2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訃報というものはどんな人のものであれ切ない気持ちになる。
それが人となりを知る人、或いは業績を知る人となれば尚のことだと思う。
最近では“春日部の幼稚園児しんちゃん”という秀抜なキャラを生み出した方の突然の報に驚かされた。
雑誌派にしては珍しく、数冊の単行本を所持しているオットも「ショックだ」と呟いていた。

さて、大人向けの雑誌で連載していたこの作品が子供たちにも大受けして全国区になったのはTVアニメの功績といって差し支えないだろう。
更に翌年からは劇場版(映画)も製作されるようになった(年に一作)。
この映画が実はクセモノ。

私がまだ会社勤めをしていた頃、ストレスに満ちた仕事に嫌気が差した同僚が叫んだ。
「笑える映画が観たい! 馬鹿馬鹿しければ馬鹿馬鹿しいほど いい!」
それに賛同したもう一人とチョイスしたのが “しんちゃん”映画だったのだが、聞いて驚いた。
二人ともかなーり年上のオタ臭ふんぷんたる私と仲良くしてくれる気のいい後輩だが、妙齢の女性(二十代前半)で“銀座OL”という括りに負けない容姿・ファッションなんですよ?
そんなお嬢さんたちが、元気なお子たちと少々げんなりしながら引率している保護者に混じって観るの?しんちゃんを? 本当~?
「いいんですよ、くだらないくらい馬鹿馬鹿しい面白さのものが観たいんですから」
へえー、TVでちょいと摘まみ食いならともかく、劇場まで行くかね。 まあ、憂さ晴らしならそれもアリか。
ところが後日。
「しんちゃん面白かったですよ! いや、ま、基本は馬鹿馬鹿しくて笑っちゃうんだけど、それだけじゃないって言うか。 ギャグとか本当くだらないんですけど(笑)」
「いやあ、目論み通りくだらなさにゲラゲラ笑ってたんですけどね、侮れない。 うん、侮れませんよー」
そして彼女たちは翌年から新作が公開されると観に行くようになった……。
私も誘われましたが観に行かなかったのは世のお母さんたち同様、しんちゃんに困惑しているところがあったからです。
お母さんは、まだいいですよ、幼いお子さんでしょ? 憎たらしいクチを利いても可愛い我が子じゃないですか。 しかし中年のオヤジが しんちゃんごっこする妻の心境たるや……! くぅっ…(涙目)
「そんなに怒るなよ、くろニコォー。 化粧にヒビが入るぞう」
「くろニコの尻はデカイ尻~♪ あ、ふりふり~」
ファイヤー!! (あ、言っときますが さすがに“ぞうさん”は やりませんでした。 半端モノめ)

それから幾年月。
或る日、どうした気まぐれか、オットがTV放送される “しんちゃん映画”を観たいと言い出しました。 これもお付き合いと一緒に観始めたのですが、これが面白かった!
冒頭に或るものがドーンと映り、これに「エッ!?」と思わされて引き込まれてしまったのです。
それが、現在公開されている映画『BALLAD』の原作となった『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』…ではなく、その前年の作品『嵐を呼ぶ モーレツ!大人帝国の逆襲』でした。
ハッキリ言いましょう。
その後、数本観ましたが、大人が観て面白いのは『戦国大合戦』ではなく、『大人帝国の逆襲』です!
『戦国大合戦』は悲恋の部分と史実に基づいた“カッコ悪い戦闘”が子供向けとしては画期的ですが、アニメにしなくても良かったのでは?というのが私たちの所感です。
実写でもいいような話をわざわざアニメに、“しんちゃん”にする必要があったのかと思ってしまうのです。
その点、『大人帝国の逆襲』はアニメでなくてはならないのであり“しんちゃん”である必要がありました
アニメでなくてはならない、とは何もマニア向け・一部の数寄者相手の表現を駆使しているということではありません。 子供も楽しめ、一緒に観る非オタの大人も楽しめます。 いえ、むしろ大人の方が より楽しめるかも。
そして、かつて同僚たちが言っていた「侮れない」部分が一番発揮されている作品だと思います。
また、“しんちゃん”ですからミヤザキハヤオ的な世界とは大きな隔たりがあります。
先ずは騙されたと思ってビデオ・DVDを借りて観て欲しい(カットされてちゃ駄目)。
普段はアニメなんて観ないという方こそ観て欲しい。 いえ、観るべし!
人の子で、尚且つ人の子の親である方も、観るべし!観るべし!
そして、大阪万博やその時代が薄っすらとでも記憶にある方は絶対に
観るべし!観るべし!観るべし!
小さなお子さんと或る年代の大人向けに作られた奇跡のような一本です(ホメ過ぎたか~)。


原作者はどんな気持ちでこの作品を観たのでしょうか。 合掌



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。