2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きてます。
日常生活の合い間にだってBLは読みたい、というより読まないとやってられない!けど、小説はなかなか読めずコミックばかりを読んでいる今日この頃。
本日もコンビニでこんな雑誌を見つけてしまいました。
  『別冊コーラスSpring』
画像が小さくて見づらいですが表紙をご覧ください。
コンビニで見つけた時、この雑誌は一番下の平台に誌名が通路側になるよう置かれていました。
つまりお客からは逆さまに見えるわけで文字が読みづらい。にも係わらずワタクシにはハッキリ読めたのでございます、「女人禁制」の四文字が!
えっ?えっ?ええぇーーーーっっ!?
びっくりして思わず手にとったワタクシの気持ち、お分かりいただけますでしょうか?
コピーも ~1冊男子まみれ!~ (なんじゃそりゃ)とあるし、更には表紙のイラスト、これは一体なんですか!? 手前に着替え中の短髪男子、奥には余裕あり気に微笑む男子、アヤシ過ぎる……!
単なるハッタリかもしれない、トラップかもしれないと思いつつ好奇心には勝てませんでした。早速購入し家で読んでみたら…… (公式サイト下方の 「くわしい内容」 をクリックして一言説明をお読みください)。

最近はよしながふみさんの『きのう何食べた?』や黒娜さかきさんの『青春♂ソバット』など、青年誌(いわゆる一般向け)でもBL風味が楽しめる状況になっていたことは承知しています(しっかり購読しております)。それ以前に昔の白泉社系や近年の水城せとなさんの『窮鼠はチーズの夢を見る』などのように、少女誌・女性誌に“ストライク”作品が出現するのも既知のこと、楽しんで読んでおりました。
が、それらはあくまでも雑誌の中の一作品です。ところがこちらは増刊とはいえ雑誌のテーマそのものが「女人禁制」で匂いをぷんぷん放っているシロモノなんです。
やっぱり狙ってる?これは確信犯ですよね?
もちろん、こちらはあくまでも女性誌の増刊号、BLじゃありません。作品内容もおおかたは“なんとなく匂う(匂わせている)”友情ものです。しかし数本は、ちょっと“いじれば”つまり“えろ”や“萌え”を強化すれば、そのまんまBLに持っていける作品もありました(ちょこっと萌えちゃった話もありました/汗)。
ただし、BL読みの大多数の方にはぬる過ぎる(笑)内容なので、ニアとか微ふぉもがお好きな方や普通に一般向けまんがが楽しめる方でないと「金返せーーっ!!」となるかも。

それにしても、Cバルトだけでは飽き足らず、もう少し(?)上の年齢層にまで手を伸ばしてきたのかS英社!(笑)と勘繰りたくなるこの雑誌。
果たして出版社側の目論見は?はたまたその売れ行きは?購買層は?
ちょっと気になる作品もあったので、今後も何らかの展開があるのか無いのか、その動向をこっそりチェックしていきたいと思います(物好きな…)。


 【 追 記 】 覚え書き記事を追加しました。 内容をチェックしたい方は コチラ



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。