2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身辺のぐだぐだ事情が続き、小説の読書量は超低空飛行をたどっております。
あ、もちろんBL小説です。非BL小説なんてすっかりご無沙汰だよう。
その憂さを晴らすようにコミックばかりを読んでます。だって一冊の読書時間が全然違うもん!私は中断するのが嫌いなんです。←ウソつけ。鳥頭で忘れちゃうんだろう!
非BLのまんがも読んでますが、ハガレンなどを読んでいても相変わらず二次妄想が起きません。他に言い換える言葉が見つからないだけで、やっぱり自分は腐女子とは言い難いんじゃなかろうか。うーむ
では最近読んで印象に残った本を幾つか。

『STAY』シリーズ以降、面白さが復活した(と思う)西炯子さんの 『娚の一生 (おとこのいっしょう) ①』。
(「娚」なんて字があるのか?と思ったら密林くんに表記があったのでコピペしました。漢字検索でも出てくるのですが、“読み”は空欄。はて?)
タイトルの文字に、もしかしてBL寄り?との考えが頭を過ぎったことは否定しません(汗)。でも違いました。三十路半ば過ぎの女と五十過ぎの男との もしかしたら恋愛となるかもしれない、というお話。オビの「無自覚的カレセン・ラブロマン!?」の“カレセン”とは“枯れ専”のことなのか。
主人公・つぐみが“出来る人間なのだが何となく捉えにくい淡々としたタイプ”であるのに加えて、お相手(?)の海江田もその上を行く飄々とした喰えないオヤジで、なかなか“The恋愛”にはならないのです。1巻は関係が とーっても ゆーっくり近付いていき、あわや!?というところで終わるのだった。むむっ
繰り返しになりますが、海江田がねー、BLだったら「喰えないオヤジ(ややシルバー寄り)好き」にとっては物凄いご馳走になるところなんだけどねー。BLじゃないんだよねー。容姿はともかく、O野田@相棒っぽいと言ったらいいか。なのでBL一筋の方にはオススメしません(笑)。
リアルなんだけど地上から数cm浮いているような雰囲気の少女まんが(一応)なので、読む人を選ぶタイプの作品かもしれません(インディーズ映画みたい)。でも非BL作品においては生々しい恋愛ものが苦手な私には面白く読めました。今後の展開が気になる。

つい涙してしまったのが、秋元康の小説『象の背中』中のキャラを使ってのスピンオフで、ストーリーは作者のオリジナルだという 『象の背中 ~秘密~』(御徒町鳩)。
余命一年を宣告された主人公が人生、特に恋人との想い出を振り返ってノートに綴っていく――そんな お涙頂戴のストーリーなんていつもだったら絶対に手を出さないのですが、なぜ読む気になったかと言うと作者が “御徒町鳩 (おかちまち はと)=松本ミーコハウスさん”だから!
御徒町鳩がミーコさんの非BL作品用名義と教わってから、いつか読もうと思っていたのです。
御徒町鳩名義で3月に出た『みどりのまきば ①』も、『いまどきのこども』を時代を変えてミーコさんテイストにした感じで面白かったのでこちらにも手を出した次第です。
涙したと言いましたが、号泣してスッキリしてお終い!とは ならない。何だかいつまでも彼らの想いが身の内を浸しているような感じです。主人公のエリートらしい抑制された語り口が、後を引く要因なんじゃないかしら。
それからヒロインが「ちょっとヒッピーなタフ☆ガール」(作者談)で、主人公とは鮮やかな対比となるのも宜しい。彼女がとても魅力的なので、主人公が取る行動についても頷けました。
ついBLの話になっちゃうけど、これがBL作品だったら脱水症状を起こす読者が続出すると思う。ハッピーエンドに慣れきっているからねえ。
ハンサムガールが登場する話が好きな人にはオススメです。

『青い芝生と甘い水』を読んで、やっぱりコッチも読んどこうと思ったのが有間しのぶさんの『モンキー・パトロール』(彼女の非BLにおける代表作、ですよね?)。
強烈な個性の持ち主、ヤイチ、すず、香ちゃんとそのお友だちが繰り広げる日常と恋の話。
かーなーりお下劣な下ネタもありますが、独身女性の心理を捉えたセリフや恋に踊らされる人間の有り様が描かれていて、なるほど面白い。主要な三人の中に友人知人や自分の断片を見つけるのも興味深い。
私の場合はすず!えっ、あんなフェロモ~ン!?と私を知っている人も知らない人もギョッとなるだろうけど、その点は全然合っていません!!(断言) 掃除嫌いで基本的に何もしたくない人間というところがクリソツなんです。 ハッ!それじゃ単なる人間失格…、ぅおおお(号泣)
そしてヤイチ。いえあのワタクシ下ネタは口にしませんことよ? でもおねえちゃん達を見る視線がどうやらオヤジくさい、らしいんです(無自覚)。
ええーっ、違うよ!オヤジには下心があるじゃん!私には無いよ!純粋に目の保養だよ?と抵抗したのですが、「目の保養」と言った時点でアウトらしい。ワンコやニャンコ、Babyを見て「可愛い!」って言うのと どこが違うんだろう、ブツブツ……。ごめんなさい、横道にそれました。
そうそう、『灼熱アバンチュール』の朔夜もチラリと出てきます(兄の玄夜が主要キャラの一人なのだ)。『灼熱』との時間軸はどうなっているのか?など『灼熱』ファンには別の楽しみ方もあり。
にしても、早よ 3巻 出してぇーな!(結局はそこか)




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。