2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 2017.09

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっかり者の新妻・18歳の智生(ともき/専業主夫♂)は、愛する旦那さま(公務員♂)のため今日も料理に家事に奮闘中 そんな健気な奥さまの誰にも言えないヒミツ……それは関東最大のヤクザ組織の跡取りってこと! 平凡な奥さまでいたいという願いむなしく、秘密カジノで、人妻の貞操をかけたギャンブルに挑むことになってしまう。そこで出逢った旦那さまそっくりの闇の帝王キングって……!?(裏表紙あらすじ)


予告されたタイトルを見て「わーい、久しぶりの(単独での)ひちわさん新刊はトンチキだーっ!」と、期待感いっぱいで指折り数えてお待ちしてました。他にもそういう方はいらっしゃったのではないでしょうか?
トンチキ界における『暗黒神話 ~人外魔境編~』の後の孤独な戦い(私の推測です)で相当なダメージを負ったのか発刊の延期もありましたが無事に出て本当に良かったー。
しかしですね、かなりの疲労を伴うダメージは、多少の延期では回復しきれなかったように思えます。
以下、心ならずも辛口&ネタバレ含みに(涙)。

出だしは快調で、往年のTVドラマのように <ごく普通のふたりは ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でもただ一つ、違っていたのは……> と、ナレーションを入れたいくらい。
そして、この出だしからしてトンチキ全開! 何しろこの作品の世界では <18歳で結婚するのは「早い」「家庭に入るのは もったいない」> とは言われても、<男同士で結婚するのは おかしい> とは言われないのです。
そう、先ずはここが入口。入口でつまづいたら全く楽しめないでしょう。これはまさしくトンチキワールド、四角く読んじゃあ ダメダメ☆
新婚さんの日常、先輩主夫とのやり取りから実は極道の血を引く智生と彼に跡目を継いで欲しいかつての配下たちの登場まで、調子よく進んでいく。
なのに、たこ焼き屋のトクさん登場の辺りから もどかしくなっていくのです。
自分の秘密――極道の血を引くことを夫に隠している――を知られたくないと脅え悩む、それは当然。見知った人の身の上を案じ、手を差し伸べようとするのもいいでしょう。でもその辺の描写が真面目なのが いただけない。大仰にシリアスならクスクス笑えるのに、中途半端な感じがしてしまうのです。トンチキとコメディがちぐはぐに縫い合わされたパッチワークみたいというか。或いは、ひちわさんは世界観がトンチキなだけでコメディを書いたつもりなのでしょうか? だとしても成功しているかについては疑問です。
それから普通の結婚生活と誠実な旦那さまを深く愛し大切にしたいと散々言っていながら、肝心の旦那さまとの出会いから結ばれるまでが割愛されているのも首を傾げます。このエピソードがしっかりしていたら、あちこちでチマチマ言わなくとも思いの強さ深さが伝わるし、トンチキが映えるのに。
終盤近くでの、“闇の帝王キングが智生をなぶるシーン”だけが突出して輝いていた(それまでのお行儀のいい夜のシーンに比べて/笑)以外は何かモヤモヤしながら読んだのでした。

なんだかモヤッとした一つの要因として考えられるのは智生の性格設定かも。
母親の口癖が「組員は皆あたしの子供」で、極道の一家とは家族のことと、幼い頃に刷り込まれたとはいえ、係わる人の面倒を見ずにはいられない。極道の血というより家長体質なんだと思う。
プラス、誰かの、もっと言えば愛する人の役に立たないと自分に存在意義が無いように考えている節がある。これは孤独な子供時代のせいか。
これらが半端に雰囲気をシリアス方向に引っ張ったのじゃないかしら。
私見ですが、もっとおバカにならないと健気系とトンチキの相性は難しいと思います。

しつこいようですが私 トンチキは好きなのです。良いトンチキ作品を読むと清々しいくらいに世俗の悩みは はらわれ、スッキリ爽やかに「本当ーっにバカだなあ」と笑うことが出来ます。こういう楽しみ方は他では なかなか得られません。おそらく作者も、たっぷり好き勝手やらせてもらって本当に楽しいんじゃなかろうか。そういう作品に“少々”の整合性や説明不足をただそうとは思いません。それがトンチキ。
でもね、これは読者の身勝手なのですが期待する作家さんにはトンチキといえども多くを望んでしまうのです。ましてアノ『暗黒神話』での、放り出されたネタを拾って拾って繋ぎまくり補強し、思わぬ花を咲かせた手腕を考えると「どうしてーっ?」と言いたくなってしまうのです。どうも一冊でスッキリ終わった気がしないのです。トンチキなストーリーを楽しんでいたはずなのに読後がスッキリしないとは是如何に?
それでも “輝くシーン” があるだけに思います、「本当の新作を書いてーっ!!」と(本作は雑誌掲載作に加筆修正したもの)。 ああ、ひちわさん!やっぱり貴女は焦らしの女王!!
次回作も心よりお待ち申しております♪



雑誌やアンソロの購入に ためらいを感じる――理由は私がケチだからに他なりません。
だって一冊買ってそのうちの何本が当たりなのか、賭けじゃないですか。私は博打も嫌いなのです、損したくないから!(博打とは胴元が損しないようになっている)
しかし何事にも例外はあります。

① 応募者全員サービス(プレゼント)の応募条項に入っている。
② 続きを何が何でも読みたい + 複数の大好き作家作品が掲載されている(下線重要)。
③ 新創刊 + 複数の 好きor気になる作家作品が掲載されている。
④ もしかしたら単行本には収録されないかもしれない作品・記事が載っている(コラボ企画など)。

① 説明不要ですね(私は欲望の踊り子、オーレ♪/汗)。
② 『子連れオオカミ』の次世代編が まさにコレ! ここからハマって次号の麗人も買いました。
③ メロメロや花音DXなど。但し買い続けるケースは稀。
④ もちろん収録されるケースもあるわけで、これも“賭け”です。最近ではリニューアル創刊(とでも言えばいいのか)された『Cab』と『OPERA vol.14』を購入しました。

『Cab』は もちろん木原音瀬さんの小冊子狙い
本誌掲載作での大ヒットはありませんでしたが、買って良かったです。小冊子は2段組74ページと結構なボリュームがあり、次号から連載開始の小椋ムクさんのコミック(原作:木原さん)が単行本化の際も収録される可能性は低いと私は見たんですが どうでしょう?

そして『OPERA』。
これは掲載されている 語シスコさんの「お仕事場探訪記」のお相手が西田東さんだから(コラボとして西田さんも描かれてます) なんて贅沢でステキな組み合わせ なのでしょう!
それから中村明日美子さん『同級生』が“増量50ページ”というのに惹かれたことと、イシノアヤさんの『椿びより』最終回へのご祝儀として購入しました。
予想に違わず、語さんの『ぼんくら日記エボリューション・特別編 <西日本紀行 あの人に会いたい>』(タイトル長過ぎ(笑)/4ページ)と西田さんの『ある日の記録』(短っ/2ページ) は面白かったー!
語さん描く西田さんも、西田さん描く語さんもカッコいい男性なのが何とも……(笑)。 SSのお宅訪問がこうもきっちり作品としてよく出来ていることに感嘆。
もちろん、お二人の(通常の)まんが作品も良かったです。語さんの“菊ちゃんとイチロー”が単行本化される(5/15発売予定)との報も嬉しい。
嬉しいといえば嬉しい驚きだったのが、明日美子さんの『同級生』。
しばらく読まない間にどうなってんのぉーーーっ!?
佐条が佐条がえっらいコトやってくれてんですけどぉーー!! ハアハア
相変わらず可愛い二人なんだけど随分進展しているではありませんか!この二人にしては(笑)。
着実に心身とも関係が深まっていく様子が描かれていて、やっぱりイイねえ君たち。 特に佐条の清潔感あるお色気におばちゃんはメロメロだ。 ラストの一コマなんて額に入れたいくらい素敵で うっとり。
イシノアヤさんについては密かに注目していました。
彼女の作品は、絵柄も相まって淡白すぎるくらいにあっさりして見えますが、中身は薄っぺらくないと思う。薄めの味付けでも おだしがしっかり染み込んだ煮物のようとでもいうか。話に奥行を感じるのです。
こちらの『椿びより』も、単行本化されるそうで(5/28発売予定)とっても楽しみ。待ってて良かった!
(その他の収録作については未読。追々読んでいくつもりです)

今回の2冊以外にも気になっている作品(作家)が掲載されている雑誌・アンソロはあるのだが、全てに手を出すのは どう考えても無理無謀だ☆
“お財布の事情”は もちろんですが、場所が ねえよっ!!(時間も ねえっ)

 【教訓】 良い子はお片付けをしましょう



「 トンキワ会 」 ――― それはこの世のどこかにあるという幻の秘密結社……なんて大層なものではなくて、<トンチキ・キワモノ愛好会>の略称です。
会の意義は、BL作品における素敵なトンチキ・キワモノ本を見つけ出し、みんなと楽しみを分かち合うことにあります。 ブログ管理人なら “自分のブログで発表し、良質のトンキワ本の発掘と普及に努めることが使命です”(“ ”内、会長発言より)。
今日もどこかでトンキワ会は地道な活動を続けている、はずです……。

    ~~ 四月某日 ~~  於 : トンキワ会事務局
書類や原稿、書籍に取り囲まれているA会長。いつにも増して忙しそうである。
A「あー、忙しい忙しい! 一体 Kくんはいつまで休む気なんだ!?まったくもう!」
K「…あのう、来てます……
A「ひっ! い、いつの間に…!?」
K「朝から いました……」
A「全然気付かなかった…(ボーゼン)。 挨拶くらい ちゃんとしなさい! それで、体調もおうちの方も大丈夫なのかい?」
K「はあ、まあ、大丈夫といえば大丈夫、かなあ…」
A「うう、相変わらず煮え切らない返事か!大方休んでいるうちに怠けグセがついて、出てきにくくなったんだろう。 まあいい、出てきたからにはキリキリ働いてもらうよ」
K「はあーい……
A「途端に元気が無くなるのかい! んっ?本当に顔色が悪いな。具合がまだ良くないなら…」
K「いえ、違うんです。昨日読んだ本がキョーレツ過ぎて今日になってもまだゾワゾワするんです~」
A「おっ、キワモノかい? で、当たりかハズレ、どっちだった?」
K「分かりません~。思い出すのもイヤなんですぅ~(涙目)。 せっかく新也作品で床上げに弾みをつけたのに楽しい気分が台無しですぅ~」
A「いいトシしてその甘えた喋り方は止めなさい。 おっ、そうか、君もついに新也美樹さんに手を出したのか。で、何を読んだのかね?」
K「えっと最初が『最強親分』で割りと面白いなあと思って次にネット注文の数合わせにリアル書店では買えないっ!て思った『恋人はマグナム!!』が凄く面白くてコリャいいや!と思って『嫁に来ないか』『嫁に来ないか ~呉服屋の嫁~』読んで新刊の『うちのダーリン英国紳士。』読んで好きだなあと思ったのは『マグナム』と『嫁に~』ですう」
A「ハアーッ…その要領得ない喋り方をしばらくぶりに聞くとやっぱり堪えるな」
K「はい?」
A「うん、『嫁に来ないか』は私も好きだよ。面白い。スピーディな展開もこの作品では勢いとなって素っ頓狂なストーリーを一気に読ませるからねえ。 ま、一番の勝因は“攻嫁”という着想だがね。 その点でいうと、『恋人はマグナム!!』は未読なんだが“持ち物”が巨大ってのは定番だろ?新也さんのツッコミ芸は面白いが、キャラの言動だけで笑わせられるものなのかい?」
K「その点はご心配なく。“持ち物”が巨大なのは受の方なんです」
『麗人Bravo!09春号』を飢えた狼のようにガツガツと読んだ。
元々は『子連れオオカミ』の続編『オオカミの血族』の更なる続きが読みたかったので購入したのだが、私にとってはとても満足のいく一冊であった。
お目当ての作品の作家・井上佐藤さんの他に国枝彩香さん、深井結己さん、明治カナ子さん、山田ユギさん、そして吉池マスコさんの作品が読めて幸せ~♪

以下、未読の方にはナンノコッチャなプチ感想を述べると―――

・ 井上佐藤 『オオカミの血族 最後の楽園』
ああぁーーん、物足りない!いや食い足りないと言うべきか。もっともっとミッチリねっちりタップリこの“一族”の話が読みたいのよ!! 親世代の話で一冊、次世代の話で一冊くらいのボリュームで描いて欲しいくらいです。子供を交えての騒動などネタはいくらでもあると思うんだけどなあ。ああモッタイナイ。
( ↑ これは好きな作品ゆえの我儘、尽きせぬ欲望の垂れ流しです。スミマセン)

・ 国枝彩香 『春に孵る』
少女も登場させての「凶々しい話」(作者後記より)。私の地雷ネタも出てくるのだが、不思議と拒絶反応は出なかった。『耳たぶの理由』が物足りなかったドロドロスキーだからなのか?短編だからか?

・ 深井結己 『ぎこちないけど愛だろう』
『そろそろ気づけよ』(麗人3月号掲載)の続きだった! 前作が受視点で、何となく両思い?を示唆するエンディングだったのに対し、攻視点で二人がしっかり結び付くまでを描いている。(実は恋愛には)真面目な二人に幸いあれ! “従弟のミネでスピンオフ作品”に1000点(←古っ)。

・ 明治カナ子 『地獄行きバス』
おどろおどろしいタイトルで出口なし!なのかと思ったら、意外や じんわりと読ませるお話だった。
攻は受に「インテリアや洋服みたいに/俺にもっと執着してよ」と言う。攻は受を真っ直ぐに愛し、彼の人となりをよく分かっているが、こういうものにこだわることが彼の表現方法なのだということは理解できない。物に頓着しない攻(たぶん)にとってはただの執着や見栄にしか思えないのかもしれない(もちろんソレもあるが)。受は大事なインテリアを「(攻が)好きそう」ということで決めて、揺るがない…ほどに愛しているというのにねえ。まあ、それが伝わらなきゃ何にもならないか……。今回の騒動で、受も自覚出来たので、今後はもうちょっとうまくやっていけることでしょう。

・ 山田ユギ 『ひとりよりさみしい』
ユギ・ファンにはすっかりお馴染み(?)裕くん中2の初恋を描く――もちろん相手は慎ちゃん。
苦い。始めから二人の関係は哀しみが道連れだったのだ。二人のその後は推して知るべし、だ。
お話とは別に驚いたのが、これが15ページで描かれたものだということ。話の展開・内容の密度が高い、濃いのだ。やっぱり上手いなあ!明治さんのタイトル絵抜き・33ページも過不足なく描かれていて上手いと思ったがこちらは驚異の詰め込み方だ。これを読んでしまうとゆきのこさん「(井上佐藤は)もう少しうまくなる余地がある」という言に、“まだ伸びしろがある”という以上の意味を感じてしまう(勝手にごめんね、ゆっきー)。もっとも、BLコミックでもこのクラスの作家は数人しかいないのだが。

・ 吉池マスコ 『花びらのゆくえ』
我的プチ・サプライズだったのは吉池さんの作品も前号の続きであったこと。
その前号掲載の『花とおじさん』で吉池作品の面白さに目覚めたので、おじさんと拓くんのカップルにまた出会えたことはちょっと感慨めいたものがあった。
毎度の出遅れっぷりに恥ずかしさが募りますが、やはり大きな声で叫びたい
「私は『子連れオオカミ』(井上佐藤)が好きです! 大好きだーーーっっ!!」
せっかく買ってきた新刊に手も付けないでこればっかり再読再々読しています。
何がそんなにいいんでしょ?要因を知りたいと読み始めると、ついつい楽しんじゃって冷静に分析など出来ません(苦笑)。
私は特にバンビーノ好きというわけではないというのに、子供のキャワイイことにめろめろです。
更に、ただブリブリに可愛いだけではなくグズって泣く不細工顔との落差もあり、これに大笑いしました。
パパと子供が仲睦まじくしている光景だけで充分オイシイ(純粋に!ですよ/汗)のに、その上“BLフレーバー”が振り掛けられていたら?フレーバーどころか濃厚バージョンだったら?そんなドリームが叶えられてる!!(涙) ありがとう、井上佐藤せんせい!!

更なる出遅れと分かっていてもやっぱりスピンオフの『オオカミの血族』を読みたいと、雑誌『麗人』09/1月号を入手。こ、これが涙チョチョ切れる(死語)くらいイカッタ!!
あっくん!君は俺の心の金星きんぼし)だぁーーーっっ!!!(そして、のん、頑張れーーっ!)
次は3月13日(金)発売の『麗人Bravo!』に続きが掲載されるらしい。
もう今から鼻息荒くして待ってます。ハアハアし過ぎて過呼吸にならないよう気をつけなくっちゃ!

それから、『麗人』1月号で吉池マスコさんの面白さに目覚めました。
絵がなー、ちょっとなー、と思っていたのが話の面白さにKOされた形です。
オカマさんたちの会話がサイバラ作品のおばちゃんたちみたいで最高!笑えてグッと来るんだもん、堪りません。これから既刊を求めて三千里…の予定。
はあー(ため息)。素敵作家を発見するのは嬉しいけど、またサイフが軽くなるのは寂しい(イヤ、厳しいのか)。ハアハアしたり寂しくなったり、誠、BL人生は忙しい。退屈している暇はありません!(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。