2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2008.12.19

それでも夫婦!?と言われるかもしれないが、私とオットの趣味はことごとく合わない。
とは言っても全く重なるところがなかったらお付き合いの継続は難しいわけで、交際の初期から互いの落ち着くところ、妥協点を探しながら今までやってきた。
最初に、モメにモメたのが映画デート。
互いに観たいもの観たくないものを譲らず、情報誌を見ながら延々「これは?」「イヤ」「じゃ、こっちは?」「えーっ」「じゃあ、どれ!?」「これがいい!」「それは絶対イヤ!」……。
今そんなカップルを見掛けたら(いつまでもやってろ…!)と毒づくとこですな(笑)。
で、そこから幾星霜経っても趣味というのは急激に変わるものではないので、未だにTV番組でモメます。いつまでも若い、というより進歩が無い!お恥ずかしい限りです……。

さて、或る週末の昼下がり。 珍しくちょっと時間があったので一緒にTVでも観ようか、しかし例によって一緒に観られるプログラムがあるのか…などと番組をチェックしたら『あいぼう』(←本当は漢字のタイトル)がある!これなら互いにOKというわけで円満に観始めたのですが……。

タイトルを見て、二次創作(妄想)をご存知の方は「ははーん…!」と思われるかもしれませんが、私は主役の二人でやおい妄想は致しません(二次のサイトをウハウハ喜んで読んだことはある)。
しませんが、この番組に時々登場する“Pるいーたー”氏には彼が初登場した時の内容を思い出してしまい、ふんがー(鼻息)となってしまいます。邪な眼で見ているせいか、地味目の役者さんなのにミョ~な色気を感じてしまうのです。間違ってますよね、すみませんすみません!(汗)

果たして…、Pるいーたー氏が登場する話だった!
内心(ぅああ…)と悶えながらもソファに座るオットとは距離を取った椅子に座って観ておりました。
ドラマも中盤に差し掛かった頃、CMが入ったところでオットが
「ニコちゃん、今 もえてるだろ?
へ?
「もえてるったって火がボウボウの“燃え”てるじゃないよ? 萌え~の“萌え”てるだよ!?」
ななななな何を言い出すんだ、この男は!?
「さっきから眼鏡の男が登場するたびに萌えている!!

いやあああああああーーーーーーっっっ!!!

…………何の為に隣りに座らず、普段と変わらぬように振舞った(つもりだった)のか?
それは、“機を織る姿は絶対に見るな”と注意した鶴同様、ハダカの私を見ないで!!って気持ちがあったからだと思う(この場合のハダカとは“見られたくない姿”くらいの意味です)。
それにしても何でバレたんだろう? おかしなポーズとか動作をしていたんだろうか?(挙動不審)
「ううん。何かね、出てた」
出てたって、何が?
「オーラっていうか、熱っていうか。こう、モヤ~っと」
そんなもんが見えるのか!? はっ!表情? 表情じゃないの!?
「表情っていうより……やっぱりオーラだよ。 オーラみたいなもんが滲み出てた」

私にそんな通常とは違うものを発生させる力があるなんて知らなかったよ!
っていうか一体カラダの中で何を醸しているんだ? これも腐の力?
すっかり動揺した私を置いてストーリーはどんどん進んでいき、気がついたらラスト。 私の一番の萌えキャラ“Oのだこーけん”と“Pるいーたー”氏が、“Uきょう”さんを巡っての鞘当てめいた会話を交わしているではないか!
ああ、また私から何かが大量に発生してる~~~!!!
そしてそれを止めることが出来なーーい!(泣)

こうしてドラマは終わりました。
おかしな事に、最初から観ていたにも関わらずストーリーが全く思い出せません。
いやホントにどんな話だったっけ?
腐女子バレしているのは“物凄くラク”な反面、時には“消し去りたいほどの恥辱ぷれい”となることもあるのです。 何事も一長一短ある。
人生また一つ勉強になりました。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。