2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酔いの廻った俺の耳元でその女は囁いた。
「…リバ、好きでしょう……?」
吐息混じりの声。語尾が微かに揺らいだのは笑いを含んでいるせいだ。甘い体臭に目眩を感じながら俺はうなづく。
「好きです、奥さんっ」
うふふふ…と笑って彼女は或る本を指し示した。
「じゃあ、お薦めはコレよ」



師匠、お薦めありがとうございました! 不肖、黒ニコもご指導いただくばかりなのを心苦しく思い、以来少しずつではありますが新規開拓して参りました。
無論、既に皆さまご存知の人気作家さんも含まれておりますが、閉じた世界でグルグルしていた時期から見たら大変な進歩だと自画自賛している次第であります……。

てなわけで冒頭、色っぽい人妻からお薦めいただいたのは
・ 村上左知 『ルールそのいち 完全版』
受同士が恋に落ち、役割分担の壁を乗り越えていく話(省略し過ぎ…)。なんというか、攻めながらも受けてるような二人のえっちに萌えでございました(ううっ、恥ずかし…)。 続いて近作の
・ 『夜、君の愛を知る』
を購読。この人の描く意地っ張りなメガネ受は結構好みかも、と思う。これで一冊ガッチリ描かれたのが読みたいなー。
まだ2冊しか読んでいないので断言出来ないけれど物凄く上手いとかハデだとか華がある、といったタイプではないと思う(失礼!)。
しかし恋愛時のトキメキと逡巡、ほんのりと甘い萌えを提供してくれ、続けて読んでも胃もたれしない個性はなかなかイイ。癒し系萌え(?)提供作家としてチェックリスト入り決定である。

 [ 追 記 ]
その後、『夜、君の愛を知る』表題作の出会い編が載っているという『木曜日の恋人』も購読。
完全に堕ちました(笑)。
ツンデレなのに誘い受か?(可愛い過ぎてそう見える ← 完全に攻視点/汗)って男子がワサワサ登場し攻がメロメロに可愛がるというお話ばかりなのですが、これが完全にツボに嵌まった感じです。
特に「隣りのあの人」! しょっぱなの“えろ”でモノホン様(受はゲイで攻はノンケだった)をもビビらせるようなプレイをするなんて素敵すぎる!!(一体どんなことを…)
あ、えろの描写は大変ぬるめで少々、なのでそういった期待はしないでくださいね。
私、盛りよくガッチリかぬるめ少々か、好みが極端みたいなんです(汗)。


以下、この夏のニューフェイス(私にとって)を一言ずつ。
芸人コンビのBL小説を読んでから気になっていたのが、やはり芸人さんが登場するこの2冊。
・ 北別府ニカ 『僕の愛の劇場』/『別れる2人の愛の劇場』
2冊同時に購入して読んでみた。ゴチャゴチャッとした画面に最初は戸惑う。
キャピキャピしてるというのか、全体に満ちている“KAWAII”雰囲気もちょっと馴染みにくくて残念。
ただ、草臥れた感じのオヤジと真っ直ぐな受の子のカップリングは良かった。

・ 大和名瀬 『便利屋さん』
うわー、こういう芸風とは知らなんだ!可愛くってトボけたおかしさ、いいですぅー!!
タイトルでビビって手を出さなかった『ちんつぶ』もやはり読まなきゃと決意した次第です。

・ 139(夏目イサク) 『139 チェケラ!』/『139 チェケラ!MIX』
二次創作ものは元ネタを読んでいないと面白さが半減するんじゃないかと手を出さずにいたのだが、どーーしても夏目さんの作品が読みたくなり購入した。
やっぱりこの人の描くカップルは私の萌えツボを直撃してくれる。元ネタを未読でもすっげー興奮(笑)。

・ 恋煩シビト 『図書委員の恋』
別の雑誌掲載作を読み、不思議な感覚が新鮮で初単行本も購読してみた(PNも凄い)。
絵柄も特徴があるが、やはり全体に漂う雰囲気が不思議な感じである。SFでもないのに何故か星新一作品を思い出した。

・ 車折まゆ 『コル・レオニス -獅子の心臓-』
最近、気になっている阿仁谷ユイジさん推薦に釣られての購読。
舞妓マリーさん系統の絵柄で、所々の俯瞰の構図が特徴的。カラーの色使いも美しい。
お話はキャラの心理を追って丁寧なんだけど何か物足りなかった。
「えろでしょ?」いや、そういう訳ではない、と思う……(汗)。

・ 腰乃 『隣りの』
ストーリーとしては恋愛時のオトコの純情が軽妙に語られているのだが、ガッツリ描かれたえろの表現もスゴイことになってます!
あっさりめの絵柄なのにブツは詳細(?)に描かれているというギャップ。
恋愛感情の表現はウブなのにサクッとえろに突入しちゃうふしだらっぷり
ノンケの皆さんがかくも積極果敢にゲイに向かってアタックするものなのか?との疑問にこだわってちゃ腰乃さんの作品は楽しめません!そんなに好きになっちゃったのねー♪と温かく見守るべし。
だってこんなにえろだのブツだの盛りがいいのに読後がほのぼのする作風は得難いです(笑)。

・ 楽田トリノ 『愛なんて食えるかよ』
ええ、もちろん草間さかえさんの帯に惹かれてのお買い上げです。
何だかほのぼのする絵柄なのに素直じゃないキャラ達(メガネ多数!)が恋愛やえろにスッタモンダするコメディがお得意みたいです。面白かった。えろも、ヤる時ぁヤる!しね(笑)。
あとがきページの上のカットが物凄く甘酸っぱくて萌え(照れっ)。カバー下もGood!



【おことわり】 これは夏期に初読みしたコミックの作家さんについての記事を今頃まとめてUPしたもの
なので後ほど8/28付に訂正します

 9/11付で一旦UPしましたが、8/28付に訂正いたしました。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。