2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初に謝ってしまう、「ごめんなさい、スミマセン、申し訳ない!」

タイトルをご覧になって
・ 「また、動物もの?」とうんざりor喜んだ方へ、違うのです。
・ “或るキャラ達”が頭に浮かび、悲鳴or歓声を上げた方へ、そうなんです。
後者の、悲鳴を上げた方たちは、このキャラ達でカップリングする事自体に拒絶反応があると推察されます。故にこのあとの記事はスルーされることをオススメします。だって“年齢的”にも余計なストレスは受けない方がいいと思うもん!……(滝汗)
えー、今回も古いふっるいお話です。

復刊なった野村史子『テイクラブ』で久し振りにコッチ系の表紙を飾った魔木子さんのイラスト。ご存じない若い方たちが「レディコミと勘違いする」と仰るのも無理からぬこと。
調べてみたら、単行本では山藍紫姫子『瑾鶤花』(コアマガジン)の95年6月発行が一番新しいみたい。なんと12年前だよ!(雑誌だと「Charade」2000年3月号掲載の鷲尾滋瑠『Gothic Game 後編』が直近らしい。それだって7年前だ)
今やすっかり“レディース・コミックの作家”として認知されている魔木子さんだが、昔々はBLコミックを描いていて単行本も何冊か出版されている。当時の私はなるべくオタク界から身を遠ざけようとしていた時期なので詳細は分からない(すみません!)が、同人活動もされていたはずだ。
というのは商業ベースで出版されたBL作品も、前述の“或るキャラクター達”の二次創作から派生したものであることが歴然とした作品だったからだ。ではそのキャラとは何という作品の誰なのか?話は更に昔々へと遡っていく――

――1974年秋、夕刻の茶の間で泣きじゃくる女児、傍らにはそうまで泣くわけが分からず完全に引いている男児。折しもTVからはアニメーション番組のエンディング・テーマが流れ出す――
当時のTV事情から放送日・時間に多少のズレはあったと思うが、日本全国の家庭の百軒に一軒で似たような光景が見られたはずだ、多分。
放送されていたTVアニメは『K学ニンジャ隊Gっちゃまん』(1972年10月1日~1974年9月29日/全105回)、アメコミの影響を受けたようなバタ臭い絵柄とアクションがウリのTの子プロ製作の30分もの。
女児がなぜ泣いているかといえば、お気に入りのキャラ・コンドルのJoeが最終回で地球を救う羽根手裏剣を投じたあと息絶え、死体も瓦礫に埋まってしまったと思ったから(後に続編でサイボーグとして復活した時は激しく興醒め)。
当時の風潮として、女の子が男の子向けの番組を視聴していることは大っぴらに語られなかったがTの子の作品はキャラがカッコよかったので女子のファンも多かった。特にこのGっちゃまんは主人公・大鷲のKenとコンドルのJoeという“正統派・正義感が強い二枚目&ニヒルな個性派・暗く悲しい過去がある”というダブル看板で女子のハートをガッチリ掴んでいた。つまりどちらかのタイプに引っ掛かっていたというわけ。
しかし世の中には、どちらかのキャラが好きというより、この“二人の並び”にこそ引っ掛かる人もいた、ようだ。
確かにこの二人は味方同士でありながらライバル的意味合いが強い関係だった。
私自身はKenにはピンと来ず、トラウマ*に悩み苦しむ(ここでも悩む男好き!)Joeに色気を感じていた。言い換えればKenは視野に入っていなかったので、この二人のカップリングについては全く想像していなかったのだ。なので最初にそういう漫画を読んだ時は「いまさらコレ(Gっちゃまん)を持ってくるか!?」「この二人がCP!?」という二重の驚きがあった。
もちろん放映当時はまだやおいが存在せず、子供心にモヤモヤとしたものを感じていても表現することはもちろん、ソレが何なのかもよく分かっていなかったのでしょう。しかしソレは彼女たちの中の奥深くで静かに時を待っていた。そしてようやく“その時”が訪れ、ソレが一気に花開くのは二十年も経ってから!
過ぎた歳月に気を失いそうになる……。

さて肝心の作品内容とは?
残念ながら同人誌は未読なのでそちらのご紹介はできない。が、商業本として出版された『RAGA 愛染明王』(竹書房/1994.8)と商業誌に載った幾つかを読んだので魔木子さんの萌えドコロはなんとなく分かる気がする。
魔木子さんはKenを、圧倒的な力(美貌、戦闘能力など)を持った存在として捉えていたようだ。作品の中で彼はしばしば男たちの欲望の犠牲となるが、どれほど男たちに汚されようとそんなことは彼の美しさや尊厳を損なわない。それどころか輝きを増し、むしろ係わった男たちは彼の虜となってしまう。周囲の全てがひれ伏す中、Joeひとりが彼に拮抗する力を持ち尚且つ心を許せる唯一の“運命の男”としてペアリングを許される、のがだいたい共通した設定だったと記憶している(ちなみに攻×受は記事タイトルの通りで、Joe×Ken)。
面白いのはほぼ同じ頃に進出したレディコミの初期作品でもKenが“女性”主人公に変換されて、同じ物語を展開していた事だ。即ち、どんなに多くの男たちに汚されてもヒロインの身心は堕落・腐敗することはなく益々輝き、男たちを虜にする……(ひゃあー!)。
いっそ清々しいまで女性の願望(?)に忠実なストーリー!
でも元(の話)はオトコですから!!(笑)

そろそろ紙片も尽きてまいりました。今宵はここまでに……えっ、「山猫」?それはまた別の話と相成りますゆえ席を改めてお話させてくださいませ……。   【 続 く 】
    

<Gっちゃまんの変換は
  K=科、ニンジャ→漢字、G=ガ、ひらがな→カタカナ、T→竜>
人気番組だったゆえ今も熱いファンは存在、今回複数のサイトを発見した。続編も『~2』と『~F』の二作あり(管理人は未視聴)、こちらでコアなファンはKenのM受を認定したらしい。

(*)Joeのトラウマ――かつて、両親が悪の組織の幹部だったが裏切り者として暗殺された事。子供だった彼はかろうじて助かったが、両親が目の前で殺された事と組織に加担していた事の二つにずっと苦しむ。


 [ 蛇足 ]
その他のG関連と思われる商業作品に、同人仲間と思しき鎌田幸美さんとの共著『CROSS』(竹書房/1993.2)がある。またビーボーイゴールドで連載された『Flowering』全3巻(ビブロス/1997.8~2000.3)も鎌田幸美さんとの共著だが、こちらの設定は消化吸収が更に進んでもはや彼らの面影はない。
Gっちゃまん同人出身者は他に、鷲尾滋瑠さん(小説家)が有名。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。