2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2007.07.05

『DEAD』シリーズから思いついて、刑務所ものBLコミック『アンダーグラウンドホテル』を前回紹介しました(7/3付記事)が、他にも「軍隊」とか「遭難」とか、否応なく(ほぼ)男だけになるオイシイ状況はある!にも関わらず何故かBLでは余り見掛けない気がします(男子校、寄宿舎といったお子様仕様は除く)。ちょっと作品を捜してみましょう(ごそごそ……)。

① 刑務所もの(主要な舞台が所内であること)
小説…『DEADLOCK』英田サキ、『箱の中』木原音瀬
コミック…『アンダーグラウンドホテル』定広美香
追加…『鬼流島カノン』*三岐ともき

② 軍隊もの(なるべく組織内で話が進むもの。含む傭兵)
小説…『2nd Sword』シリーズ*七地寧
コミック…『百日の薔薇』稲荷家房之介、『BLACK SUN』小笠原宇紀、『ファーストミッション』九州男児、『Missing road』*櫻井しゅしゅしゅ、『ハードライン』檀からん
追加…『オレたちに気をつけろ!』シリーズ*高崎ともや、『迷彩天国』*神崎貴至

③ 遭難もの(話の大半が遭難している状況であるもの)
小説…『Don't Worry Mama』木原音瀬
コミック…短編に多数有り(具体名を挙げられずスミマセン)
追加…『無人島ラヴァーズ』*桜井しゅしゅしゅ

 < * は管理人未読につき詳細不明>

えっ、いくら私がBL初級者といえこれしか思いつかないとは!?
少ないとは思っていたが本当にこれっきゃ無いの?(ご教示頂ければ有り難し)
しかしこのような特殊設定でも木原さん強し……(状況から見たら『WELL』も遭難ものといえるかもしれないし)。後は軍隊ものですよー、木原さーん!

①殺伐としている事は確かですが、もっと出てきてもいい気がします。ただし、登場人物が犯罪を犯した者である点で不謹慎の感が拭えないのかもしれない(冤罪の話にすると重いしねー)。
もっとも作家・読者とも萌えの前には無抵抗な気もします。そうでなかったら現在のような「ヤクザもの」というカテゴリーの隆盛は無かったのでは?
設定次第ではまだまだ色々と書ける余地がある、未開拓なカテゴリーではないでしょうか。
(前記の『UGH』作者の定広さんは1巻のあとがきで「なんだか刑務所ってギムナジウムみたい(笑)ガラは悪いけどね」と仰っています。ナルホド。だったら規律にうるさいばっかでなく教育に主眼を置けよ、と言いたくなりますが)

②こちらも未開拓なカテゴリーです。ただ軍隊という集団の特質上、状況がシリアスになるほど“人死に”の可能性が高くなるので、今後とも開拓は難しいかもしれません(現在のBL界では死にネタは厳禁)。なればこそチャレンジャーを求む!
その点、J隊を舞台にした『ファーストミッション』はアイデア勝ちですね(笑)。

③遭難状態が長期に亘るとマジに悲惨な事態になってしまうので(『WELL』みたいに)短編ギャグコミックくらいがBL的にはちょうどいいのかもしれません。

そして現在、BL界にも男臭いワールドのニューウェーブ「漁船もの」が来る気配が!?
古くは小JUNEに『浪の花』(石井妖孤)という漁師もの(?)がありましたが、昨今はより具体的に“閉鎖空間で長期の集団生活”を過ごさざるを得ない「マグロ漁船」なるキーワードが登場し、注目を浴びています(一部で/笑)。果たしてこれは「ヤクザもの」のように一カテゴリーとして定着するのでしょうか?実に興味深い現象です。
私自身はまだピンと来ず萌えないのですが、今後も注意深く観察を続けたいと思います。


<②が有り、なのはあくまでもフィクションの世界でのこと。
  管理人はどのような大義名分があろうとも戦争には反対です>

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。