2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一時はマジで行くことが危ぶまれていた春のJ.GARDEN。
何とか行ける目途がついたのでカタログの買出しにSHIBUYAへ行く。
出遅れたこともあって在庫が確実そうなアキバへ行くことも考えたのだが、どうせ電車賃を掛けて行くならMんだらけにも行きたいと欲張ってしまったのだ(この辺が主婦的発想か)。果たして、兄メイトのレジには一冊だけ出ていた、セーフ!(在庫確認はしてません)
悪運が強いのか、こうした星の下に生まれついたのか、よくよく“最後の一冊”に縁があるようだ。
さて目的の物をゲット出来たので次なる目的、Mんだらけに向かう。
SHIBUYAのMんだらけは初めてだがSHIBUYAの街自体はかつて馴染んだ場所なので気が楽、と思ったのだがしばらく来ないとドンドン変わってしまうのがTOKYOというところ。いきなりショックだったのが昔散々お世話になった書店が無くなっていたこと(大盛堂っていったっけ?)。三千里薬局が無くなった時もビックリだったが、書店も、とは!本屋が無くなっちゃう街ってどうよ?まるまる一本のビルだったんだぜ、ブツブツ。
井の頭通りの変化にも小驚愕。特に、以前はいつも微妙にスッパイ匂いがしていた宇田川交番周辺が微妙にコギレイになってるのも何だか変なカンジで落ち着かない。しかも微妙に煙臭いような違うような……何の匂いだったんだろう?更には以前からある店にホッとするどころか、返って違和感を感じる始末。そうか、最早ここは私のフィールドではないんだわと実感する(えらいローカルな話題ですみません)。

さて、駅から徒歩5分、井の頭通り側入り口は小さいながらもすぐに分かった。
地下2階ってちょっとドキドキだわ、と思いつつ暗めの階段を下りていく。途中、何の視覚効果かライトがチカチカしている箇所があり、視力の悪い私は足元が不安になりちょっとビビる(単にトシか?)。おまけにすれ違うお客さんは若い方ばかり(当たり前か)で心細さは募る。が、フロアに到着した途端、そうした事はどうでもよくなってしまった。
ああ、このディープな雰囲気……。見渡した店内での最高齢はもちろん私だろうけど、そんなの関係ねぇ!高鳴るエンジン早まる鼓動、ここにいるのは一人のハンター。いざ、出陣!
とはいえ、初めての店内に少々まごついたことは否めない、残念ながら目当ての絶版本も無かったし。ただ、このところハンティングとは縁遠い生活だったのでカンも鈍っていたから、考えようによってはJ庭前の“慣らし”にはちょうど良かったのかもしれない。
それに店内の様子はだいたい分かったから次回にはもっとスムーズに探せるわ。ただし、BL以外の古めの少女まんがも“それなりに”有るのだが、如何せんスタッフにこちら方面への愛が無いみたいで配置が分かりづらい。レアな本も有るだけにもったいないよー。一考を求む。

手ぶらで帰るのもシャクなので意を決して“魔境・同人誌ゾーン”に踏み込む。
ここは、行きはヨイヨイ帰りはコワイ~♪なところだけにびくびくする。だって、J庭前に大枚はたくわけにはいかないじゃないの!
なのに早速、某せんせいのオヤジものらしき本を発見、大いに迷う。だって、にしぇんひゃくいぇん……。
シロ「ダメダメ、今日ばかりは気前よく買ってはダメよ」
クロ「何言ってんだい!こういうモンは出会いだよ。買っときな」
…………ほ、他に出物が無ければ買おうっと。
やはり「あ」から順に見ていくか……。

見つけちゃいました、大々っ好きな遙々せんせいの同人誌
アルキストとしては絶対に見逃すことは出来ません!
ああ、もう、これで充分幸せです。ここまで来た甲斐がありました(感涙)。
更に七海と章三のバカップルものなど諸々を発見しホクホクでお買い上げ♪(オヤジものは見送り) ドクター野口・三枚でお釣りも貰って無事帰途に着きました。満足。
でも、やっぱり買っとくべきだったかなオヤジもの……。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。