2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常雑記  2008.06.06

氷室冴子さんの訃報は本当にショックだった。享年51というのは、やはり早いと感じるからだ。
更には、訃報の年齢を見て感慨に耽るなどということは以前は無かったことで、無意識に自分の年齢と引き比べているのに気付いてこれも軽くショック。トシを取った証拠だ……。

さて、氷室さんについてはその読者世代とずれていることもあるが、もとよりコバルト(の少女小説)は守備範囲外で、その著作もちゃんと読んだのはエッセイと『海がきこえる』くらい(他はジャパネスク等を少々)。
でもその二作がとても良かったのだ。特に『海がきこえる』は青春小説として大変気持ちよく読め、この人はここから次のステージに向かうのではないかとその後の活動に期待していた。
しかしなかなか作品は発表されず、時々どうされているのか気になっていたのだ。一ジャンルの柱的存在にまでなると、自分ひとりの思いではどうにも出来ない、或いはなかなか動き出せないこともあるだろう。それとも、単に熟成のための準備期間が長いのか(スランプといったことも含めて)……などと想像していたのだが闘病されていたのだろうか?
いずれにしろ今となっては知るよしもないけれど。

彼女の著作やその功績については正しく総括出来る方にお任せするが、“女子の後輩”(女性とのニュアンスの違いを汲み取っていただければ幸い)として一言だけ。
女性性であることと自分らしくあることのどちらも捨てず活き活きと生きることをさりげなく訴え、そうありたいと願う女子へのエールを送り続けてくれたひとではないか。少なくとも私が読んだ数冊からはそんな声が聞こえた。

 氷室冴子さん
   読者を楽しませてくれてありがとう、本当にご苦労様でした。



謹んでご冥福をお祈りします。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。