具合が見受けられます。万が一、管理人の気が付かないところでの不具合により不快な思いをされる方がいらっしゃいましたら、その件につきましてもお詫び申し上げます。
色々とボケまくっているスットコドッコイブログですが今後も宜しくお付き合いいただけると嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。