2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭からおことわり申し上げます。
朝令暮改か君子豹変すか、自分ではどちらとも言えませんが、わたくし前言を撤回させていただきます。
【二者択一バトン】の<膨れ顔VS照れ顔>の問いにおいて、甘ったれてんじゃねえ!とばかりに膨れっ面をバッサリ斬って捨てましたが、「ぷぅ」と膨れた顔もキャワイイ(涙目)と認識を新たにいたしました。
全てのキャラで膨れっ面を許せる広い心は持ち合わせておりませんが、ち○こ限定<膨れ顔>OKでございます!
いわずと知れた 『ちんつぶ』 (大和名瀬/現在3巻まで刊行)を、今ごろ通読いたしました(汗)。

長らく「ショタはどうも…」と敬遠していた大和名瀬さんだが、『便利屋さん』で突破。やはり伝説の名作(?)は読まねばなるまいと3巻が出たのを機に密林くんにおねだりしてみた。
既にあちこちで記事が挙がっている有名作品なので細かい説明は不要かと思うが、一言で言ってしまえば、ち○こが入れ替わることによって起きるドタバタ喜劇である。

・ 取手(主人公)…事故により意識不明の重体。今も本体は寝たまま。
・ 綾瀬…事故遭遇時にかばってくれた取手がち○こに取り憑ついている。両想いのバカップル。
・ 岩淵…事故により神谷とち○こ同士が入れ替わってしまった。冷静沈着な優等生。
・ 神谷…よりによって嫌いな岩淵とち○こが入れ替わってしまいウンザリ。しかし徐々に…。

ブツが入れ替わったり抜け出したりする話というのはこれが世界初、というわけではないが、BLの大前提である男性同士での恋愛(感情)と人体―それも恋愛感情が高ぶれば必然的に大活躍が予想される部位―とを絡めることで素晴らしいA級トンチキ作品となった(ホメてます)。
元々の持ち主の人格が反映されているとはいえ持ち主とは別個のキャラクターと化したち○こは、ち○こだけにより一層個性が強調されており、欲望にも素直なのが話を面白くしている。特に主要人物4人(と3人のち○こ)のうち、神谷のち○こ(略して神谷ちん)は私に前言を撤回させるほど強烈に愛らしく、もはや主役を乗っ取ったといっても過言ではないと思う。
当初は本体同様突っ張って強がっていたが、或る事がきっかけで変わってしまう。

 <変わったなと感じた場面がこれ> ↓
社会の窓(イマドキこんな呼び方します?)からチラッと本体を見て隠れるち○こ。
「最近ナーバスで引きこもりがちなんだ」「なんだよそれ」

読者も思わず(何だよソレ!?)とツッコミながら(ち○こ可愛い!!)と思ってしまう!
この辺りからだんだん作者の術中に嵌まっていっている気が……(汗)。
その後の神谷ちんの愛くるしさはほとんど凶暴でさえある。

涙を溜めてこらえる神谷ちん、寝ぼけている神谷ちん、ブリッコする神谷ちん、おねだりする神谷ちん、かゆがってる神谷ちん、真っ赤になって訴える神谷ちん、脅えて震えている神谷ちん、ほだされてる神谷ちん、仲間を心配して泣く神谷ちん、ふてくされる神谷ちん、エトセトラエトセトラ……。
よもや自分が、ち○こを見て「かぁーぅわぁーいぃーいっっ!!」と身悶える日が来ようとは!!
本当に人生は何が起こるか分からないものである。

1999年5月の第一作目からコツコツ描かれ続けたこの作品、作中での彼らは延々“高校二年生”である。このままBL界の『Sザエさん』として終わることなく続いていくのであろうか?それとも。
ち○こ達はともかく、なかなか素直になれない本体、神谷と岩淵が晴れて恋人となる日が完結となるのか(自分の中に入るのは絶対イヤだろう。戻るとしたらそのタイミングか?)。
読者は早く“その時”が読みたい、が終わって欲しくはないというジレンマを抱えて、また延々と続刊が出る日を待ち続けるわけだ。
せめて私がBLを読めるうちに“その時”が来てくれるように祈っとこうっと!




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。