2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日頃、「ショタはあかんがな~」と呟いているのに、“ショタ風味”と分かっていながらつい購入してしまったのが、松本花さんの 『蜜の王国』 第1巻。
だってsatoさん(@BLmemo)が「可愛くて可愛くて、ジタバタ辺りを駆けずり回りたくなるような作品」と、愛おしくてたまらない様子で記事を挙げてたし、虫だから本物のショタじゃないし、たまには甘めもいいかなって、…と自分に言い訳をする(相変わらずダメな大人だ)。
購読して分かったのは自分の趣味が意外に強固であったこと。もっといい加減というか融通が利くと思っていたよ。ちょっとびっくり。

お話は誰からも愛される可愛いちびっ子アブラムシの緑ちゃんと強過ぎて集団から離れた蟻んこの黒さんがメインカップル(?)となって紡がれる虫さん達のほのぼのLOVE?ストーリー。 虫さんといっても擬人化されているので皆とってもプリチー☆です(本筋から外れますが、虫のおばちゃん達がすんごく可愛いくていいなあと思いました)。
それでいてしっかり虫の生態もお話に活かされているのが素晴らしい。アリジゴク(ウスバカゲロウ)の体の構造にはひょえぇぇーー!と驚かされたよ。
そしてsatoさんも仰っているように、蟻とアブラムシの共生(→蟻はアブラムシを守る代わりにお尻から蜜を貰う)による蜜を貰うシーンがえろいです……(ヤバい感じの汗が出る)。

ところで、“ほのぼのLOVE?ストーリー”と表しましたが実は少々引っ掛かるところがあります。
それは、私には主人公の緑ちゃんが結構な猛禽に見えてしまうこと。
素直に可愛いー!とはしゃげないんです。へそ曲がりにも程がある!とは思うんだけど、天然のハンターというか無邪気な様子で周囲の好意をサクッと狩っているツワモノにしか見えない(滝汗)。
それはたぶん、可愛くて皆に愛されるものへの僻みから生じた誤読だ!分かっちゃいるけど情けなーい。緑ちゃんを愛する純な皆さん、歪んだ読者で本当にごめんなさい(ぺこり)。

そんな私が「キターーーーッッッ!!!」と叫んだのはアリジゴクの影さんの妄想です。
黒さんが自分の理想の俺様受に見える彼は、黒さんの言動にいちいちキュンキュンするダンディな攻オヤジキャラ! そんな貴方に私がキュンキュンです
なんとか接点を作ろうと、黒さんの近くに引っ越してくる健気さもいい!
かと思えば、将を射んと欲すれば先ず馬を射よとばかりに緑ちゃんに接近してみたり……(ムフフフ)。
でも何をやっても駄目なんですけどね、黒さんの視界には緑ちゃんしかいないので。
その報われないヘタレ気味のオチさえ愛しく感じる辺り、トコトン私ってヤツぁショボかったり草臥れてたりするオヤジが好きなんだなー。うん、しみじみ好きだ。
影さんにはもうこのまま、ずーーっと黒さん一途でズッコケ続けて欲しい!(笑)
しかし、1巻のラストでクサカゲロウの草さん(水干姿のツンデレ美少年風)が登場したことにより私の望む方向とは違うことになるかも。いやーーん(涙)。
じゃ、じゃあ、せめて成長した緑ちゃんが黒さんを攻めるリバはどーですか!?
え、これもダメ!?わーん、やっぱり私の好みは茨道なんだーーっ!!(泣)

「……いや、そもそもアンタが間違ってるんだよ」
ツッコミありがとうございます……(涙きらりん)。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。