2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『男が男を愛する時』、『ラスト・ワルツ』全2巻、
『ナイトキャップ』、『イロコイ』全3巻、
『ウブ』全2巻(97年9月~06年4月発行)
新田祐克先生が十年の歳月を掛けて完結させた全9巻に亘る「ホスト本(勝手な通称)」の感想です。

<間違っても書評やガイド的な内容とはなり得ません(笑)ので
 ご注意ください*ネタバレ有り*あらすじ無し*>

途中遭難しかけましたが無事生還いたしました。
で、ズバリ結論から申し上げましょう。
神さま、ありがとう。いいモノを読ませていただきました。
ただし、
嵌る、という境地には達しませんでした。

それは何故か?


読書中、クライマックスでは「おおっ?キタ、来たーっ!!」とはやし、登場人物とは一人会話(いわゆるツッコミ)を楽しみました。話は面白く読後には満足感がありました。でも…萌えなかった!(笑)
私の萌えツボとは微妙にスレ違っていたのです。
この“微妙なスレ違い”が曲者です。小さな差異ですが、肩凝りなどに苦しみ、ツボを刺激される心地よさをご存知の方なら分かっていただけるかもしれません。ツボから外れている時のもどかしさ、やるせなさ(無念!)が大変よく似ていると思うからです。いいキャラなのにー!残念。

では主要な3人のキャラについて―――

先ずは新川貴明。私にとって意外だったのはキャラデザ的に好みのタイプではない彼が、読んでみたら贔屓のキャラとなったこと。
それは多分比較の問題だと思うのだけど「彼が一番気持ちに正直だった」(年齢から見ても許せるギリギリ、若さの特権/爆)からだと思う。
ひたすらひたむきに、挙句は刑務所送りか病院行きかと思わせるくらい人を恋い慕う男の姿はまさしくmy好物!

その点で割りを喰ったのは岩城京介。プライドだのなんのと言い訳せずに「好き」のひと言くらいは惜しまず言えよ!また新川との対決は一見「オヤジ対ワンコ」のようだけど、私のオヤジ規定からすると彼はオヤジとして失格です(笑)。くたびれ感が全くちっとも全然そこはかとなくさえ、無い!駄目です。
唯一「いいぞー!」とはしゃがせてくれたのは『イロコイ』での余裕を失った姿。つくづく「人が崩れる瞬間」が好きなんだわ(アクマ?)…。

そしてラスボス鷹秋亮。色恋を商売にしている男達さえ天然で手玉に取る最強の受、下半身がユルい美人――私の好物、の筈なのに何故か萌えさせてくれないニクイ男…。
考えました。考えて考えて晩御飯の支度を忘れるくらい考えました。で行き着いたのが、先に挙げた私の好きな受のタイプに「ポジティブシンキング」(的確な言葉かしら?)の要素が加わると途端に萎える、ということでした。そんなぁ……。

私の好き嫌いはともかく、やはり鷹秋は新川を選ぶであろうと思いますし、考えます。それは私が萎える「ポジティブシンキング」の持ち主だから!(ヤケ)こういう前進への指向が強い人は、自分がユルく楽でいられるところに安住は出来ないでしょう。例え一時まとまったとしても、遅かれ早かれ彼は岩城の下を飛び出したと思います。
そして多くの人をガックリさせた岩城の“結論”(笑)にしても、彼が「共に生きていく(戦っていく)同士」にふさわしいと自分で判断した相手だからこそ(逆説的ではありますが)性別は問わなかったのだと思います。その点、鷹秋に対してはどうしても男を意識してしまい自分の年齢や経験が邪魔をして、イーブンな立ち位置にはなれなかったのですから(破局は)仕方なかったでしょう。

ところで一読目で「ドロドロ感は無い」といって若干名の驚きを誘ったようですが、再読してもやはり感じませんでした。私には「ドロドロ」ではなく煮え立つとか沸き上がる感じの「グラグラ」感の方が圧倒的に強かったです。
それは3人の他の剣崎や石井、江利子ママや鷹秋母といったキャラ達も含めて、登場人物がその人なりに自分や相手と向き合い正直誠実であろうするので変な粘り気を感じないせいではないかしら。ホスト、三角関係といった、どちらかといえばダークな素材を扱いながらも読後感が良いのです、これは驚きでした。
私自身は「嵌った」とも「萌え狂った」とも言えないけど、大変面白く読ませてもらいました。機会があれば一読をオススメします。


最後に、遭難しかけた私に「無理はしなくていいのよ~」と優しい電波を送ってくれた神様へ
色々とお世話になりました、ありがとうございます。
でも正直「グロッキー」は古い…(バコッ!)痛っっ!!
…天罰……?(涙目)



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。