2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常雑記  2008.04.08

週末から相棒が熱を出して寝込んでいる。
発熱など実に何年ぶりか?ギリギリで医者に行き、もしやとインフルエンザの検査もして陰性だったので高をくくっていたのだが、未だに熱が下がらない。
ひたすら寝ているのに全く変化無しとはどういうわけだ?
薬も切れるので今日また医者に行って、その旨を告げたら
「やっぱりインフルエンザだったのかもしれない」
 何のための検査だったんだ!?この○○医者めっ!
哀れ相棒はどんな時でも失ったことの無い食欲がガタ落ちで、廃人のようである。

どんな時でも、とは例えば風邪くらいではビクともしない。ゴホゴホ咳き込みながらカツ丼を所望する。栄養をつけて早く良くなる為、だそうだ(普通食べられないでしょ)。
風邪が治って出社しても仮病だったのでは?と疑られるのは当たり前です。何せ、ちっとも窶れておらず、むしろ休養をとっていたのでツヤツヤふくふくしている有様。
仕事が絶好調(?)に忙しい時でも食事はおろそかにせず、律儀に昼休憩は遵守。
「オレを知っているお客さんは絶対に昼休みに電話して来ない」
なぜなら、“機嫌が悪くなるから!”
何様なのーっ!?職場でそれが通るんでしょうか?私向けのジョーク?
大事な会議でも昼休憩にまで掛かると
「効率が悪くなります」
とさっさと終わらせてしまうと言う。ホンマかいな?
「ダラダラした会議は大体ロクなもんじゃない」
まあ、強気な攻さまみたい!でも単に腹が減って、冬眠明けのクマみたいなオーラを出しているので周りの人の方が譲ってくれてるんだと思うよ。感謝しなさい。

そんな調子なので会社への連絡で、熱が下がらないと言った時より食欲が無いと言った時の方が心配されたそうだ。おまけに
「そんな状態なら会社に来んな!」
とまで言われたそう。“日頃”がモノを言いますな(笑)。
使いものにならないどころか強力なバイオハザードの元となりかねない!と危惧する上司の思考が容易に想像出来ます。当然でしょう。

が、先ほど買い物に出た折
「ケーキ買って来て」
とケータイで電話してくるではないか。すわ回復の兆しか?
「違うー。結婚記念日ー!」
口が不味いと言いながらそれでも記念日にはケーキですか。さすがと言うか何と言うか。
しかし今日ばかりは、「やめとけ」 代わりにプリンで我慢しなさい。
そんな事より私が気になっているのはさっきから痛み出したこのアタマ。
もしかして次は…………(悲鳴)!!!


 【 追 記 】
結局、相棒は今週一週間お休みしました。
10日(木)の夜に冷蔵庫を開けた際、ラップを掛けたボウルを指して「これなぁーに?」と聞いてきたので一安心しました。食への飽くなき関心なくして何の相棒ぞ!ようやく回復の兆しを感じたわけです。
まだ鼻声だし少々咳は出ますが、熱は下がりました。良かった良かった。
尚、危惧された私の頭痛は翌日も続いたもののごく軽度ですみました。お騒がせしてすみませんでした。
ご心配くださった皆さん、ありがとうございました。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。