2017.05 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 2017.07

スポンサー広告  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Favorites  2010.01.25

2009年に読んだBLコミックの中から、自分が好きだ!面白いと感じた作品、マイベストです(再読は含まず)。
小説編ではまさしく偏愛の3作品をベストに、作品の面白さを強く感じたものは作品賞としましたが、コミック編では渾然一体となり胸を張ってマイベストと言える内容となりました。
それだけに私の趣味に走った主観で選んでいることを申し添えておきます(BL作品で客観的評価が出来る人は何処に…)。


【2009年偏愛BLコミックベスト10】 (同率作品作者名五十音順)
 ① 『猿喰山疑獄事件』 遙々アルク …… 【グランプリ】 
 ② 『青い芝生と甘い水』 有間しのぶ
    『子連れオオカミ』 井上佐藤
    『千夜一夜 ― しとねのひめごと』 岡田屋鉄蔵
    『世界の中心で愛なんか叫べねーよ』 語シスコ
    『惑溺趣味』 、『坂の上の魔法使い』 明治カナ子
    『王子と小鳥』 、『丸角屋の花嫁』 山中ヒコ
 ⑧ 『僕を知るあなたの話』 鈴木ツタ
    『ドント・クライ・マイ・ベイビー』 西田東
    『愛くらいちゃんと』、『AMETORA -雨寅-』 依田沙江美

何だ、この飛び飛びの数字は?とお思いでしょう(わしだって思っとる!/涙)。
無理やり順番をつけることも出来るけど、かえって何かが違ってしまう気がしてこのような表記にいたしました。 苦肉の策と思し召しください(二作品を一括りにしていることも/汗)。

<各作品について一言>
Favorites  2010.01.18

2009年は自分でも情け無いくらい読書量が落ちた一年でした。 恥ずかしくて概数も言えないくらいです。 なので、
(そんなに分母が小さいのに、ベスト10発表ておかしくないか? だけど好きだ好きだと言いながらBL作品について述べる機会が少ないのもどうなんだ。 おまけに他人さまの年間ベストを拝見するのは好きなくせに、自分はスルーってのもずるい気がする……うーん、うーん…)
と悩んだ結果、とにかく理屈抜きに好きだと思う【偏愛ベスト作品】については数を絞り、その他の面白かったものや気になったものについてはそれぞれ部門賞を設けることとしました(今までと何が違うのやんけ?という声はスルー)。 結果、物凄く長くなってしまいました、スミマセン(汗)。
何れにしろ主観的なチョイスですので、作品の完成度や「オススメ!」とは異なりますことをご理解くださいませ。
* 09年内に読了したものから選んでいます(再読本は含まず)。


       ~ 2009年偏愛BL小説セレクション ~

【2009年私的偏愛BL小説ベスト3】 ~とにかく好きなんだ~ (作者名五十音順)
  『最果ての空』 英田サキ
  『真音』1~2巻 谷崎泉
  『花の残像』/『花の慟哭』 夜光花
この三つはどれも、作品自体が好きであり愛しい。それは萌えとは少し違う気がする。

 『最果て~』 義兄こと篠塚で本が出ると聞いた時は狼狽した。 お恥ずかしい話だが「義兄は聖域なのにー!!手を付けないでぇー(泣)」と叫んだくらいだ。 それでも納まらず、どうしてもBLにするなら「義兄を幸せにしてー、不幸にしないでー(息が続く限りリピート)」と片隅で呟いたり(叫んだり)もした。 愚かであった。 読後、英田さんを作家としてもっと信用すべきだったと反省。 BLのお約束からは大きく外れるかもしれないが、長きに亘って真摯に登場人物と向き合っていればこその物語であった。 「贅沢なファンブック」という言葉を目にしたが至言であると思う。

 『真音』 完結編(3巻)がまだ出ていないが、この作品の持つ雰囲気が堪らなく好きなのだ。 『六本木夜間診療所』シリーズ(檜原まり子)同様、私はこういう“日当たりの悪そーなお話”が本当に好きなんだな。 ヤクザは出てくるけどノワールとかクライムとは違う、こういうBLがもっと読みたい。 凪良ゆうさんの作品に近いモノを感じるんだけど、凪良作品は もうちょっとモラル・良識が強いように思える。 無頼のエッセンスが足りないというか。 完結編が待ち遠しいけど、まだ終わって欲しくない(雑誌掲載は終了済)くらい好きな作品。

 「お花ちゃん残酷ものがたり」こと『花の~』全2冊は『凍る月』シリーズのスピンオフ。 ファンタジー設定なので読者を選ぶかもしれない。 私は本編以上にこちらに悶え&萌えた。 健気受というやつが私には胡散臭く感じられて好きではないのだが、本作の受たんはOK。 隔離されて育ったが無菌状態ではなかったことから考えれば、健気受というより天然受と呼んだ方がいいのかもしれない。 脇に配した人物を含めご馳走の1冊いや2冊であった。

日常雑記  2010.01.07

明けましておめでとうございます。
そして、休眠状態と見紛うばかりの拙宅にお越しいただきありがとうございます。
何だかんだでヨボヨボですが、まだまだ地味~にブログも続けて参りますので、本年も宜しくお願い申し上げます。

さてさて年末年始、皆さまはいかがお過ごしだったでしょうか。
我が家はオットの仕事がの付く修羅場状態らしく、ゆっくり休みを堪能できたのは元旦のみでございました。
このご時世、仕事があるのは有り難いことですが、もうジジイなんだから酷使しないでくれよー!夜は寝かせてやれよー!カレンダーってものを意識したスケジュールを組めよー!…てな具合で私まで振り回されています。
そんな調子なので全然年が改まった気がしません。
世間と乖離するのも甚だしいボケっぷりですな(汗)。

私的ベスト選定についても、ようやく腰を上げたところです。
記憶不鮮明も甚だしいのに加えて、優柔不断な人間なのでリストアップしてからも悩みそう、ってか悩んでます。
年末ギリギリに読んだ本が大変好みの話で出来も良く、(コレ入れてえ!ああ、でも○○も△△なのにマズイかも。入れたいと言ったらあれもこれも…いやいや、まとまりきらねえぇぇぇ~~~)とグルグルしまくっているのです。
こういう時にお脳の働きが活発か否かがハッキリ出ますよね。
私は常に超スローなので、どこで割り切って “ 選ぶ or 捨てる ” かという設定がなかなか定められないのです、自分のことなのに。 情けねー。
ま、それも近日中には何とか決着をつけたいと考えております。 期待せずに待っててください……。

あ、そうそう、年末にブルーレイディスクレコーダーを購入しました!
当日は他にも欲しい物があったので大型電器店もある都会(笑)に出て、やる気のある店員からしっかり説明を聞いて購入を決定。 各メーカーの特徴も言えないような素人からは買いたくないのです。 お客のどんな質問にも答えて買っていただく!という意欲の無いヤツは接客なんかするな!!と言いたい(お前のことだ、YドバシY店!)。
帰りはソレを抱えて、だらけへ。
ええもう一般人としては終わってますよね。 でも構わない! ここで6冊、更に地元の書店で新刊2冊をお買い上げして昨年の買い納めとしました。
新年は…まだ買ってません。
取り敢えず昨年の総括をしてから! でないといつまでもズルズル引き摺って、まとめられない気がするからです。 この点については全く自分を信用してません(キッパリ)。
結局、己のダメダメぶりに話が落ち着くわけで、何とも締まらない年始でスミマセン。
このままではあんまりなので、今年はもうちょっと更新できるといいな、いや、したいな、と願望も述べておきます。
そして、皆さん(と私)にとって
この一年のBLライフが充実したものとなりますように!
との祈念も。


お知らせ  2009.12.24

 【期間限定公開】 褒め殺しのブルース
   < 荒塚嬢ご卒業お見送り(&リターン祈念)合同X'mas企画 > 

と題してUPしていた記事は予告通り下げさせていただきました。

こうした記事を挙げるのも未練タラタラでかっこ悪いと思うのですが、拙宅としては珍しく多くの拍手をいただいたことに一言御礼申し上げたく、こそっと跡地として残しておきます。

お読みくださった皆さん、ありがとうございました。

拍手くださった皆さんへ
皆さんの拍手が私の記事に対して、と心得違いはしておりません。
荒塚嬢のブログへの、厚き惜別の念の表れと理解しております。
その上で、重ねて感謝の意をお伝えしたいです。 ありがとうございました。

                                        ― 2010.1.31 記す ―


FESTIVAL  2009.11.24

私の偏愛する遙々アルクさんの新刊が11月24日に発売されまーす!!
「お前は宣伝屋か!?」とのツッコミは甘んじて受けますとも。

ark_bn   作 : sさん(Special thanks! 絶賛多忙中なのに/涙

  儚いもの、寂しいひと、美しく忘れがたい一瞬、
  静謐な空間と天啓を受けたかの如き展開、
  日常の狭間に潜むファンタジー、残酷で優しい大人のお伽話をBLコミックで―――


  一度嵌まると抜け出せない<アルク・ワールド>を是非ご堪能ください。
  食わず嫌いは本当にモッタイナイですよー!


* この記事は発売予定の11/24までトップに来るよう日付操作しております。
  直近の記事は ↓ へ、スクロールなさってください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。