2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2007.12.31

随分と間が空いてしまいました、お久し振りです、こんにちは。
気付いたら正しく年の瀬も年の瀬、ギリギリ(汗)です。
何をしていたのか今イチ記憶が定かではないのですが疾風怒涛の日々で、文字通り忙しく心落ち着かず、容量の小さな私は記事を書く余裕がありませんでした(ネットはちょこちょこ覗いていました)。当然BL本も(買い込むだけは買い込んで)読めていません(かろうじて“まんが”は読めました)。
そんなこんなで更新が全く出来ず、遊びに来てくださる皆さんに無駄足を踏ませてしまい申し訳なく思っています。本当にごめんなさい。
おまけに間が空きすぎて記事の書き方を忘れてしまった馬鹿者です。すみません、すみません(泣)。
しかし日々の中で気になったネタはありました―――

【棚卸しネタ ・ その一 「本当のはなし」】
樹生かなめさんの医者ものに必ずといっていいほど登場する“スゴイ患者さんたち”。
私はずっと、あれは樹生さんのホラだと思っていました。或いは「針小棒大」、会話の中のちょっとした行き違いを膨らましに膨らませたのだと。 とんでもない!思い違いもいいところです。あれは真実、実情に限りなく近いフィクションでした。
去年からやたら大きな病院に行く機会が増え(この冬に至っては何ヶ所行ったっけ)、有り余る待ち時間と診察時にどうしても目に入ってくる患者さんたちの様子に既視感を覚える私。
大抵の皆さんはおとなしく待っているし、受付や看護士さんたちとの会話も特に引っ掛かるものはないのですが、あるんですよポロポロと、第三者が聞いていると首を傾げたくなるようなやり取りが。内容もそうなんですが、だいたい、そういうやり取りはエンドレスかと思うほど延々と同じ問答の繰り返しです。
初めは高齢者ならではの事かと思ったのですが、一概にそうとも言えない。
身近な例も含め幾つか観察して分かったのは「彼女(彼)は自分の望む答え以外は聞く気が無い」ということです(樹生さんの作品でも同様の事例があったような)。
また、医師・看護士などの医療従事者の話は難しくて理解できないと最初から思い込み、耳では聞いても脳みそは聞いてないというケースも。だからトンチンカンな会話がずーっと続く。
時には相手が質問しているのにそれには答えず、先ず自分の喋りたいこと(大体いかに自分がよくやったか、或いは愚痴)を喋りだすひともいたりするのです。病院側も慣れたもので通常の診察なら程々に聞いてガス抜きをするようですが、緊急時には「質問に答えて!」と切り込んでいました。うーん、プロだ。
 ◆なぜ棚ざらしになったか―→樹生作品の“スゴイ患者さんたち”の描写も織り交ぜて実情がコメディに変換される作家のワザを記事にしたいと考えたのだが、抜き出す時間が無く、そのうち管理人の気力の方が萎えてしまった。
誠に、もうーしわけございません!!(涙)

【棚卸しネタ ・ その二 「ご当地BL」】
BLに“職業もの”なるジャンル(?)が出来たのはいつからなんでしょうか?
名前だけの“ナンチャッテ職業もの”から、その業界で働いて得た確かな知識を基にしているものまで千差万別、玉石混合ありますね。何しろ読者の側も色々な職業の人がいるので浅薄なものはすぐに見抜かれてしまう。用語の使い方ひとつでも、素人の目は眩ませても業界の人には噴飯もの、という場合もあるでしょう。
同じような危険は地名などの固有名詞でもあると思います。
例えば都内の一等地に豪壮な邸宅を構える大富豪という設定の場合、具体的な地名をあげるとしたら何処にするか?いくら有名な一等地で坪単価が高くても銀座はありえませんよね。また高級住宅地として名を馳せている土地もそれぞれに土地の故事来歴があり、所有者のお家がどういうものか透けて見えてしまうので、うかつな指定は興醒めの恐れがあります。だからどうしてもボカしてしまう(よく分からずにそうしている作家もいそう)。或いはとても漠然とした名前を出す(例えば区名とか)。そんなところで夢から覚めたくないですもの、当然です。
でも時々読んでいてその土地に行ってみたーい!と思わせるものに出会うと面白さは倍増します。私の場合、かわい有美子さんのご本はその率が高い。もし「<BL読者向け>関西建物探訪」なるツアーがあったら是非参加したい!!
そんな私が最近感心したのが、水原とほるさんの『青の疑惑』(キャラ文庫)。
こちらは横浜が舞台なのですが、出てくる土地のチョイスがなんともニクイ!絶妙です(受の営んでいる整体院の所在地が野毛、通ってくるお姉さんたちの店が伊勢佐木などなど)。
 ◆なぜ棚ざらしになったか―→作品の中での場所の役割とそれぞれの土地のイメージがいかにマッチしているか滔々と語ろうと考えたのだが、実際にそこで暮らしている人にとっては合っているのか不安になり頓挫する。
誠に、もうーーしわけございませんっ!!(涙)

なんとも締まりのないまま本年は終わりますが、このブログは細々と続きます……。
遊びにいらしてくださった皆さん、お出でいただきありがとうございます。来年もよろしく!


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。