2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヲタ話よもやま  2009.06.30

どーしよーかなー…と考えながら つい 買っちゃったよ 『M-にんぐ・つー』。
COPPERS小冊子 ← もちろんお目当てはコレだっ。
   「特別付録」(右側・緑の小冊子)です。
   パッと見は同人誌のようでしょ?
   これが付いて420円。
   一般誌とはパイの大きさが違うとはいえ羨ましくなるお値段。
   「だから “つい”購入しちゃった」というのは自制の効かないダメ人間
   の言い訳ですね……(汗)。

それにしても私は、「特別」とか「限定」とかの単語に弱い! 弱過ぎる! 赤子の手をひねるよりも簡単、チョロ過ぎだ。「特典」とかも ちょっとヤバイし、「小冊子」は もはや“悪魔の呪文”にしか思えない……!
でもノっちゃうんだよなー。
そうして手に入れた限定版や特別付録が“その対価に見合ったものか?”というと 結構 ビミョーな時もある(汗)のだが、大ヒットもあったりするので転がされ続けている訳だ。
ちなみに、今回の「特別付録」は“合格”でした(えらそーに)。

もう一冊、“つい”フラフラと買ってしまったのが 『メロディ 8月号』。
こちらは「特別読み切り」のせいです。 ハハハ、もう笑うしかない。
TVアニメ化を記念した「その後の『花咲ける青少年』」(樹なつみ)、正味24ページのために600円!(TVアニメは未見) 作者の仰るとおりの“顔見世興行”、華やかでありました。
他には、『大奥』(よしながふみ)や『秘密』(清水玲子)が面白かったから、まあ、いいや。
目的があって購入したとはいえ、せっかく買った本がスカだと悲しいもんね。
……って、考えてみたら、今月は もう一冊 「小冊子」絡みで買ってるではないか。
他に購入動機はないんかーい!と叫ぶのも むなしい。
全国の“ペーパー&小冊子ダンサーズ”の皆さんは私が何を買ったか、もうお分かりですね。
そう、「特製書き下ろし小冊子」の応募のために『Chara 8月号』を購入いたしました。
そして購入後、何とか元を取ろうと足掻いたことも ご報告します。
だって連載作品ばかりで読めるトコ少な過ぎっ! 去年も同じことをした気がするのですが、この連載作品主体の雑誌を買わせる手法は何とかならないものでしょうか?
<読みきり>の1本も載せるという“サービス精神”か、せめて<イチオシ新連載作品を ぶつけて来る>くらいの“攻めの姿勢”があってもいいんじゃない? この月だけ売り上げが増えても、それは本当の意味での販売促進に繋がらないと思うのですが。
単行本派の私が言うことじゃないかもしれないけど、どうせ買うのなら次号も買いたくなるような雑誌であって欲しい、ってこと。 要は「いい買い物した!」って思わせて欲しいのです。 それが商売というものではないかと思うし、本当の“特別”になるんじゃないでしょうか。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。