2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヲタ話よもやま  2008.06.03

或るニュースに驚いた。
少し浮かれて記事を読み、“ぬか喜び”だったと分かった。むしろ怒りめいたものが湧き起こる。
翌日の今は悲しみすら感じる。

T木宏が殺人鬼役!Y田孝之が“背徳神父”…手塚治虫氏「MW」映画化

(以下、発表当時の記事より抜粋) ――原作は1976~78年に青年誌「ビッグコミック」に連載。悪役を主人公にした異例の手塚作品で、殺人の生々しい描写や結城と賀来の同性愛などが大きな反響を呼んだ。今作では同性愛は描かず、アクションを多用したエンターテインメント作になる予定。
手塚プロによると、これまで映画化の企画は2回以上あったが、95年の地下鉄サリン事件などで幻に。今回は手塚氏生誕80周年の記念映画で、映像化自体初めて。製作側は「悪や殺りくから生きることを感じてほしい」と話している。――   (画像があるニュースはコチラ

いやもう毎度のことで本当に情け無いが、このニュースに触れるまでタイトルと内容を忘れていた。しかし神さま手塚せんせいの作品で不純にコーフンした記憶だけは残り、作品タイトルが思い出せないので全く違う作品を捜していたのだ。ダメじゃん!(泣)
これでタイトルも分かったし再読出来るわ~。なにぶん古い作品なので入手しづらい状況ではあるが(何度か版を重ねているが)、これを機にまた出版されるかもしれないし。これは不幸中の幸いか?

“不幸”と表すのは曲がりなりにも原作を読んでいるから。そうでなければ映画化と、この配役に喜んだかもしれない(単純にビジュアル面と、この二人の組み合わせの“合ってない感じ”が逆に面白いかなと)。
しかし原作を読んでいる身からすれば、なぜ重要な要素を外して見当外れな部分を強化するのか、理解に苦しむ。この要素があってこそ、二人の間により強い共犯的なつながりと葛藤が生まれるというのに(かなり前に読んだ作品なので断言出来ないですが)。それではドラマにならないじゃないですか。
同性愛にセンセーショナルなショックを受ける時代でもあるまい、との認識の方がズレてるってことなのか(注:同性愛的な関係が描かれていますが、同性愛をテーマにした作品ではありません)。
神楽坂はん子さんがいみじくも仰っている。
「アクション大作がやりたいのならもっと相応しい作品は他にたくさんある。
なんかね、原作の一番大事なテーマから逃げた映画化ってものになんの意味があるのかって思う訳ですよ。」(ご本人HP 6/2付より 下線は管理人)
全くもって同意する。


 [ 蛇 足 ]
主人公の結城美知夫は山内練ちゃん(@聖なる黒夜、他)みたいなキャラです。
じゃあ、賀来は麻生なのか!?
うーん……、確かめるためにも再読しなくっちゃ。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。