2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.11

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL関連話  2007.06.28

と、想像されたことはありませんか?

以前の記事で採り上げた「やおい度チェック」(3/16付記事参照)で、120%を叩き出すと<あなたにぴったりの夢――お気に入りの作家に自分が一番萌えるキャラとシチュエーションのマンガを描いてもらう>というコメントが貰えます(やおい度によりコメントは違う)。私自身は萌えキャラやシチュエーションにこだわった作品選択をしないので、このコメントを見た時はピンと来ませんでした。ただし“お気に入りの作家に(中略)描いてもらう”という部分には大いに揺さぶられました。
「○○先生にお仕事を依頼する」 !!
それは素敵それはやりたい!はっ!?これって編集のお仕事?

実際“編集者”という立場になったら「好き」だけではやっていけないわけで、色々と頭を悩ます諸問題が山積みであろうことは想像に難くありません。
自分が良いと思う作品と作家が書きたい(描きたい)作品、読者が望む作品、それぞれの思うところのどこで妥協点を見つけバランスを取るか。
仕事ですから採算も大事です。何しろ生活が懸かっているのです。多少のことには目を瞑る場合も有るでしょう、オトナはつらいのです。
そのうえで次々と降ってくる事務仕事を捌きながら会議や打ち合わせをこなしアイデアを捻り……うわーーっ!頭も体もフル稼働じゃんか!ヌルいOLやってた身にはとてもじゃないけど務まりそうもありません。

嗚呼それでも、こんな本が欲しいよー、読みたいよー!というのはあります。
先ずは大好きな奈良千春さんの画集です。
今まで挿絵として使われたイラストのほか書下ろしのイラストも収録し、なるべく大きな判で作りたい。
もちろんオトナの楽しみ、えろ画も袋とじ付きで!これは売り上げの点から見てもささやかな貢献があると思う。熱狂的ファンで保存用と閲覧用の二冊を買うお客のほか、袋とじを切りたくないばかりについ、もう一冊買ってしまう人間もいるだろうから。
この袋とじ付きのバージョンはR-18(18禁)とし、さらにえろ無しの安心バージョンも十代向けの「廉価版」として製作するのはどうだろう?こちらはこちらでオトナ向けとは違う書き下ろしのイラストを加えるのだ。するとオトナはこちらも買うはず……!あら、どんどん楽しくなってきたわ♪よーし、こうなったら――
小説など奈良さんが関わった他の本とも連動した全プレを企画する。プレゼントは何がいいかしら、やっぱり小冊子?内容は?①連動させた小説の作家さんにSSを書いてもらい奈良さんがまんが化する②挿絵として使われたイラストを小説本より大きな判で収録し、キャララフも追加して設定集のようにまとめる③それとも……。
あ、それから一年後位に今まで出した画集より大きな判のハードカバー・函付きで豪華版も出すのだ。こちらは制作過程を収めたDVD付き!ディープなファン向けにロットナンバーを刻印すると一層購買欲をそそるかもしれない!(わくわく♪)

えっ?なんだかあこぎな商売人のようになってるって?純粋な「好き」という気持ちを失ってるって?ふん、よしとくれ。こちとら慈善事業じゃないんだ。所詮、世の中はカネ!カネなんだ!!
最後は銭コがものをいうんだようぅっ……(涙きらり)。
こんなアタシでもたった一つの夢がある。その夢を実現させる為にもカネはいるんだ。
それは…… 【 続 く 】

「続くんかーーいっ!」

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。