2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2009.01.30

昨年の非BL作品(小説・まんが・映画)についても何か書こうかなーとグズグズしているうちにもう1月も末だ。スローなること亀の如し。
小説はロクに読んでいなかったし、まんがについては取り扱っているところも多いのでまあいいかと思うのだが、LGFF(レズゲイ映画祭)については滅多に見掛けないだけに何か、と考えてしまう。
しかし何を言っても皆さんに観ていただける確率は宝くじが当たるくらいに低そう。興味の有無はともかく、入手方法が分からないもんね(国内の取り扱いが不明)。ネットで取り寄せられるものもあるかもしれないが煩雑な手間を考えると二の足を踏むでしょうし(更に、私の場合、字幕無しの鑑賞は無理っす)。
と考えていたら 『後悔なんてしない』DVDが1月23日に発売&レンタル開始になったそうです。
私の拙い記事ではナンノコッチャでしょうが、これは是非一人ではなく数人で観ていただきたい映画です。
というより絶対に一人で観ちゃダメ!(笑) 観終わったら誰かと話したくなること必定だから(その前に、観ながらついつい突っ込んじゃう可能性高し)。
オフ会会場がDVDの試聴可能なら絶好の機会です、話が盛り上がること請け合い!
密林くんでも取り扱っていて早速レビューが寄せられていますが、寄せられた感想が極端に分かれているのがおかしい(失礼!)。けど頷けます、これはもう十人十色の感想が出る作品だと思うから。
機会を設けて(お友だちと一緒に)是非是非レンタル視聴してみてー! 色んな感想が聞いてみたーい。

尚、昨年のLGFF参加作品(6本しか観ていませんが)で私的オススメなのは 『シェルター』 です(前述の密林くんレビューでも引き合いに出されていますね)。これは本当に良かった。
話の要素のビターとスイートのバランスが素晴らしく、小説でいうところの“読後感が良い”作品て感じ。
何でかって考えたら、前向きに幸せを掴もうとする登場人物たちに好感が持てるからなんだな(主人公のお姉ちゃんにはチョット…)。幸せにはなりたいけど人を押し退け踏み付けはしたくない、周囲の皆にも幸せになって欲しい、と彼らが考えているのが分かるから、爽やかに感じるんだよね。
話は一種の“擬似家族もの”(大好物)に収束していく。この辺り、子供(甥っ子)を単なる話の道具としていないところも好感がもてます。大変宜しい。ああ、また観たいなあー。

そして、一番お勉強になったのは 『ヒストリー・オブ・ゲイシネマ』 でした。
これは、いつかNほKがBSか教育chあたりで放送してくれそうな気がします(笑)。
それにしても彼我の倫理感の違いは大きい!
これは単純に日本がユルイとか寛容だというより、やはりあちらの宗教の影響 “支配力”が圧倒的なんだなと思う。
例えば嫌悪感の強い人はいても、それが絶対悪だという観念まで持つ人がどれほどいるのか?
物凄くくだけた表現でふざけ過ぎだと怒られるかもしれないが、その宗教の生まれた土壌が厳しい風土であればあるほど、“無駄ダマを撃つのは悪”という概念が生まれたのかもしれない、と考えてしまった。
あ、お勉強とは別に、色々と面白い映像もありますよー!(ティルダ・スウィントンが素敵)

今年のLGFFも楽しみだー!!



 * UPし損なってました。すみません。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。