2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヲタ話よもやま  2009.09.15

「これは最早 マンガではない」
「マンガを越えたマンガ」
「ただのマンガと思うな」 ………エトセトラ、エトセトラ。

もう、こういう言説には いい加減うんざりです。
マンガはマンガ!ただのマンガなんだよ!
言ってる当事者は褒めてるつもりなのかもしれないけど、マンガというジャンルを貶めた言い方は結局その褒めているつもりの作品をも貶めることになると思う。
素晴らしい小説もあればくだらない小説もあるように、素晴らしいマンガもあればくだらないマンガもある。
でも、素晴らしいマンガも くだらないマンガも「マンガ」――全て“ただのマンガ”なのだ。
感動した、感銘を受けた作品が、ただのマンガであって何がいけない? 何がイヤなのだろう?
ただの、でも、素晴らしいマンガ作品だった、それでいいじゃないか。
プロだったらマンガ読みも納得できるフレーズを書いてください。

今まで散々言われてきたのに、未だにこうした表現がなされるのは、やはり厳然としたヒエラルキーが存在するってことなんでしょうね。
金儲けのタネになる時だけ持ち上げんなー!とマンガ読みは思うのでした。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。