2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2007.06.19

入梅の報もむなしく、空はどんよりするばかり。雨が降っても降らなくても鬱陶しい季節がやってまいりました。
鬱陶しいと言えば、再三申し上げてるので「鬱陶しいわい!」と感じられましょうが、ヘタレな私は家の中でもカバーを掛けてBL本を読んでいます(腐女子バレはしている)。そして相棒在宅時にはヤバそうな物件に手は出さない、と固く心に誓っております。先日もこんな事がありました――

食後の一服、相棒はTV、私はBL、といつもの“まったりTIME”を過ごしていた折も折。
読書している私の後ろを通った相棒が何かに気付いて聞いてきました。
「なんでその本、挿絵が付いてるの?」
あっちゃーーっ!そう来たか!?
「なんでって、こういうものなのよ。ライトノベル系はイラストが付いているものなの」
「えっ、でもこれ小説の文庫本でしょ?普通の文庫本にも付いてるの?」
「だーかーらー!ライトノベル系は!って言ってるでしょ?普通の小説の文庫本には付いてません!」
「ふーん(納得してない、おそらくラノベ自体が分からないと思われる)…。(ニヤリ) 分かった、また変な本読んでるんだ!」
「変な本て何よ!なんだったらこのお話の説明を懇切丁寧にしましょうか!?」
「別にいいよ」(急速に興味を失ったか、TVが見たかったか)

よよよ良かったーーっ!(泣)
この時読んでいたのは『Stand Alone』見られたイラストもやばいシーンではないし、話の内容も(ボカせば)許容範囲と思われる物件。ぎりぎりセーフ?心臓バクバクだよ、もう!

BL読みにとってはもはや常識となっている小説のイラスト、一般人にとっては奇異に映るらしいと改めて気付かされた。そういえば小学校高学年の頃には、挿絵が付いている本なんて子供っぽいと馬鹿にしてたっけ。まさか自分が、その頃の親の歳になっても挿絵付きの本を喜んで読んでいるとは想像もしてなかったに違いない。はあー(ため息)

それにしても、咄嗟によく出たな「ライトノベル系」!(笑)


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。