2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ  2008.01.25

日付と日程を見て、「わー、もうすぐ終わっちゃうよーっ」と焦ったので取り敢えずの告知でござる。
『小梅ちゃん』のイラストで有名な林静一さんの展覧会が開催中です。
2月3日までなので興味のある方はお早めにどうぞ(場所が東京の八王子という、近辺の人以外にはちょっと行きにくい(すみません!)ところなのが私的にはツライ)。

林静一さんについては、『小梅ちゃん』しか知らない方や「ガロから日和やがって」という方、或いは全く知らない方など様々だと思います。
是非、八王子夢美術館のHPをご覧になってください。
幾つかのイラストが紹介されていて、この辺りの作品から“現代の竹久夢二”と呼ばれているのがお分かりいただけると思います。 また、プロフィール欄を読むとアニヲタ・まんがヲタ双方が気になる部分がありますし、マニアックな話が好きな方は12月に開かれたトークショーの抄録もチェックです。
 (林さんについてはとても思い入れのある作品があるのですが、長くなってしまうのでいずれ
  機会を待って記事にしたいと考えています。今回はご紹介まで)

 詳しくは <八王子市夢美術館>のHPへ GO!

それから、面白いのが「小梅ちゃん割引」として、
“「林静一展」の開催中に着物で来館されたお客様は、観覧料を半額とさせて頂きます”
という企画。 これナイスじゃない? チャレンジャーはいませんか?

もう一つは予告、神奈川県の<川崎市民ミュージアム>
      「少女マンガパワー! -つよく・やさしく・うつくしく-」
という企画展示があるそうです(展示期間 2008年2月16日~3月30日)。

北米を巡回した展示内容に出版資料などを加えて日本開催用にリニューアルしたとのこと。
少女まんがの変遷が誰にでもひと目で分かるものになっているのかな、と想像しています。
また、まんが文法の変化については触れられているのかしら、という意地の悪い関心もあります。
何にしろ、出展作家のラインナップがとってもマニアックで原画なども多数展示されるようなので、こちらは私も何とかして行きたい、いや絶対行く!と今から鼻息を荒くしてます、ふんがー(落ち着け)。

どちらもなかなか面白そうなので興味のある方は是非どうぞ。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。