2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2007.10.29

    ~~ 某月某日 ~~  於 : トンキワ会事務局
K  かいちょお~、読みました!読みましたよっ、『イカ本』(*)!!
A  おっ、君も気に入ったようだね。
K  はいっ、と~っても面白かったです。お話自体はごく単純なスタンダードBLなのに攻を
   イカにした事でヒネリが加わって、恋する二人(?)の楽しそうなやり取りさえも可笑しく楽
   しいイカした作品でした!
A  うんうん(ダジャレは無視)、そうだろ?もうちょっと書き込んで更に続編や脇CP(コチラは
   萌えんが)の話なんかも付けて是非商業本化して欲しいと思わんかね!?ああ、そうだ。
   そもそもの伯爵のご先祖と“海の客人”の出会い編とか過去の“海の客人”のお話なんか
   も面白そうだなあ、君どう思う?
K  いえ、あの、楽しく妄想なさっているのに大変恐縮なんですが、商業本化は出来ないと
   思います。
A  なんだと?君、ダジャレを無視されたからって意地悪を言うもんじゃないよ。
K  違いますぅ!かいちょ~こそ気付かれたんなら“お愛想で笑う”くらいしてくれてもいいじゃ
   ないですか、それが正しいオトナの付き合いってもんでしょう?
A  ムッ、君からオトナの付き合いを説かれるとは……(何かクヤシイ)。まあ、いい。私もつま
   らんことを言った、すまない。で、なんで出来ないんだ?
K  はい、BL業界は“なんでもアリ”と思われていますがやはりタブーはあり、獣○(女が3つ)
   はイカンそうです(えっへん!)
A  獣○って……(絶句)。
   ……そもそもイカは獣じゃないだろう、哺乳類じゃないし。
K  えっ、それって差別では!?イカがいいならシャチやシロクマだっていいはずだし、そう
   なったら当然ライオンやマントヒヒやオオアリクイやガラパゴスリクイグアナだっていいは
   ずです!だとしたらアフリカクチナガ…
A  待て!ちょっと待て、なんちゃら動物記じゃないんだからそうポンポン並べるな。えーと、
   何の話だったっけ?
K  獣○です。
A  そうだったな。私としたことがちょっとビックリして話を混乱させてしまった。
   しかし何で今更イカンのだ?確か犬だの猿だのなんのと色々あった記憶があるが。君
   のお得意の、ホラ、山藍先生のお作でも挿入シーンがあったじゃないか、にょろにょろし
   たヤツ。
K  お得意というわけではありませんが。ドジョウですね。
A  うん、それそれ。最近だって惚れた人間に会いたくて人間に変身して会いに来る犬の
   話があったぞ。
K  それですよ、会長!問題はヒト型をとっているかどうかなのでは?
A  ああ、君が言いたいのは、攻イカがヒト型で受と愛を交わすのはセーフだが、本来の姿
   で交歓するのはマズイと。そういうわけか?
K  そうです、流石、かいちょ~!理解が早くてらっしゃる!
A  全くだ。自分でも、君のわけの分からない話からこの結論をよくぞ導き出したと感心す
   るよ。
K  へ?
A  あくまでも推論でしかないが……。
   過去の犬・猿は言ってみれば拷問やえすえむの道具立ての一つで“意思あるもの”で
   はなかった。当然、受は道具そのものへの愛はなく意思の疎通も図られない。……うん
   ?これは昨今問題になっている動物虐待に当たらないか?とすると、道具としての人外
   生物は駄目でも、愛ある相手として互いの意思の確認が出来ているのならOKなんじゃ
   ないのか?うーん……。
K  ???
A  Kくん(とってつけたように優しい声で)、君そのネタはどこで仕入れたんだ?
K  え?ネタ?
A  そうだよ。獣○はタブーだそうだと、伝聞として話したじゃないか。
K  あぁ~!それはですね、中村明日美子先生のHPに載ってたんです。
   BL誌はお約束が多いと警戒していた先生が編集に、「何かタブーとかあるんですか?」
   と聞いたところ「常識の範囲内で…」と言われたそうなんです。あと、「あんまりおじいちゃ
   んすぎるのと、子供すぎるのは…」とも言われ「条例とかそういうの」が問題なのか、と。
   で、あとからメールで「言い忘れましたが獣○もアウトです」と伝えてきたというエピソード
   が……。
A  やはりそうか!
K  かいちょお?
A  ふうーっ。どうして私は君のトンチキ発言に振り回されてしまうんだろうな。
K  (もじもじ)……あのう……。
A  これがBLならラブだからとかの電波な展開になるところだが……。
K  えへっ?
A  確かに“文字通り”という言葉もあるが、文章の前後できちんと意を酌む、というのも人と
   して必要な大事な能力だよ。Kくん。
K  はい?
A  こっの、ウスラトンカチ!!
K  きゃいーーーーん!!
 < ~ 説教中 ~ 説教中 ~ 説教中 ~ >
K  ぐすっ、ぐすっ……
A  泣くな!私だって忙しいんだ。貴重な時間を無駄にしてるとは思わんかね?
K  ひぃっく、すびばせん~!……でも思い違いで良かったです~。
A  ん?
K  だって、待っていればそのうち、美貌のガラパゴスリクイグアナと研究者のBLも書いて
   もらえるかもしれませんものね~♪
A  ひぃーーーっ!やめてくれ!私は爬虫類がダメなんだぁー!!
K  えー、可愛いのに~。ガラパゴスリクイグアナ~
A  ああ、最後に泣かされるのはやっぱり私なのか!?(泣)

* 『大王イカも恋をする』 作:神香うらら(サークル「うらうらえん」発行の同人誌)
   (詳しくはアラスカさんの記事、又はsatoさんの記事へGo!/手抜きでスマンです)

最近のBLは爛熟期(或いは混乱期?)に入ったらしく、「これもアリか!?」とスレた読者を喜ばせたり、戸惑わせたり。
一方、かねてより“確かにやり過ぎかも”と心配していた事に対する一つの対処法として「18禁」、「Adult Only」といった表示がそこここで見受けられるようになった。しかし統一した基準があるわけではないので表示と中身がちぐはぐなケースも見られる。関係者・各社とも試行錯誤の段階と推察するに今しばらく静観したい。


 【 この記事内の「A&K」両氏のやり取りは全てフィクションです。 どれほど似ていようと
    実在の人物・団体とは何ら関係ございません。 】


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。