2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2007.01.31

驚いた。いや、予感はあったのだから「やっぱり」と言うべきか…。
何の事かというと『所轄刑事・麻生龍太郎』(柴田よしき)の売れ行きだ。

私がよく行く地元の書店は県内大手の支店の一つで品揃えはまあまあといったところだ。もしかしたらと思い29日(月)に寄った時には見当たらず、検索してみたら配本センターにも未入荷だった。そこまではまあいいのだが、検索画面を見ていて気になったのがあんなにあったはずの文庫版『聖なる黒夜(上・下)』が「在庫無し」と表示されてる事だった。
結構マイナーな新書の類も返品せずにいる店での出来事だけに全部売り切ったとしか思えない。これは『麻生』も油断できないと考えてはいたのだが…。

で本日の夕方6時過ぎ、まさにタイトル通り「最後の一冊」を手にしてボーゼンとしつつもおのれの幸運をしみじみと噛み締めた、というわけ(ちなみに書棚には以前は在庫が無かったハードカバーの『聖黒』が鎮座ましましていて、思わず奥付きを確認したらなんと初版であった!)

昨年文庫版が出版され、改めてBL関連のブログなどで話題に上がっていたとはいえまさか『麻生』にまで波及効果があろうとは!
同士、恐るべし。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。