2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からの懸案事項(?)のうち、『おじゃまさんリュリュ』については購読を決意。ってずい分大仰だなぁ(笑)。
大矢さんの描き込み方がハンパではない事をご存知の方なら頷いていただけると思う。
この衰えた目で、文庫版で読めるのか??
更に言うなら、印刷はつぶれてないのでしょうね!?
どーなの小学館!!
[ついでにリクエスト、私は『雪割草』が読みたいです。物凄く大雑把に説明すると「フィギュア版【裏】エースをねらえ!」ってところでしょうか。]

「大矢ちき」或いは「おおやちき」― 彼女の昔の本は密林くんのユーズドでとんでもない価格がついており、文庫版とはいえ復刻されたのはいい事だと思う。発表されたまんが作品は少ないが、その後イラストレーターとしても活躍したのである年齢から上の人は目にした事があるのではないかしら。
購入を決意したとはいえ、実のところ私は彼女の熱心なファンという訳ではなかった。シリアス好きな生意気な子供にはコメディ作品の良し悪しなど分かるはずもなかったから…。ただ彼女の絵の上手さとか、あれほど描き込んでもダサくならないセンスの良さについては大いに感心していた。
そんな彼女の絵の上手さにもっとも驚かされた、イヤ「びびらされた」のは皮肉なことにご本人の作品ではない。近年昼ドラでもリメイクされた、少女まんが界の大御所・一条ゆかり先生の作品『デザイナー』だ。
この中で彼女は「柾(まさき)」というキャラの作画を一手に引き受けている。柾は物語の重要な役どころ若き財閥の総帥・結城朱鷺の秘書兼教育係で、必要最小限のことしかしゃべらぬ無口な男だ。そして朱鷺を誰よりも何よりも大切に思っている。
この「思い」を「恋愛感情」に極めて近いまたはそのものと読者に思わせた(*)のは、或る場面での柾の表情がとにかく強烈な印象として残っているからだ。それはヒロイン亜美に嫉妬する(としか見えない)柾の表情、とにかく怖かった
そして朱鷺が誰のものにもならず、自分の手の内に留まると思った時のとろけるような表情ときたら!合わせ技一本で落とされましたとも。

モブシーンではない、大切なキャラクターの作画が大矢さんに任されたのはどういう経緯だったのか。最初から、つまり一条先生自身が柾の気持ちを設定されていたのか、それとも大矢さんの「暴走」(笑)だったのか私は知らない。(JUNE前史としては調べる要有り)
当時はただただ作品の面白さとパワーに圧倒されたのでした。


* この時の「柾」に嫌悪感でなく、ナニカを感じた(当時は萌えという概念が無かった)読者は私だけでしょうか?
『デザイナー』の連載は1974年、まだ同性愛がおおっぴらに語られることの無い時代です。が、この70年代前半に少女まんがの世界では「それ」を匂わせるキャラや作品が出始めていました。いわばBLの祖の祖、といったところでしょうか。そして、そういったものに曰く云い難い感情を持った人は多分私だけではないと思います。腐女子属性を持った読者がいて強い支持を送ったことが後の「JUNE」創刊につながっていったように考えられるからです。


  【お願い】
この作品について、もっと詳しい方はたくさんいらっしゃることと思います。また現在、私の手元に現物がないため確認が取れない点もあります。図々しいお願いではありますが、間違いや認識不足の点についてはご指摘いただけるとありがたいです。順次訂正させていただきます。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。