2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常雑記  2007.09.06

人間の体は完全な左右対称というわけではない。が、それはあくまでも形状のことであり、左右で体質が変わるわけではないのだ。なのに……!

先日、久し振りに蚊に刺されました。
旅行に行っていた間の埋め合わせのように、私と相棒のそれぞれの実家への訪問(毎週恒例の“高齢者訪問”)をしていた日々の中での出来事です。刺された場所はウチの駐車場と相棒の実家、刺された箇所は右手の手首近くと左手の薬指・小指の付け根近くとひじと手首の中間。
藪蚊だったのか結構かゆい。じっと我慢でかゆみ止めを塗り、かゆみが治まるのを待っていたら……治まらないじゃない!
重ねて塗り塗り。努めて気にしないようにし、家事などをしていました。
しばらくしてふと気付くと、左手の二箇所がたんこぶのように膨らんでいます。
な、なんでーっ!?
 考えられる要素としては、
・ 塗り過ぎて過剰反応した?(注射のアルコール消毒でも赤くなる体質)
・ 今年購入ではなかったので劣化していた?(期限、保管場所ともOKのはず)
・ 疲れていたので症状が重かった?(日頃から怠け者……)
どれも納得できません。だって、右手は通常のポチッとした膨らみしかないのよ!
それなら右と左で刺された場所が違う、すなわち虫の種類が違うのかと言うとそうではなく、左の二箇所はそれぞれの場所で刺されているのです。益々わけが分かりません。
触ってみると、たんこぶのように膨らんでいる箇所はちょっと固くなっており明らかに熱を持っています。でも痛くはないのでしばらく様子を見ることにしました。
翌日・翌々日と膨らみはそのままですが熱は引いていきました。更にその翌日には膨らみも随分と小さくなったので病院に行かずにすみました。
虫刺されといっても馬鹿に出来ないケースがあるのは承知していますが、山間部ではなく周囲に怪しい木なども無い場所で、尚且つ右手は何とも無いのに医者に掛かるのはチョットねえ……。

実は右手と左手で反応(症状?)が異なる、という体験が過去にもあったので、理屈通りに行かないことってあるんだなぁ、と承知していたのですが。
やっぱり何か釈然としなーい!
ちなみに過去の体験とは指輪による金属アレルギー。
結婚する前から右手はファッション・リングをしていても平気だったのに、左手にした結婚指輪にはかぶれました! なんでー!!(号泣)
左手が爛れてひどい状態の時もリングをしている右手はなんともなくて、当時も釈然としなかったものです。周囲からは結婚がイヤなんだろうと散々からかわれました。くっそー!どうせ主婦向きじゃねえよ(笑)。
その後はアレコレ言われるのが面倒で、指輪はしなくなってしまいました。相棒がカラスのように眼をキラキラさせて選んだ“でーやもんど”も箪笥で深い眠りについたままです。
あー、勿体無い!!


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。