2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月末の新刊ラッシュの時期に在宅してなかったので一気にお買い物♪(於リアル本屋)。
が!……えっ?今月(末)ってこんなにあったのーーっ!? (*)
なんだか恥ずかしくなって(今更!)“あえて”幾冊か買い残してみたら、買うつもりの一冊を忘れてしまった!馬鹿だ……。その一冊とは『スーツを着た悪魔』(高橋ゆう)。
仕方なく前作(『秘書と野獣』)で復習、悔しくて手持ちのもう一冊(下記)で憂さ晴らし。

『 I LOVE BROTHERS!』 高橋ゆう/幻冬舎コミックス・バーズコミックスルチルコレクション(2003.10)
【あらすじ】
佐藤家の末っ子の三太(14)は、頭脳明晰・容姿端麗・スポーツ万能な長兄・優一(20)と次兄・秀二(17)に虐げられる毎日。
ある日、三太の家庭教師としてやってきたのが、百瀬学と知って兄達は驚く。なんと学は、かつて、優一とも秀二とも付き合っていたのだ。しかも二人とも学に未練があるようで……!?

『秘書と野獣』のシリーズは、なんといっても京島社長の素敵オヤジぶりを筆頭に健気に尽くす眼鏡秘書など、“濃いキャラクター”が魅力の作品だと思うが、こちらはやや趣きを異にする。
比較すると、同じコメディながらやはり登場するキャラが圧倒的に若いので色んな意味で青いのだ。“遊び”で男女を喰いまくる長男・次男はもちろん、ゲイの自覚があり序盤はチョイ小悪魔風の学さえも。
この三人がどうにも出来ない自分の気持ちに戸惑い、青い恋の嵐に翻弄される。このあたり青い恋からは遠くなってしまったコチラも、そのバカっぷりに笑いながら一緒になってジレジレしたりキュウーーンとなったり。
また、早くからゲイであることに目覚めたばかりに遭遇する学の“痛み”には、切なくて堪らず思わず涙(この手の話にはめっぽう弱い)。
もちろん基本路線はコメディなので、「うぷぷぷ…」と笑いながらサラッと読めますし、登場人物が限られているのでお話のまとまりも(ひとでなしシリーズより)良いと思います。
(ひとでなしシリーズがコントとシリアス芝居が混ざったエンターテインメント・バラエティだとすると、こちらはホーム・ドラマ・コメディってところかしら?)

ところで、私的に一番、きゃわいい!愛しい!抱きしめてスリスリしたーーい!!(間違いなくイヤがられるが)と思わされたのは三男の三太! でっかい目玉(三白眼!)で表情豊かな三太がとにかく可愛いのです!
今まで兄達の暴君ぶりに散々苦しめられてきたのに、その兄達のいきなりの恋バカへの豹変にドン引きし、熱くくどくセリフを聞かされて凍死しそうになる(笑)。
「――……なんか恋って怖いね/俺あんまりしたくないな――」
「――恋は怖いからしたくない/兄貴達みたいにはなりたくない――」
ああ、可愛い…… いつか君にも分かる時がくるのだろうけど、今はまだそのままでいてね お・ね・が・い…!
ちなみに三太は気になる女の子がいるものの、上記のようにまだまだウブい。
しかしそんな三太を密かに狙っている眼鏡優等生の春日野くんがらみの話もあるのだ!
そのままでいてね♪という舌の根も乾かぬうちに告白すると、おまけまんがの三太と春日野くんの話(妄想?悪夢?)が一番萌えたかも……(へんたーい!)。

 (*) 8月31日のお買い上げ ――――
◆BLコミック――石原理『あふれそうなプール(2)』文庫版/今市子『幻月楼奇譚(2)』、『僕のやさしいお兄さん(1)』/扇ゆずは『東京心中』/二宮悦巳(原作:菅野彰)『花屋の二階で(2)』/富士山ひょうた『屋上風景』/三池ろむこ『魔法使いの恋』
◆BL小説――和泉桂『紅楼の夜に罪を咬む』/沙野風結子『天獄の雨』
◆非BLコミック――オノ・ナツメ『さらい屋五葉(3)』、『GENTE(1)』/獣木野生『蜘蛛の紋様(1)』/TONO『カルバニア物語(11)』、『ラビット・ハンティング(2)』
 ――――計14冊 (買い過ぎです……)
◆購入予定 [検討中]
語シスコ『もっともそうな2人の沸点』/窪スミ子『メリー・ゴゥ・ラゥンド』/高橋ゆう『スーツを着た悪魔』
[榊花月『冷ややかな熱情』/佐々木禎子『指先の愛撫』/菱沢九月『ケモノの季節』/松田美優『巧みな狙撃手』]


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。