2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FESTIVAL  2007.04.05

絶賛開催中!!
 共同企画 【春の鳩ぽっぽ祭り】

≪要は鳩村さんの新刊が大当たりだったのに気を良くして、皆で
 お気に入りの鳩村作品を更にプッシュしよう!ということです≫

BL系ブログにおける大先輩・たまさんよりお誘いをいただきました。ありがとうございます。
初のBLレビューでいきなりの大事にいささか緊張気味でございます(滝汗)。

拙宅での共同企画参加作品は
『ドアをノックするのは誰?』
レビューUP後に再読中なのですがやはりイイです、この作品。一度自分なりにまとめたので再読すると更に構造がくっきりと見えてきて鳩村さんの上手さにうならされます。そして各所で聞かれる「泣き」の訴えにうなずかされるのです。頼久の心の中の虫が私の胸までかむのです(泣)。

そして(私がご紹介するのもおこがましいですが)、共同企画参加ブログさんはこちら!
皆さんのそれぞれの語り口で鳩村作品をレビュー。萌えドコロもそれぞれで、なるほどォ!と思わされます。

たまさんの読書日記(管理人:たまさん)
『ドアをノックするのは誰?』
『君の心を眠らせないで』

三十路のBL読書日記(管理人:アラスカさん)
こちらは三作品まとめて
『ドアをノックするのは誰?』
『追憶のキスを君は奪う』
『愛と仁義に生きるのさ』


桃香、初めてのBLブログ(管理人:桃香さん)
『ドアをノックするのは誰?』
『絶対に負けない恋愛』



それから以下は私がレビューUP時に語りきれなかった「大人に読んで欲しい」(「R-30指定」にしたいくらい)理由をズバリ!語ってくれたチロさんのメールを、ご本人の承諾を得て載せています。
だから子供は下記を読んじゃダメよん♪(怒らない人だけ読んでもいいです←弱気/笑)

[追記]
~チロさんからのメール~
「(前略)
私は今回の年齢設定に一人感じ入ってしまいました。
もちろん、高年齢というだけで萌え~☆なんだけど、この年齢(設定)である必然も感じるの。

甲田は自分の出自のせいもあり、結婚する気も真剣な恋愛もする気がない。でも、まだ全く可能性がないわけじゃない、これが「三十代」ならば。
41歳の甲田は、ステージから全く降りてしまった感じがする。(その彼がこの歳でラブに嵌まる!)
で、終盤いい歳した大人の男が、大人になり切れなかった自分を恥じる訳だけど、やっぱ、「四十代」だと恥じると思うよ。
一方、頼久。弟妹が独立しても子離れできない。
もし、彼がまだ「二十代」だったなら、もう少し切り替えがうまく出来たかもしれない。しかし、33歳。人生をやり直すには思ったより困難であったろう。

もちろん、何かをやるのに人の年齢なんて全く無意味だけど、物語として読むなら話が違う。
これが、甲田(36歳)×頼久(28歳)ならば、物語の重みが全く違ったものになったと思う。

やっぱり、年齢って重いな、としみじみしたのでした。
でも、甲田が41歳だから、ヘタレて真剣で微笑ましいんですよね。」

>二十代と三十代、三十代と四十代って確実に変わっていくもんね(黒ニコ)

「そうなのよねっ!
でも、それって自分がそこを実際に通過しないとわかんないよ(実感)」

>うん、うん(ため息)。

<チロさん転載を許可してくれてありがとう。愛してるよ!>



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。