2017.06 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.08

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Favorites  2010.01.18

2009年は自分でも情け無いくらい読書量が落ちた一年でした。 恥ずかしくて概数も言えないくらいです。 なので、
(そんなに分母が小さいのに、ベスト10発表ておかしくないか? だけど好きだ好きだと言いながらBL作品について述べる機会が少ないのもどうなんだ。 おまけに他人さまの年間ベストを拝見するのは好きなくせに、自分はスルーってのもずるい気がする……うーん、うーん…)
と悩んだ結果、とにかく理屈抜きに好きだと思う【偏愛ベスト作品】については数を絞り、その他の面白かったものや気になったものについてはそれぞれ部門賞を設けることとしました(今までと何が違うのやんけ?という声はスルー)。 結果、物凄く長くなってしまいました、スミマセン(汗)。
何れにしろ主観的なチョイスですので、作品の完成度や「オススメ!」とは異なりますことをご理解くださいませ。
* 09年内に読了したものから選んでいます(再読本は含まず)。


       ~ 2009年偏愛BL小説セレクション ~

【2009年私的偏愛BL小説ベスト3】 ~とにかく好きなんだ~ (作者名五十音順)
  『最果ての空』 英田サキ
  『真音』1~2巻 谷崎泉
  『花の残像』/『花の慟哭』 夜光花
この三つはどれも、作品自体が好きであり愛しい。それは萌えとは少し違う気がする。

 『最果て~』 義兄こと篠塚で本が出ると聞いた時は狼狽した。 お恥ずかしい話だが「義兄は聖域なのにー!!手を付けないでぇー(泣)」と叫んだくらいだ。 それでも納まらず、どうしてもBLにするなら「義兄を幸せにしてー、不幸にしないでー(息が続く限りリピート)」と片隅で呟いたり(叫んだり)もした。 愚かであった。 読後、英田さんを作家としてもっと信用すべきだったと反省。 BLのお約束からは大きく外れるかもしれないが、長きに亘って真摯に登場人物と向き合っていればこその物語であった。 「贅沢なファンブック」という言葉を目にしたが至言であると思う。

 『真音』 完結編(3巻)がまだ出ていないが、この作品の持つ雰囲気が堪らなく好きなのだ。 『六本木夜間診療所』シリーズ(檜原まり子)同様、私はこういう“日当たりの悪そーなお話”が本当に好きなんだな。 ヤクザは出てくるけどノワールとかクライムとは違う、こういうBLがもっと読みたい。 凪良ゆうさんの作品に近いモノを感じるんだけど、凪良作品は もうちょっとモラル・良識が強いように思える。 無頼のエッセンスが足りないというか。 完結編が待ち遠しいけど、まだ終わって欲しくない(雑誌掲載は終了済)くらい好きな作品。

 「お花ちゃん残酷ものがたり」こと『花の~』全2冊は『凍る月』シリーズのスピンオフ。 ファンタジー設定なので読者を選ぶかもしれない。 私は本編以上にこちらに悶え&萌えた。 健気受というやつが私には胡散臭く感じられて好きではないのだが、本作の受たんはOK。 隔離されて育ったが無菌状態ではなかったことから考えれば、健気受というより天然受と呼んだ方がいいのかもしれない。 脇に配した人物を含めご馳走の1冊いや2冊であった。

【期待の星賞】
  『初恋姫』 凪良ゆう
典雅さん、榎田さん達は別にして、BL小説のコメディを舐めておりました。 ごめんなさい。
一読して「ヒットォーーーッッ!!」と叫んだ作品。 シリアス系は読んでおり好感を持っていたが、コメディも達者とは! 早速『花嫁はマリッジブルー』、『花嫁は今夜もブルー』も読み、『今夜もブルー』掲載のSS(非BLカップルが主役!)の、最後の一行に馬鹿笑いしました。 硬軟どちらの系統も作家買いに昇格。

【胸キュン賞】
  『夏服』 杉原理生
波乱万丈なドラマとかドロドロ執着ものとかも好きだが、最近は青くて甘酸っぱい話もいいなあと思うようになった(まぶしいよ…)。 とはいえ何でもいいわけではない。 さりげなくその世代を追想させてくれる上手さのあるものが好ましく、青いなりの成長譚であって欲しい。 その点、本作は胸をキュンキュンさせてくれながら歳月をも振り返らせてジンと来るのが良かった。 文庫化に伴いイラストレーターが交替、雑誌掲載時の山田ユギたんだとオスガキという感じだったがテクノサマタさんだと可愛らしさが勝る。

【加齢も悪くないで賞】
 ① 『オレ以外立入禁止っ!』 月夜野亮
 ② 『はつ恋』 榎田尤利
 ③ 『優しい罠』 剛しいら
自分が歳を取ってみないと実感出来ないことがある。
①はコメディ仕立てだが身過ぎ世過ぎを経るうちに味った焦りと諦めを思い出させられ、②では “若い(幼い)頃には見えないものがあった”ことを再確認させられた。 どちらも、苦く切ない痛みを伴ったストーリーを面白く読ませてくれて満足。 尚、①が勝っているのは苦さである(当社比)。
まだ③で書かれたような境地にはなっていないが(笑)、“こういうことも在りえる”かも、と感じられるようになったということでエントリーした。 剛先生は今後、単にジジが受けたり攻めたりするのではない、老境BLをも探究されていくおつもりなのか。


【企画賞】
『夏の塩』/『夏の子供』 榎田尤利 ――― ハードカバー装丁による復刊という手法に驚いた。
『花芽と狼』 須和雪里 ――― よくぞ復活してくれた! 筆を取らせた編集さんGJ。
BLというより御伽草子のようである。 また須和さんの作風の変化 ―― 恋愛を描いていてもどうしようもない寂寥感があったが、本作には温もりが加わった ―― に歳月を感じた。 純然たるBLとは言い難いかもしれないが、私は評価したい。

【グッドあらすじ賞】
  『嘘と誤解は恋のせい』 小林典雅
  <次点> 『はつ恋』 榎田尤利
裏表紙や広告スペースに載るあらすじは、どうやら編集さんが書いているらしい…が、大切なコピーも兼ねているくせに内容とトゥーマッチな代物をよく見掛ける。 中には「てめっフザけんな!ホントに読んだのか!?どーゆー誤読脳してんだよ、編集なんか辞めちまえ!!」と叫びたくなるようなものさえあるのが実情。 煽って買わせたいにしても酷すぎる。
そんな中、『嘘と誤解~』は“内容とリンクした手法”で、尚且つ好奇心をかき立てられ、読後は納得!の優れたあらすじ(?)であった。
次点の『はつ恋』は敢えて“間違ってはいないが或る種のミス・リーディングを起こさせる書き方”をしていて良かったが、アッと言わせる新機軸であったという点で『嘘と誤解~』が一頭地抜いた形となった。

【ブレイク御礼賞】
  『嘘と誤解は恋のせい』 小林典雅
アレコレやったことがブレイクに繋がったとは1ミクロンも考えてはいない。 今回の大手柄はイラストに小椋ムクさんを起用した編集さんと、期待に応えたムクたんである。 もちろん一番の要因は典雅さんの作品が面白かったからこそ!だ。 今後は下手な応援企画はせず、新刊告知をするくらいにしようと考えている。

【作品賞】 ~面白かったー!~ (作者名五十音順)
  『交渉人は振り返る』 榎田尤利
  『空色スピカ』/『流星シロップ』 かわい有美子
  『龍の兄弟、Dr.の同志』 樹生かなめ
  『嘘と誤解は恋のせい』 小林典雅
  『愛と混乱のレストラン』全3巻 高遠琉加 (2008~09年発行)
 <おまけ> 『成澤准教授の最後の恋』 高遠琉加
意外性のないラインナップで、すみません! でも面白くて好きな作品となると どうしてもこうなってしまうのだ。

 『交渉人~』 もはや説明は いらないでしょう。 軽妙な語り口に奥行のある物語。 シリーズ作でありながら一作一作を読ませる巧みさ。 今後が益々楽しみ。

 『空色』/『流星』 異なったカップルによる独立した作品なれど半寮制の学校を舞台にしたシリーズものと勝手に判定。 年長世代には堪らない“くすぐり”が随所にある可愛い『空色』、キレイな王子さまの内に潜む女度と黒さにゾクゾクさせられる『流星』。 ええコンビや~。

 「アラブ 湯けむり旅情殺人事件」こと『龍の兄弟、Dr.の同志』(くそう、略し難いぜ)はシリーズのスピンオフだが、単独で充分 楽しめる作品だと思う(シリーズを読んでると題名の意味がよく分かる)。 アラブもののテンプレ部分と定石を外した部分のマッチングが実に良かった。 それにしても最後までお床が下手(らしい)な王子って、どうよ!(笑) そんな破天荒な設定でも ちゃんと物語があって、彼らが可愛く思えてくるお話でした。

 『嘘と誤解~』 記事では色々言ってますが面白いんです! それは間違いない。

 『愛と混乱~』 元々好きな作家さんだったが、作品的には勿体ないなあと思っていた。 私見ですが、整理が下手というか刈り込みが足らないというか。 その鬱蒼とした様も好きな人間には愛しいのだが。 本作ではその点が一気に解消された。 余勢を駆ってか年末に出た『成澤准教授~』(通称:ナルナル/笑)は びっくりする上手さ。 好きな設定が幾つも組み合わされているのに もたれず、端正な印象すらある。 文句なしにランクインとしたかったが、発行が2010年付になっている為<おまけ>とした。

【特別功労賞】
   かわい有美子さん ―― 年間を通して佳作を執筆されたこと
  <『空色スピカ』、『夢にも逢いみん』、『流星シロップ』、『いとし、いとしという心』1~2、
   『未成年。』文庫版、『上海』改稿文庫版>
好みの問題だけで、ノベルズの4タイトルはどれがベスト作品に上がっても納得のクォリティだった。 改稿された『上海』も、以前の作品がプロットを読まされているような印象だったのが嘘のような出来で嬉しい驚き。 素晴らしい充実の作品群を送り出してくださった かわい先生に感謝!


ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
今年もたくさんの良作と出会える(読める/涙)ことを願って……!!





 <番外・ちょっと一言>
『恋ひめやも』 英田サキ ――― 地味、いいじゃない! いわゆる“らしい”作品以外では苦戦が目立つ英田さんだが、これはいいと思う。 頑張れ!
『征服者は貴公子に跪く』 いつき朔夜 ――― ヨーロッパの古城に住む美貌の貴族を扱いながら地味な印象の本作。 味わい深くて好きな作品だが、いつきさんにはそろそろ手堅いだけではない“何か”を見せて欲しい。
『堕ちゆく者の記録』 秀香穂里 ――― 大変興味深く読み、映画『コレクター』の元となっている小説『コレクター』を思い出した。 エンドの違いは、男女の精神性の違いなのか、BLというジャンルの特異性なのか。
『茅島氏の優雅な生活』全3巻 遠野春日 ――― 優雅なティータイムのような作品。
『ruin ―緑の日々―』 六青みつみ ――― 前作『ruin ―傷―』は斜め読みしか出来なかったヘタレだが、こちらには癒された。 オレ、疲れてる?



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。